スポーツジムインストラクターは稼げない?年収・給料の現実と稼ぐために知るべきこと

「スポーツジムインストラクターって稼げないの?」
「どうすればスポーツジムインストラクターとして高い給料を得ることができるの?」
「スポーツジムインストラクターの今後について知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、スポーツジムインストラクターの年収に関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

スポーツジムインストラクターの年収について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、スポーツジムインストラクターの年収(給料)・働き方・稼ぐためのポイントを短時間で学べることをお約束します。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

スポーツジムインストラクターについて

スポーツジムインストラクターとは、「スポーツジムで実践的な技術指導を行う人」のことです。よくスポーツジムインストラクターとスポーツジムトレーナーの仕事は混同されがちですが、二つの仕事には以下のような違いがあります。

  • スポーツジムインストラクター:スポーツジムで実践的な技術指導を実施する
  • スポーツジムトレーナー:スポーツジムでマシンの基本的な指導や怪我の応急処置を行う

スポーツジムインストラクターは実践的な技術指導を行う立場にあるため、受講者よりも高い技術力と知識が必要です。自身が見本となり指導をする必要があるため、高いスキルが求められます。トレーナーよりも高い立場にあることが多く、高いスキルが求められるため、スポーツジムインストラクターの多くが正社員として働いています。

スポーツジムインストラクターの平均年収

スポーツジムインストラクターの平均年収は、約336万円です日本の平均年収は約433万円ですので、日本の平均年収よりも低い年収となっています。

ただし上記の金額はあくまで『正社員』として働いた場合の年収です。スポーツジムの中には、契約社員やアルバイト、パートタイマーの雇用形態となる所も多く、その場合の平年年収は200万円〜300万円程になります。スポーツジム内でもパーソナルセッションを行いインセンティブなどで稼ぐことも可能ですが、ボーナスなどがないジムだと家族を養っていくにはやや厳しいでしょう。

しかしスポーツジムインストクターの中にも年収800万円〜1,000万円を稼ぐ人もいます。スポーツジムインストラクターだからといって高年収者になれない訳ではありません。開業や独立に成功することが出来れば、高い年収を得ることは十分に可能です。

スポーツジムインストラクターのメリット

スポーツジムインストラクターのメリットを解説していきます。スポーツジムインストラクターのメリットは以下の3つです。

  • 実力次第で年収が変動する
  • 開業ができる
  • 需要が高まっている

順に深堀して解説していきます。

実力次第で年収が変動する

実力次第で稼げる年収が変動することがスポーツジムインストラクターのメリットです。スポーツジムインストラクターの仕事は、スポーツジムにて会員に実践的な技術指導を行うこと。トレーニングフォームの指導やダイエットの方法など、より実践的な指導を行うため、高い知識と技術が求められます。

スポーツジムインストラクターとして活躍することが出来れば、多くの会員から信頼を得ることができ、必然的に年収も上がっていくでしょう。多くの顧客を獲得することが出来れば、フリーランスインストラクターとして独立できるチャンスもあります。

またスポーツジムインストラクターとして高収入を得るためには、指導スキルだけに特化していれば良い訳ではありません。スポーツジムの売上を向上させるための『マーケティングスキル』や部下を育成するための『マネジメントスキル』も必要です。

こうしたスキルを身に付けているスポーツジムインストラクターはジム側からも非常に重宝されます。将来的には店長やエリアマネージャー、ひいては経営幹部を目指すことができるでしょう。スポーツジムインストラクターは実力次第で昇級が決まりやすく、年収も変動しやすい仕事です。

開業ができる

スポーツジムの独立・開業ができることもスポーツジムインストラクターのメリットです。スポーツジムを開業するには、特別な国家資格は必要なく、基本的に誰でも開業することができます。もちろんスポーツジムインストラクター未経験でスポーツジムを開業することも可能です。実際に未経験からスポーツジムのオーナーになる人もいます。

スポーツジムを開業し、経営に成功することが出来れば、年収1,000万円以上を目指すことも夢ではありません。特に近年では『エイタイムフィットネス』などの24時間ジムがフランチャイズオーナーを募集しています。フランチャイズ経営は資金面でも援助を受けられるため、開業をスタートしたい人には非常におすすめです。

しかし近年ではコロナ禍の影響もあり、フィットネスクラブ業界は厳しい市場状態にあります。大手フィットネスクラブでも閉店する店舗が多くあり、開業を成功させることも容易ではありません。徐々に市場は回復しつつあるものの、誰でも経営に成功出来る訳ではないので注意が必要です。

需要が高まっている

スポーツジムインストラクターは今非常に需要が高まっている仕事です。フィットネスブームなどの影響により、ジムに通う人も増えている現在では、スポーツジムインストラクターの需要が年々高まってきています。

大手フィットネスクラブを中心にスポーツジムインストラクターの採用を募集している企業も多いです。正社員としての募集はもちろん、フリーランストレーナーの仕事を募集するスポーツジムインストラクターも多くあります。現在スポーツジムインストラクターとして活動しているトレーナーにとっては、キャリアアップのチャンスです。

また徐々にではありますが、スポーツジムインストラクターの年収も少しずつ上がってきています。これからスポーツジムインストラクターを職業として定着させたい人にとっては、有利な時代です。

スポーツジムインストラクターのデメリット

スポーツジムインストラクターのデメリットについて解説していきます。スポーツジムインストラクターのデメリットは主に下記の2つです。

  • 平均年収がやや低い
  • 他業界の転職にはやや不利

順に深堀して解説していきます。

平均年収がやや低い

スポーツジムインストラクターの平均年収は約336万円です。日本の平均年収は約433万円ですので、日本の平均年収よりも低い額となっています。賃金が低いことがスポーツジムインストラクターを含め、現在フィットネス業界が抱えている問題の一つです。

正社員としてスポーツジムに勤めているのならともかく、契約社員やアルバイトとして働いているインストラクターは、家族を養うだけの賃金を得られていない現状があります。中にはコンビニエンスストアで副業としてアルバイトをするインストラクターも多いです。

しかしスポーツジムインストラクターの中には様々な工夫を凝らし非常に高い年収を稼ぐ人もいます。開業やフリーランスインストラクターとして成功できれば、高い年収を得ることも可能です。

他業界への転職にはやや不利

スポーツジムインストラクターは専門性が高い仕事である一方、他業界への転職が難しいという欠点があります。専門性が高い故に他業界でスポーツジムインストラクターのスキルを活かすことは少し難しいのです。

例えば、解剖学や運動生理学の知識はスポーツジムインストラクターにとって必須の知識ですが、IT業界などでは活かすことはできません。スポーツジムインストラクターであった人が、業種・業界未経験でも活かせるスキルはコミュニケーション能力くらいのものです。

ただし店長やマネージャーとして管理職の経験がある人は、他業界でも管理職としてキャリアアップ転職が出来る可能性があります。まずはスポーツジムインストラクターとして他業界でも活かせるスキルを磨いておくことが大切です。

スポーツジムインストラクターとして稼ぐための方法

スポーツジムインストラクターとして稼ぐための具体的な方法を解説していきます。スポーツジムインストラクターとして稼ぐための方法は以下の5つです。

  • 実績と経験を積み上げる
  • 資格を取得する
  • 副業をする
  • 開業する
  • アメリカで活動する

順に深堀して解説していきます。

実績と経験を積み上げる

まずはスポーツジムインストラクターとして実績と経験を積み上げていくことが必須です。スポーツジムインストラクターと言ってもサラリーマンと働き方は、さほど変わりません。サラリーマンが出世して給料を上げていくこと同様に、スポーツジムインストラクターとして社内で出世していくことが大切です。

