NESTA-PFTは取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

「NESTA-PFTの資格は取得すべき?」
「NESTA-PFTはどうやったら取得できる?」
「NESTA-PFTを取ったらどうなるの?」

上記でお悩みの方向けに、NESTA-PFT資格の取得方法や勉強方法・仕事内容についてまとめさせていただきました。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

NESTA-PFT資格の特徴とは?

結論、NESTA-PFT資格はプロのパーソナルトレーナーになりたい人は取得すべきです

NESTA-PFTの特徴について下記にまとめさせていただきます。

信頼性・国際的認知度が高い資格

NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)は1992年から現在までで約6万5千人のメンバーと、約7万人のパーソナルトレーナーを全米で育成しています。現在、世界80ヵ国で本資格を持ったインストラクター、トレーナーが活躍しています。 NESTAは人材育成のプロであり、そのNESTAが認定する本資格は、フィットネス・ウエルネス業界で国際的に認知され、そのクオリティは大手のフィットネスクラブからも高い信頼を得ています。

プロフェッショナルを目指すNESTAの資格

単に資格や実践的な技術を取得するだけでなく、ビジネススキル、起業家精神、職業多様化への柔軟な対応力、複数の多画経営的・多面的な感覚を得ることができます。 身体的知識・技術及びビジネスマインドをバランスよく身につけ、お客様のニーズやゴールに向かってサポートするために、最大限に身につけた知識・技術を発揮できるプロフェッショナルを目指すための資格です。

パーソナルトレーナーに必須の資格

本資格は、フィットネス・ウエルネス業界では知らない人がいないほど、知名度の高い資格で、トレーナー活動において必須の資格になりつつあります。 パーソナルトレーナーはご自身の経験をお客様に落とし込むのではなく、科学的根拠に基づいてプログラムを作成する力が必要になります。運動生理学、機能解剖学、生体力学、栄養学、解剖学等が主に必要な知識になります。研究データや科学論文などから様々な新しい根拠を取りいれることが重要になります。 これらの考え方や使い方、知識を学び、身につけることができる資格です。

NESTA-PFTの資格取得難易度

合格率は50%~60%といわれていますが、実技試験はなく筆記試験のみなので、確実に勉強をしていればそこまで難易度は高くないと言えます。

NESTA-PFTの認定試験は2日に分けられて実施されます。

1日目はNESTA JAPANの認定検定官による事前講習(8時間)が行われ、内容としては認定試験対策の総復習です。試験前日に実施されます。

試験会場で受講するか、オンライン動画で受講するかを選ぶことができます。

2日目は認定試験(2時間)が実施されます。

試験時間は120分、試験問題は全125問あり、100問正解(正答率80%)で合格となります。問題は全て4択の選択式となります。

ただし、試験を受けるには下記の要件を満たしている必要がありますので、注意が必要です。

(全て満たす必要がある要件)

  • NESTA JAPAN(または医学映像教育センター)にてPFTテキスト購入済み
  • CPR・AED技能に関して定期的なトレーニングを積んでいる
  • 日本国籍または日本で就労可能な在留資格を有するもの
  • 満18歳以上で、高等学校卒業以上の者、高等学校卒業程度認定試験合格者、またはNESTAが認定する教育カリキュラム修了者

(1つ以上満たす必要がある要件)

  • 1年以上のパーソナルトレーナー・インストラクターなどの実務経験がある
  • 1年以上の運動部指導、フィットネス企業勤務経験がある
  • 体育系、医療系の大学・専門学校を卒業している

NESTAの認定する養成講座、養成コースを受講済みである

NESTA-PFT資格を取得するメリット

プロフェッショナルになるための知識が得られる

資格の取得や実践的な技術を身につけるだけではなく、業界で成功するプロフェッショナルになるために、多種多様なビジネススキルも学ぶことができます。パーソナルトレーナーになりたい人はもちろん、自らジムを経営したい人やフィットネス業界での独立開業を目指している人にとっても、メリットのある資格です。

キャリアアップにつながる

これまで自分の知識・スキルに自信がなかった人にとっても、本資格を取得・または取得のための勉強をするうえで確かな知識を身につけることができます。それが自信につながりますので、現状パーソナルトレーナーやインストラクターを経験されている方もキャリアアップすることができます。現状の不安解消にもつながる、メリットのある資格です。

NESTA-PFT資格を取った方が良い人・おすすめな人

  • プロのパーソナルトレーナーになりたい人

NESTA-PFT資格の独学勉強方法

合格率は50%~60%といわれていますが、実技試験はなく筆記試験のみなので、確実に勉強をしていればそこまで難易度は高くないと言えます。

NESTA-PFTの認定試験は2日に分けられて実施されます。

1日目はNESTA JAPANの認定検定官による事前講習(8時間)が行われ、内容としては認定試験対策の総復習です。試験前日に実施されます。

試験会場で受講するか、オンライン動画で受講するかを選ぶことができます。

2日目は認定試験(2時間)が実施されます。

試験時間は120分、試験問題は全125問あり、100問正解(正答率80%)で合格となります。問題は全て4択の選択式となります。

ただし、試験を受けるには下記の要件を満たしている必要がありますので、注意が必要です。

(全て満たす必要がある要件)

  • NESTA JAPAN(または医学映像教育センター)にてPFTテキスト購入済み
  • CPR・AED技能に関して定期的なトレーニングを積んでいる
  • 日本国籍または日本で就労可能な在留資格を有するもの
  • 満18歳以上で、高等学校卒業以上の者、高等学校卒業程度認定試験合格者、またはNESTAが認定する教育カリキュラム修了者

(1つ以上満たす必要がある要件)

  • 1年以上のパーソナルトレーナー・インストラクターなどの実務経験がある
  • 1年以上の運動部指導、フィットネス企業勤務経験がある
  • 体育系、医療系の大学・専門学校を卒業している

NESTAの認定する養成講座、養成コースを受講済みである

NESTA-PFT資格でなれる職業・できる仕事

パーソナルトレーナー

お客様ひとりひとりに合った運動メニューや食事メニューを提案し、ワンツーマンでトレーニング指導を行う職業です。 NESTA-PFTの資格を取得する上で、プロフェッショナルを目指すことができます。それは、資格取得や実践的な技術を身につけることだけではなく、業界で成功するためのビジネススキル、起業家精神、職業多様化への柔軟な対応力、多画経営的・多面的な感覚が必要になります。 それらのプロフェッショナルの要素を活かし、パーソナルトレーナーとして成功するための第一歩になるための資格となります。 パーソナルトレーナーのおおよその年収ですが、求人ボックスによると正社員で平均358万となっています。お客様からの指名数によって報酬が変わる「インセンティブ」を採用しているジムもありますので、稼ぐにはインセンティブを採用しているジムで働くのがオススメです。指導力が高くなれば、時給換算で6000円~30000円になる人もいます。 また、パーソナルトレーナーになりたい人はトレーニングが好きな人が多いと思います。まずは自分がトレーニングをし、理想の体型になってみてください。何故かというと、お客様の立場になって考えた際、だらしない体型のトレーナーから教わるのと、理想の体型のトレーナーから教わるのとでは、断然後者の方が説得力もあり、信頼できるからです。 NESTA-PFTの資格を取得し、その後ご自身でスキルアップできれば、年収も自然と上がると考えられます。

執筆者:tanida
年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード