公認スポーツ栄養士は稼げない?年収・給料の現実と稼ぐために知るべきこと

「公認スポーツ栄養士って稼げないの?」
「どうすれば公認スポーツ栄養士として高い給料を得ることができるの?」
「公認スポーツ栄養士の今後について知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、公認スポーツ栄養士の年収に関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

公認スポーツ栄養士の年収について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、公認スポーツ栄養士の年収(給料)・働き方・稼ぐためのポイントを短時間で学べることをお約束します。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

公認スポーツ栄養士について

公認スポーツ栄養士とは、一流アスリートだけでなく、スポーツに打ち込むジュニア層から生涯スポーツを楽しむシニア層まで、幅広い年代の方々が、ケガを予防しながら健康的にスポーツを続けられるよう、食事面のサポートをするスポーツ栄養学のスペシャリストです。(公社)日本栄養士会と(公財)日本体育協会が共同で運営しています。

公認スポーツ栄養士は、2020年に国庫事業として公式に認められた資格です。食事を通してアスリートや学生スポーツ選手をサポートする役割を担っており、スポーツジム・フィットネスクラブ・プロスポーツチーム・学校など、様々な企業や機関で公認スポーツ栄養士が活躍しています。

また国家資格ではないものの、国からのお墨付きを得ているだけあり、非常に信頼度の高い職業です。2020年に国庫事業に加わったばかりなので、まだまだ知名度は低いですが、これから年月が経てば益々知名度や仕事の需要も高まっていくはずです。

公認スポーツ栄養士の平均年収

公認スポーツ栄養士の平均年収は、約350万円と言われています。日本の平均年収が約433万円であることから、日本の職業の中でも平均年収額は低めです。しかし中には、プロアスリートやプロスポーツチームとの専属契約を結び、非常に高い年収を得ている人もいます。

公認スポーツ栄養士の年収が低い理由としては、「まだまだ職業としての認知度が低い」からです。管理栄養士や栄養士が一般的に職業として認知されていることに対して、公認スポーツ栄養士はまだまだ職業として認知されていません。そのため公認スポーツ栄養士としての求人自体も少ない現状です。

しかし公認スポーツ栄養士の価値と需要は年々高まっています。スポーツ・フィットネス関連企業の中には『公認スポーツ栄養士優遇』という求人掲載をする企業もあるようです。これから公認スポーツ栄養士の認知度が高まれば、平均年収が高まっていく可能性は十分にあります。

公認スポーツ栄養士のメリット

公認スポーツ栄養士のメリットについて解説していきます。公認スポーツ栄養士のメリットは以下の3つです。

  • 活躍次第で高年収を稼げる
  • 独立のチャンスがある
  • 専門性の高い仕事

順に深堀して解説していきます。

活躍次第で高年収を稼げる

活躍次第で高年収を稼げることは公認スポーツ栄養士のメリットです。公認スポーツ栄養士の平均年収は約350万円と言われており、日本の職業の中でも決して年収が高い部類ではありません。しかし公認スポーツ栄養士の中には、アスリートやプロスポーツ選手との専属契約に成功し、年収1,000万円以上を稼ぐ人がいることも事実です。

活躍次第で非常に高年収を稼げるのが、公認スポーツ栄養士という職業。反対に活躍できないと低い年収で生活をしていかなくてはなりません。良くも悪くも実力次第で年収が大きく変動する職業です

公認スポーツ栄養士としての職場には、スポーツジム・フィットネスクラブ・プロスポーツチーム・学校などがあります。働く環境によっても得られる年収が大きく異なりますので、自分の性格や得意分野に合った職場を選択することが大切です。

独立のチャンスがある

独立のチャンスがあることも公認スポーツ栄養士のメリットです。実際に公認スポーツ栄養士としてプロスポーツチームや大学など第一線の場で活躍しているほとんどが、独立を果たした人達です。

公認スポーツ栄養士が、企業や団体から得られる給与は決して高くありません。管理栄養士の月給が20万円〜25万円と言われていることに対して、公認スポーツ栄養士の給与は15万円〜20万円です。あくまで平均的な値ですが、正社員として雇用されても高い給与を得るのは難しいことが分かります。

公認スポーツ栄養士として高い年収を目指すならば、独立することが最も近道です。独立し成功することが出来れば、年収1,000万円を稼ぐことも不可能ではありません。

専門性の高い仕事

公認スポーツ栄養士は非常に専門性が高い仕事です。そもそも公認スポーツ栄養士になるためには、国家資格である『管理栄養士』の資格を取得する必要があります。管理栄養士は国家資格であるため、取得までのプロセスや勉強時間も非常に長いことが特徴です。

公認スポーツ栄養士は、管理栄養士の資格から更にスポーツ分野の栄養に特化した職業。専門性が管理栄養士より更に高まっています。スポーツ選手はもちろん、学生アスリートの栄養サポートに特化した人材になれるでしょう。

しかし残念ながら現時点では、公認スポーツ栄養士が正当に評価されていないのが現実です。仕事の数も少なく、公認スポーツ栄養士の採用を積極的に行っている企業も少ない傾向にあります。しかし国も公認スポーツ栄養士の存在を重要視しているため、これから徐々に公認スポーツ栄養士の価値は高まっていくはずです。

公認スポーツ栄養士のデメリット

公認スポーツ栄養士のデメリットについて解説していきます。公認スポーツ栄養士のデメリットは以下の2つです。

  • 平均年収が低い
  • 取得のハードルが高い

順に深堀して解説していきます。

平均年収が低い

平均年収が低いことが、公認スポーツ栄養士のデメリットです。公認スポーツ栄養士の平均年収は約350万円と言われています。日本の平均年収が約433万円であることから、日本の職業の中でも平均年収額は低めです。

公認スポーツ栄養士の平均年収が低い理由は、主に3つです。

  1. 職業としてまだまだ定着していない
  2. 需要が低い
  3. そもそも公認スポーツ栄養士の数が少ない

特に1.の影響が大きく、国庫事業として国が認めているにも関わらず、まだまだ職業として定着していないのが現状になります。2.と3.も1.に起因する部分が大きいです。職業として認知されていないため、需要が低く、公認スポーツ栄養士の数自体も少ない傾向にあります

取得のハードルが高い

公認スポーツ栄養士は、取得のハードルが高いこともデメリットです。まず大前提として公認スポーツ栄養士になるためには、国家資格である『管理栄養士』を取得していなければなりません。管理栄養士になるためには、国が指定する養成校に入学・卒業した後、一定のカリキュラムを積む必要があります。社会人として働くながら、国家資格である管理栄養士を取得するのは、困難を極めるのです。

管理栄養士の資格所有が必要なため、公認スポーツ栄養士になれる人は限られています。元から管理栄養士資格を所有しているなら別ですが、「公認スポーツ栄養士になろう」と思い立った後に管理栄養士資格を取得するのは極めて難しいです。

公認スポーツ栄養士として稼ぐための方法

公認スポーツ栄養士として稼ぐための具体的な方法について解説していきます。公認スポーツ栄養士として稼ぐための方法は、以下の4つです。

  • 専門性を高める
  • 他の資格を取得する
  • 独立を目指す
  • 副業をする

順に深堀して解説していきます。

専門性を高める

公認スポーツ栄養士として稼ぐためには、スポーツ栄養のプロフェッショナルとして、より高い専門性を身に付けることが大切です。公認スポーツ栄養士は、他の栄養士や管理栄養士とは違って、アスリートの栄養指導に特化した存在になります。アスリートに対する食事指導の専門性を高めていくことで、他栄養士との差別化に繋がるでしょう。

また公認スポーツ栄養士の数自体も少ないため、より高い専門性を身に付けることが出来れば、『プロスポーツチーム』や『大学』など、よりハイレベルな環境で活躍出来る可能性があります。数が少ないため、スポーツ栄養に特化した存在は貴重であり、様々な場所で重宝される可能性が高いです。

まずは勉強と実践を積み上げ、公認スポーツ栄養士として高い専門性を身に付けましょう。スポーツ栄養のプロフェッショナルとなることで、必然的に高い年収を得ることができます。

他の資格を取得する

公認スポーツ栄養士以外の資格を取得することもおすすめです。公認スポーツ栄養士は、管理栄養士の資格を既に取得しているため、栄養関連以外の資格取得がおすすめになります。栄養関連以外の資格を取得することで、他栄養士との差別化になるだけでなく、活躍できるフィールドの範囲も広がるからです。

公認スポーツ栄養士に特におすすめの資格には『AT(アスレティックトレーナー)』や『NSCA-CPT』などがあります。アスレティックトレーナー資格は、スポーツ選手を対象としたパフォーマンス・コンディショニング・メンタルケアなどの専門資格。公認スポーツ栄養士との相性も良く、スポーツの現場で活躍したい人には特におすすめです。

また『NSCA-CPT』は、パーソナルトレーナーの専門資格になります。パーソナルトレーナーとしての基礎を身に付けられる資格で、多くの現役パーソナルトレーナーが取得している資格です。公認スポーツ栄養士と合わせて取得することで、『栄養+パーソナルトレーニング』という特異性を得ることができます。

独立を目指す

公認スポーツ栄養士として稼ぐためには、独立することが最も有効な手段です。独立することで、より高い年収を目指すことができます。独立するメリットは主に以下の3つです。

  • 年収に上限がない(実力次第で非常に高い年収を狙える)
  • 仕事を得られた分だけ稼げる
  • 副業ができる

独立することで、上記のようなメリットを得ることが可能。一般雇用されているサラリーマンと違って月給制ではないため、仕事の分だけ、報酬を得ることができます。多くの仕事を得ることが出来れば、サラリーマン以上の年収を稼ぐことは十分に可能です。

なお、独立した場合は報酬単価の高い仕事を得ることが重要になります。いくら好きなだけ仕事をこなせると言っても、24時間365日という制限があることに違いはありません。体力や精神面での健康を保つためにも、出来るだけ少ない量の仕事で高い報酬を得ることが大切です。

副業をする

公認スポーツ栄養士として働きながら、副業をすることもおすすめです。副業で副収入を得ることで、生活を一層安定させることができます。

特に独立した公認スポーツ栄養士は積極的に副業をするようにしましょう。万が一仕事が無くなった場合でも普段から副業をしておくことで、収入がゼロになることを防ぐことができます。独立することは高い年収を得られる可能性がある分、仕事がなくなるリスクもあることが事実です。万が一のリスクヘッジとして副業を積極的に行いましょう。

公認スポーツ栄養士におすすめの副業は、『Webライター』や『アフィリエイト』など場所や時間に制限がなく出来る副業です。本業である公認スポーツ栄養士の仕事に悪影響が出にくいうえに、上手くいけば本業以上の収入を得ることもできます。

公認スポーツ栄養士はやりがいのある仕事

公認スポーツ栄養士はスポーツ選手を栄養という観点からサポートするやりがいのある仕事です。現時点では、平均年収は決して高くありませんが、今後公認スポーツ栄養士の需要は増していくことが予想できます。独立に成功すれば、年収1,000万円以上を稼ぐことも夢ではありません。ぜひ今回の内容を参考に“稼げる公認スポーツ栄養士”を目指してください。

執筆者:otago
読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。
まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む