管理栄養士は取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

「管理栄養士の資格は取得すべき?」
「管理栄養士はどうやったら取得できる?」
「管理栄養士を取ったらどうなるの?」

上記でお悩みの方向けに、管理栄養士の取得方法や勉強方法・仕事内容についてまとめさせていただきました。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

管理栄養士の特徴とは?

結論、管理栄養士は『食(栄養)』を通じて人々の健康をサポートしたい人におすすめの資格です。

管理栄養士の特徴について詳しく解説していきます。

栄養のプロであることを証明する国家資格

管理栄養士は、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格です。病気を患っている方や高齢で食事がとりづらくなっている方、健康な方一人ひとりに合わせて専門的な知識と技術を持って栄養指導や栄養管理を行います。管理栄養士になるには、高校卒業後、管理栄養士養成課程もしくは栄養士養成課程のある養成校(大学、短期大学、専門学校)に入学し、所定の単位を取得して卒業することが必須です。養成校卒業後に国家資格である『管理栄養士国家試験』に合格することで、管理栄養士の資格を取得することができます。また『栄養士』は、養成校卒業者に与えられる資格です。どちらも国家資格であることから、混同されがちですが、『栄養士』と『管理栄養士』は別物です。国家試験を合格して初めて『管理栄養士』の資格を得ることができます。

専門性の高い資格

管理栄養士の資格は、『栄養士』の資格よりもさらに専門性の高い資格です。『栄養士』は主に健康な人に対してアドバイスを行うのに対し、管理栄養士は健康な人に加えて、傷病者に対する療養のための栄養指導も行います。『肝臓などの臓器能力が低下した人』や『糖尿病患者』に対する栄養指導など、栄養士に比べ、管理栄養士にはより専門的な知識が必要です。また病院や介護施設などの現場でも、栄養士は全体の献立や調理を行うのに対し、管理栄養士は患者一人ひとり病状に合わせた栄養管理や栄養指導給に加え、給食施設全体の運営管理も含めて対応するのが特徴です。管理栄養士は栄養士に比べて、より専門的な知識が求められる国家資格になります。

様々な現場で活躍できる資格

管理栄養士の国家資格は、給食センター・病院・スポーツチーム・行政など、様々な現場で活躍できる国家資格になります。管理栄養士が活躍する最も代表的な職場は、給食センターです。給食センターでは、献立の立案や成長期に必要な栄養素の計算など、生徒の成長に大きく関わる仕事を担当します。また近年では、スポーツチームで働く管理栄養士も増えています。食事はアスリートにとってパフォーマンスに直結する重要な要素です。特にプロアスリートを担当する場合は、より専門的で綿密な計算がされた食事を提案する必要があります。このように管理栄養士が活躍できる場所は非常に多く、それぞれの職場で求めらるスキルなども異なります。自分が興味のある現場で活躍できる知識を得られるのが、管理栄養士という国家資格の特徴です。

管理栄養士を所有するメリット

やりがいを感じる仕事ができる

管理栄養士は非常にやりがいを感じやすい仕事です。管理栄養士は、健康な人から傷病者まで非常に幅広い属性の人々の健康を『食』という面からサポートする仕事になります。特にアスリートや何らかの疾患を抱えた傷病者への食事指導は、管理栄養士だからこそ可能な仕事です。アスリートの食事主導はパフォーマンスに直結しますし、傷病者に対する献立の提案は病気の治療にも大きく関わります。大きな責任が伴いますが、同時にやりがいを持って仕事ができるはずです。

キャリアの幅が拡がる

管理栄養士の国家資格を取得することで、キャリアの幅を拡げることができます。栄養士の資格と比べ、管理栄養士は担える役割の範囲が広く、給食センター・病院・介護施設・スポーツチームなど、様々な場所で活躍することができます。近年では求人サイトも進化し、より管理栄養士を求めている企業が多いことも明らかになってきました。また管理栄養士の資格を取得しておくことで、今後のキャリアアップに繋がることも大きなメリットです。例えば、『日本糖尿病療養指導士・特定保健指導・行政栄養士・公認スポーツ栄養士』は、管理栄養士の国家資格がなければ受験することができません。食に関わる分野でのキャリアップを図りたい場合も、管理栄養士の国家資格は大きな武器となります。

収入が安定しやすい

収入が安定しやすいことも管理栄養士のメリットです。管理栄養士の平均年収は312万円となっており、日本の平均年収と比較すると低い傾向にあります。しかし全体の給与幅として270万円〜700万円となっており、勤務先や経験・スキルによって給与額も変動するのが特徴です。また管理栄養士は国家資格であるだけに、他の民間資格に比べると取得が難しく、多くの企業や施設で重宝される存在でもあります。そのため就職先に困るケースは少ないので、収入を安定させやすいです。転職などを検討した際にも、無資格者より圧倒的優位に転職活動を行うことができるでしょう。

管理栄養士を取った方が良い人・おすすめな人

『食』に関して強い興味・関心がある人

『食』という分野に対して、強い興味・関心がある人は、管理栄養士の国家資格取得がおすすめです。管理栄養士は、栄養のエキスパートであり、『栄養士』の国家資格以上に、豊富で専門的な知識が求められます。管理栄養士国家試験の合格率は約65%となっており、民間資格と比べると合格率が低いことが特徴です。勉強量も必然的に多くなるため、『食』というテーマが好きでない方の取得は難しいかもしれません。また勤務先にもよりますが、管理栄養士は『栄養士』に比べて任される責任や専門性も高くなる傾向にあります。そのため国家資格取得後も学び続けられる姿勢が大切になり、食に関して強い興味・関心がある人は、いつまでも知識のインプットを繰り返していけるはずです。

他者と接するのが好きな人

他者とコミュニケーションを取るのが好きな人は、管理栄養士の国家資格取得がおすすめです。管理栄養士は他者と接する機会が非常に多い仕事です。お客様(患者や学生)はもちろんのこと、医師・看護師・行政員・営業マンなど職場内で働く様々な人と連携して仕事を進めていかなくてはなりません。そのため、高いコミュニケーション能力が管理栄養士には求められており、栄養に対する知識だけで活躍するのは難しいでしょう。人とのコミュニケーションが好きであり、また他者を思いやる気持ちがある人は、管理栄養士の国家資格取得がおすすめです。

健康に興味がある人

健康に興味がある人も管理栄養士の国家資格取得がおすすめです。管理栄養士の仕事は、食を通じて健常者や傷病者の健康をサポートすることにあります。栄養の知識はもちろん、その他の健康全般に関する知識も自ずと必要です。特に傷病者に対する栄養指導は、かなりの責任を伴う仕事になります。健康に対する強い関心と豊富な知識が必要になるでしょう。管理栄養士に女性が多いことも、一般的に女性の方が健康意識が高いことが要因です。もちろん男女問わず健康に興味がある人は、管理栄養士の国家資格取得がおすすめです。

管理栄養士国家資格の受験要項と勉強方法

管理栄養士の合格率は約65%となっており、国家資格ということもあって、他の栄養資格と比べると難易度は高めです。ただし国家資格の中では平均的な合格率であり、決して『難関資格』というわけではありません。しっかりと対策と準備を行えば、十分に合格可能です。ただし国家資格ということもあり、取得までのプロセスや勉強時間もかなり長め。既卒者が資格を取得するのはかなり難しいでしょう。

管理栄養士国家資格の受験資格

管理栄養士の国家試験を受験するのは下記2つのいずれかを満たしている必要があります。

①4年制の管理栄養士養成校(大学又は専門学校)を卒業者または卒業見込み者

②大学・短大・専門などの栄養士養成施設を卒業して栄養士資格を取得後1~3年の実務経験を積んだ者

管理栄養士の国家試験を受験するのは、上記2つのいずれかを満たしている必要があるので、自宅での完全独学で管理栄養士の国家資格することは不可能です。また②は実務経験が1〜3年必要になるため、最短で管理栄養士資格を取得したい人は、養成校への入学がおすすめになります。

管理栄養士国家資格の試験内容

管理栄養士国家試験の試験科目は以下の通りです。

  • 社会・環境と健康
  • 人体の構造と機能および疾病の成り立ち
  • 食べ物と健康
  • 基礎栄養学
  • 応用栄養学
  • 栄養教育学
  • 臨床栄養学
  • 公衆栄養学
  • 給食経営管理論
  • 応用力問題

栄養学の知識以外にも人体構造や人体機能の問題も出題されるため、幅広い知識も必要になります。また、栄養学も細かく科目が分かれていて、かなり専門的な知識が問われるのが特徴です。

管理栄養士国家資格の勉強方法

基本的には養成校や大学で学ぶ授業内容をしっかり把握し、テキストや過去問で勉強を繰り返していきます。また管理栄養士国家試験の問題科目は9科目に応用力問題を加えた10科目で、問題数は200問あります。試験合格のためには膨大な出題範囲を効率よく学習する必要があるため、メリハリをつけて勉強をしていくことが大切です。

管理栄養士は栄養のエキスパート

管理栄養士は『栄養のエキスパート』であり、食を通じて人々の健康をサポートする仕事です。また国家資格でもあるため、様々な場所で重宝される資格でもあります。日本でも高齢化やメタボリックシンドロームなどが社会問題となっており、今後さらに管理栄養士は重宝される時代になってくるでしょう。国家資格ということもあり取得までのプロセスは険しいですが、取得できれば今後の社会で活躍できる人材になれるはずです。

執筆者:otago
読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。
まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む