スポーツジムインストラクターとして高い年収を得るためには、店長職やマネージャーなど何らかの管理職に就く必要があります。トレーナーとしての実績はもちろんですが、お客様と仲間から高い信頼を得ることで、管理職を任せてもらえる機会を得られるでしょう。

まずは管理職就任を目指し、信頼を積み重ねていくことが大切です。指導だけに特化していてもスポーツジムの管理職に就くことはできません。日頃からマネジメントの勉強をしておきましょう。

資格を取得する

『NSCA-CSCS』や『ダイエットインストラクター』などの協会認定資格を取得することも、スポーツジムインストラクターとしての年収を上げるための方法です。特にスポーツジムインストラクターとしての実績がない人は、資格を取得することで、お客様からの信頼を得ることができます。

スポーツジムインストラクターとしての集客を成功させるためには、自分自身をブランディングしていく必要があります。『資格の取得』はセルフブランディングの最も簡単で有効な方法です。

またスポーツジムインストラクターの資格は、鍼灸師や柔道整復師などの国家資格と違って特別な取得条件がありません。基本的に誰でも取得可能なので、まずは資格を取得することからスタートしましょう。

副業をする

副業をすることもスポーツジムインストラクターとして稼ぐために有効な方法です。副業をすることで、スポーツジムの基本給に加えて副収入を得ることができます。

前述した通り、スポーツジムインストラクターの年収は他業種に比べると低い傾向にあり、今後暫くはこの状況が続くでしょう。1人世帯ならばまだしも、スポーツジムインストラクターのみの収入で家族を養うのは難しいのが現実です。

副業を行うことで、副収入を得て生活の糧とすることができます。スポーツジムインストラクターには『Webライター』や『アフィリエイト』の副業おすすめです。自宅でも手軽に出来るため、休日や仕事後に取り組むことができます。本業であるインストラクターの仕事にも支障が出ない程度に取り組むことが可能です。

開業する

スポーツジムインストラクターとして、高い年収を得るために最も一般的な方法は、自身でスポーツジムを開業することです。自身がオーナーとなり、スポーツジムを開業・経営します。開業に成功すれば、多店舗展開のチャンスもあり、年収1,000万円以上を稼ぐことも夢ではありません。

しかしスポーツジムを開業し、経営を成功させることは、非常に困難が伴うことが現実です。どれだけスポーツジムインストラクターとしての技能が優れていても、経営スキルがなければ、たちまちスポーツジムは廃業に追い込まれるでしょう。

近年では『エニタイムフィットネス』などの24時間ジムが人気を博しており、全国各地に店舗を展開しています。しかし多くの店舗が設立されている一方で、廃業に追い込まれているスポーツジムも多いです。しっかりと計画を立て、無理ない範囲で開業を行うことが大切となります。

アメリカで活動する

アメリカでスポーツジムインストラクターとして、活動することも高い年収を得るための方法です。アメリカのスポーツジムインストラクターの年収は約600万円と言われており、これは日本のスポーツジムインストラクターの平均年収の約2倍の額になります。

フィットネス大国であるアメリカでは日本以上にスポーツジムインストラクターの市場価値は高いです。市場価値が高いことと比例して年収も高い傾向にあります。

またアメリカでインストラクターとしてNBA選手やMBL選手と専属契約を結ぶことが出来れば、年収1,000万円以上を稼ぐことも夢ではありません。より高い給与とスポーツジムインストラクターとしてキャリアアップしたいのならば、アメリカで活動することもおすすめです。

スポーツジムインストラクターは夢のある仕事

スポーツジムインストラクターとして成功することは、決して簡単なことではありません。しかしスポーツジムインストラクターとして成功を納め、管理職やジムの開業をして成功することができれば、年収1,000万円以上にたどり着くことも可能です。スポーツジムインストラクターは非常に夢のある仕事でもあり、同時に人々の健康をサポートするやりがいのある仕事。まずはスポーツジムインストラクターとして経験と実績を積み、“稼げるスポーツジムインストラクター”を目指しましょう。

執筆者:otago
年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード