NSCA-CPTは取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

「NSCA-CPTの資格は取得すべき?」
「NSCA-CPTはどうやったら取得できる?」
「NSCA-CPTを取ったらどうなるの?」

上記でお悩みの方向けに、NSCA-CPT資格の取得方法や勉強方法・仕事内容についてまとめさせていただきました。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

NSCA-CPT資格の特徴とは?

結論、NSCA-CPT資格はパーソナルトレーナーとして活躍したい人は取得するべきです

NSCA-CPTの特徴について下記にまとめさせていただきます。

科学者とスポーツ現場指導者との橋渡し

NSCAとは「National Strength and Conditioning Association」の略で、トレーニングやパフォーマンスアップの分野での研究を実用化させ、「科学者とスポーツ現場指導者との橋渡し」することを使命としている協会です。NACA-CPTという資格は、科学的な知識を基に、男女問わず様々な年齢層の人に対して生きていく上でなくてはならない運動や健康に関する知識を提供するといった、トレーニングやフィットネスに関する専門的知識や技術を持っている人であると認定する資格です。

取得してよかった資格No.1

トレーナーエージェンシーが2020年9月に現役トレーナー300名に対して実施した調査によると、本資格は「現役トレーナーが選ぶ取得してよかった資格」ランキングで第1位になりました。トレーナー業界の中でも、本資格の知名度は年々上がっており、今後も取得を考える人は徐々に増えていくと考えられます。他のパーソナルトレーナーの資格(NESTA-PFT、JATI-ATI)と比較しても、割引制度などの特典も充実しており、その結果知名度及び人気の高い資格になっていると思われます。

トレーナー業界を渡り歩くために必須の資格

NSCAの名前にも含まれている、「Strength&Conditioning(ストレングス&コンディショニング)」の知識を本資格では身につけることができます。 ストレングス:主に筋肉が働くことで生まれるパワーのこと コンディショニング:動作のパフォーマンスアップを図るために身体を整えること この知識を身につけていると、実力のあるトレーナーであることの証明になります。もちろん履歴書にも記入できる資格なので、パーソナルトレーナーを志望されている人は、アピールできます。採用を行う側としても、未資格者よりも資格を保有している人を採用したい・安心であると思うので、いい方向に働くと言えます。また、指導を受けるお客様にとっても、資格を保有している人から受ける指導は信頼できると考えるので、資格があることはプラスになります。

NSCA-CPTの資格取得難易度

本資格の合格率は75%(2019年)となっています。受験者の中には、すでにパーソナルトレーナーとして働いている人や、スポーツの専門学校を卒業した人もいる中でのこの数字は、高いものではないと考えられます。過去には合格率50%の年もあったので、簡単な資格ではありません。

試験での出題範囲は以下の通りです。

・クライアントに対する面談と評価

・エクササイズテクニック

・プログラムプランニング

・安全性、緊急時の手順、法的諸問題

・ノンスコアード問題

試験は3択の中から正解を選ぶ選択式です。全155問で構成されており、中には点数として加算されない『ノンスコアード問題』と呼ばれる問題が15問紛れ込んでいます。これは将来の試験の方向性を決めるための問題であり、受験者にはどの問題がノンスコアード問題なのかわからない仕組みになっています。

それぞれの問題は難易度に応じて配点が異なり、100点満点中70点以上で合格になります。

資格認定条件もありますので、下記に紹介しておきます。

・NSCAジャパン会員であること

・満18歳以上であること

・高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験の合格者であること

・有効なCPR/AEDの認定者であること

NSCA-CPT資格を取得するメリット

キャリアアップの幅が広がる

本資格は、身体を動かすために必要な体力のサポートと、人間になくてはならない健康に関する知識をお客様に伝えることができ、トレーニングやフィットネスに関する専門的なスキルや知識を持っている人を認定する資格です。パーソナルトレーナーになるために資格は必須ではありませんが、取得することで確実にキャリアアップにつながります。また、フリーランスとしてフィットネスクラブで業務委託契約を結んで、パーソナルトレーナーとして活躍したい人は、資格を取得することを条件とするフィットネスクラブもあるため、資格を取得する必要があります。キャリアアップするうえで取得していれば様々な面で有利に働きます。

信頼の高いNSCAの一員になれる

NISAは1978年に設立され、現段階で世界88ヵ国に在籍するメンバーがトレーナーとして活躍する、アメリカを本拠地とした世界的なパーソナルトレーナーの資格認定協会です。世界的に有名な協会であり、規模が大きいので、本資格を取得することで、パーソナルトレーナーとしての実力を保証してくれます。

NSCA-CPT資格を取った方が良い人・おすすめな人

  • パーソナルトレーナーになりたい人

NSCA-CPT資格の独学勉強方法

本資格の合格率は75%(2019年)となっています。受験者の中には、すでにパーソナルトレーナーとして働いている人や、スポーツの専門学校を卒業した人もいる中でのこの数字は、高いものではないと考えられます。過去には合格率50%の年もあったので、簡単な資格ではありません。

試験での出題範囲は以下の通りです。

・クライアントに対する面談と評価

・エクササイズテクニック

・プログラムプランニング

・安全性、緊急時の手順、法的諸問題

・ノンスコアード問題

試験は3択の中から正解を選ぶ選択式です。全155問で構成されており、中には点数として加算されない『ノンスコアード問題』と呼ばれる問題が15問紛れ込んでいます。これは将来の試験の方向性を決めるための問題であり、受験者にはどの問題がノンスコアード問題なのかわからない仕組みになっています。

それぞれの問題は難易度に応じて配点が異なり、100点満点中70点以上で合格になります。

資格認定条件もありますので、下記に紹介しておきます。

・NSCAジャパン会員であること

・満18歳以上であること

・高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験の合格者であること

・有効なCPR/AEDの認定者であること

NSCA-CPT資格でなれる職業・できる仕事

パーソナルトレーナー

お客様ひとりひとりに合った運動メニューや食事メニューを提案し、ワンツーマンでトレーニング指導を行う職業です。 NSCA-CPTの資格を取得する上で、パーソナルトレーナーで活躍するために必要な考え方やスキルを身につけることができます。 パーソナルトレーナーのおおよその年収ですが、求人ボックスによると正社員で平均358万となっています。お客様からの指名数によって報酬が変わる「インセンティブ」を採用しているジムもありますので、稼ぐにはインセンティブを採用しているジムで働くのがオススメです。指導力が高くなれば、時給換算で6000円~30000円になる人もいます。 また、パーソナルトレーナーになりたい人はトレーニングが好きな人が多いと思います。まずは自分がトレーニングをし、理想の体型になってみてください。何故かというと、お客様の立場になって考えた際、だらしない体型のトレーナーから教わるのと、理想の体型のトレーナーから教わるのとでは、断然後者の方が説得力もあり、信頼できるからです。 NSCA-CPTの資格を取得し、その後ご自身でスキルアップできれば、年収も自然と上がると考えられます。

執筆者:tanida
年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード