理学療法士は取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

「理学療法士の資格は取得すべき?」
「理学療法士はどうやったら取得できる?」
「理学療法士を取ったらどうなるの?」

上記でお悩みの方向けに、理学療法士の取得方法や勉強方法・仕事内容についてまとめさせていただきました。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

理学療法士の特徴とは?

結論、理学療法士は、フィットネスもしくは医療・介護の現場で働きたい人におすすめの資格です。

理学療法士の特徴について詳しく解説していきます。

医療系の国家資格

理学療法士は、日本の医療系の国家資格です。1965年に、『理学療法士および作業療法士法』が施行されたのをきっかけに、翌年1966年に第1回理学療法士国家試験が実施されました。理学療法士は『「Physical Therapist」を略してPTとも呼ばれます。現在では12万人以上が理学療法士の資格を所有しており、日本の国家資格の中でもトップクラスの人気がある資格です。理学療法士と並ぶリハビリ職の国家資格として、『作業療法士(Occupational Therapist:OT)』があります。理学療法士が対象とする人は、身体に何らかの障がいを持つ人が中心ですが、作業療法士の場合は精神障害者も支援対象に含まれます。

リハビリに特化した専門資格

理学療法士は、けがや病気などで身体に障がいを持つ人に対してリハビリテーションをおこなう医療専門職です。理学療法士は医師の指示のもと、運動の指導やマッサージ、電気刺激、温熱などを用いて、座る・立つ・歩くといった日常の基本的動作能力の回復を目的とし、その人が自立した日常生活を送れるようサポートするのが目的です。また対象となるのはすでに身体機能の障がいを抱えた人以外にも、けがや病気の予防、スポーツのトレーニングなどを目的とした健康な人も含まれることから、最近ではフィットネスクラブやスポーツジムでも理学療法士が活躍しています。

社会貢献度の高い資格

理学療法士は、社会貢献度の高い資格です。特に日本では『高齢化』が重大な社会問題となっており、同時に高齢者の身体機能低下による機能障がいも問題視されています。理学療法士は、こうした高齢者の身体機能低下に伴う障がいを改善し、自立した日常生活を送れるようサポートする社会貢献度の高い資格です。日本の国家資格でもあるため、他のトレーナー資格と比べ難易度自体も高いですが、取得できれば日本の社会に大きく貢献できる人材になれることでしょう。

理学療法士を所有するメリット

医療・介護の現場で活躍できる人材になれる

理学療法士の資格を取得することで、病院・福祉施設など医療・介護の現場で活躍できる人材になれます。リハビリを専門とした理学療法士は日本の『高齢化社会』に適した資格です。そのため多くの施設でこうした人材は重宝されており、需要も高い傾向にあります。また最近ではフィットネスクラブやスポーツジムでも理学療法士を積極採用している所も多く、理学療法士の働き方のバリエーションも多彩になっているのが特徴です。医療・介護の現場はもちろん、フィットネスクラブやスポーツジムなどでも活躍できる人材になることができます。

高い専門性が身に付く

理学療法士の資格を取得することで、高い専門性を身に付けることができます。理学療法士はけがや病気などで身体に障がいを持つ人に対してリハビリテーションをおこなう医療専門職。豊富な知識と高い技術が無ければ、身体に障がいを持つ人に対するリハビリテーションはできません。国家資格ということもあり、資格取得までのプロセスは険しいですが、取得できれば高い専門性を身に付けることが出来るでしょう。

将来性がある資格

理学療法士は将来性がある資格です。日本では現在、『高齢化社会』が年々進んでおり、2042年をピークに進行が続くと言われています。今後は医療費抑制の観点からも『健康寿命』を延ばし介護予防を進めることが重視されるはずです。けがや病気を予防すること、そして傷病後もできるだけ運動機能の維持・回復ができるよう、理学療法士に求められる役割は今後も大きいでしょう。また前述した通り、理学療法士の働き方も様々です。病院・福祉施設を基本とし、フィットネスクラブなどでも理学療法士が重宝されています。理学療法士になれば、現代の厳しい経済状況の中でも安定して働ける基盤を作りあげていくことが出来るはずです。

医学療法士を取った方が良い人・おすすめな人

医療・介護の現場でリハビリの専門家として活躍したい人

病院や福祉施設などの医療・介護の現場で、リハビリ職を担当したい方は、理学療法士の資格取得がおすすめです。理学療法士の仕事は、医師の指示のもと、運動の指導やマッサージ、電気刺激、温熱などを用いて、座る・立つ・歩くといった日常の基本的動作能力の回復を目的とし、その人が自立した日常生活を送れるようサポートすることです。医師資格ではないので、直接的に患者の治療を担当することができませんが、リハビリという観点から患者をサポートすることができます。社会的な貢献度も高く、非常にやりがいを感じられる仕事です。「医療・介護の分野で患者の人生をサポートしたい」という方は、理学療法士の資格を取得にチャレンジしましょう。

フィットネスクラブやスポーツジムで働くことを検討している人

今後フィットネスクラブやスポーツジムで働きたいと考えている人にも、理学療法士の資格取得がおすすめです。前述した通り、フィットネスクラブやスポーツジムなど、いわゆる『フィットネス業界』でも理学療法士は非常に重宝されています。フィットネスクラブには大勢の高齢者が通っており、『要介護レベル』ではないものの、身体機能の低下で悩んでいるユーザー(お客様)が大勢います。理学療法士になれば、フィットネスクラブにてこうした高齢者の身体機能回復のサポートができるスキルが身に付きます。また最近ではフィットネスブームの影響もあり、トレーナーの『過疎化』も進んでいます。国家資格でもある理学療法士の資格を所有していれば、採用の面でも有利になることでしょう。

やりがいのある仕事をしたい人

「社会問題の解決をしたい」や「他者の人生に大きく関わるやりがいのある仕事がしたい」と考えている人も、理学療法士の資格取得は非常におすすめです。理学療法士は、日本の社会問題である『高齢化』にマッチした資格です。病院・福祉施設・フィットネスクラブに通う人に対して、リハビリという観点から身体障がいの改善をサポートします。社会貢献になるだけでなく、他者の人生に大きく関わる『やりがいのある仕事』です。『将来性』という面でも、これから理学療法士が重宝されるのは間違いありません。「やりがいのある仕事に就きたい」と考えている人は、ぜひ理学療法士を目指すのがおすすめです。

理学療法士国家資格の受験要項と勉強方法

理学療法士の試験合格率は約80%前後となっています。しかし必要な勉強量も多く、養成校(専門学校・短期大学・大学・特別支援学校)の卒業資格も必要になるため、資格取得までのプロセスは険しいです。また養成校の卒上資格が受験資格となっているため、完全独学で理学療法士になることはできません。

理学療法士の取得プロセスは以下の通りです。

高等学校卒業
養成校(専門学校・短期大学・大学・特別支援学校)入学
3年以上学び、必要課程修了(※)
就職活動
養成校卒業
理学療法士国家試験受験
国家資格だけあって、資格取得までのプロセスは非常に険しいものになっています。また理学療法士の養成校は非常に厳しく、その勉強量の多さから途中退学をする学生もいるほどです。

理学療法士国家資格の試験概要

理学療法士国家試験は年に一回、2月に実施されます。

理学療法士国家試験は『一般問題と『実地問題の全200問で構成され、マークシート形式で回答します。

出題問題の内容と配点は以下の通りです。

【一般問題】

  • 配点:1問1点、全160問
  • 出題内容:解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)、臨床医学大要(人間発達学を含む)、理学療法

【実地問題】

  • 配点:1問3点、全40問
  • 出題内容:運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む)、理学療法

 

理学療法士国家資格の勉強方法

前述した通り、理学療法士国家資格は完全独学で取得することは不可能です。まずは養成校(専門学校・短期大学・大学・特別支援学校)に入学し、勉強に励むことになります。また学生の中には、現場での経験を積むためにリハビリ施設やフィットネスクラブでアルバイトをする人も多いです。資格取得前に現場での経験を積んでおくことで、試験はもちろん、取得後も即戦力として活躍することができます。

理学療法士はリハビリテーションをおこなう医療専門職

理学療法士は『リハビリ』という観点から、人々の健康をサポートする医療専門職です。病院や介護施設、さらにはフィットネスクラブまで理学療法士の資格所有者の活躍は多岐に渡ります。国家資格ということもあり、取得までのプロセスは険しいですが、取得できれば高い信頼性と将来性を得ることができます。リハビリの専門知識を得たい人はもちろん、医療・介護・フィットネスの現場で活躍したい人は、ぜひ理学療法士の取得にチャレンジしてみてください。

執筆者:otago
年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード