JHCA-FCは取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

「JHCA-FCの資格は取得すべき?」
「JHCA-FCはどうやったら取得できる?」
「JHCA-FCを取ったらどうなるの?」

上記でお悩みの方向けに、JHCA-FC資格の取得方法や勉強方法・仕事内容についてまとめさせていただきました。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

JHCA-FC資格の特徴とは?

結論、JHCA-FC資格はフィットネス業界に携わるなら積極的に取得しておきたい資格です。

JHCA-FCの特徴について詳しく解説していきます。

現場での信頼性が高い資格

JHCA-FC(フィットネスコンディショナー)は、『Japan Holistic Conditioning Association(日本ホリスティックコンディショニング協会』が発行する資格です。パーソナルトレーナーや運動指導士を目指す方が取得する資格で、パーソナルジムやフィットネスクラブの現場で活かせるコンディショニング・トレーニング・ストレッチの基礎知識が身に付きます。パーソナルジムの中には、この資格がなければ活動できないジムもあるほどで、トレーナーとしての高い信頼性を示す資格です。JHCA-FCの資格以外に上級資格『JHCA-HC』が存在します。

様々な場所で活躍できるマルチな知識が身に付く

JHCA-FCの資格では、ストレッチ・トレーニング・コンディションをトータル的に身に付けることができます。ボディメイクに関する基本的な知識を一通り身につけることができるので、パーソナルジムやフィットネスクラブなど、様々な場所で活かせる知識や実践技術が身に付くはずです。またコンディショニングの知識を身に付けることに特化しているので、アスリートだけでなく、高齢者の指導も行えるようになります。

より実践的な指導ができるようになる

JHCA-FCでは、神経・関節・メンタル・リカバリーという4つのコンディショニング知識を学びます。コンディショニングを中心に網羅的な知識・技術を身に付けることができるので、より実践的な指導ができるようになるはずです。一般人からアスリート、若年層から高齢者まで「幅広い属性」に対しての指導が可能になるので、パーソナルジム・フィットネスクラブ・高齢者施設でのリハビリテーションまで様々な場所で活躍できる知識・技術を得ることができます。

JHCA-FC資格を取得するメリット

トレーナーとしての基礎知識を身に付けられる

JHCA-FCの資格を取得することで、トレーナーとしての基本的な知識を網羅的に学ぶことができます。専門学校やトレーナースクールに通わずに、基礎的な知識を取得することができるので、独学でも様々な場所で活躍できる知識と技術を得ることができます。また基礎的な知識を身に付け、トレーナーとしての土台を築けるためJHCA-FC資格を取得した後に更に専門的な知識を身に付けるのもオススメです。

様々な場所で活躍できる

JHCA-FCでは身体のコンディショニング要素だけでなく、メンタル面での知識を身に付けることができます。これらの知識は、パーソナルジムやフィットネスクラブはもちろん、市の体育施設や高齢者施設での指導にも応用することが可能です。アスリートの指導だけでなく、体育施設や高齢者施設に通う『半健常者』の指導もできるので、トレーナーとして活躍の場を広げられることも大きなメリットです。

社会貢献ができる

JHCA-FCは前述した通り、高齢者などの『半健常者』のコンディショニング指導にも適した資格です。『肩こり』『腰痛』など、何らかの機能的障害を抱えている人の指導も可能になるので、社会的な貢献度も非常に高いトレーナーになることができます。特にフィットネスクラブや市の体育館には機能的障害を抱えたユーザー(お客様)が多く通っているのが現状です。ユーザーの悩みをコンディショニングの面から解決し、社会的な貢献をすることができます。

JHCA-FCを取った方が良い人・おすすめな人

パーソナルトレーナーになりたい人

JHCA-FCではパーソナルトレーナーには必須の『コンディショニング知識』を網羅的に学ぶことができます。ユーザー(お客様)のコンディションに応じた指導ができるため、ボディメイクだけでなく、機能改善を目指した指導も可能です。『骨盤の歪み』や『肩こり』などはレジスタンストレーニングや食事管理では克服することができません。こうした身体機能の改善に特化した指導ができる能力を身に付けたパーソナルトレーナーになれます。またパーソナルジムの中には『JHCA-FCの資格を所有していること』が採用条件というジムもあるので、取得しておいて決して損はないでしょう。

フィットネスクラブのトレーナーになりたい人

JHCA-FC資格はフィットネスクラブのトレーナーになりたい人にもオススメの資格です。JHCA-FC資格は、コンディショニング知識だけでなく、グループレッスン時に必須の『プログラム作成能力』を身に付けることもできます。フィットネスクラブのトレーナーは、グループレッスンの指導をする場合がほとんど。JHCA-FC資格を取得すれば、フィットネスクラブでのグループレッスン担当時にも役立つ知識を得ることが可能です。

トレーナーとしての基礎知識を身に付けたい人

JHCA-FC資格を取得することで、トレーニング〜コンディショニンまで基礎的な知識を網羅的に学ぶことができます。特に専門学校やトレーナースクールに通った経験がない方は、取得がオススメです。コンディショニングの基礎知識を身に付けることは、指導時の怪我のリスクを回避することに繋がります。トレーナーの仕事は、数十キロ単位のダイエットを成功させることだけではありません。「ユーザーの体と向き合い、健康的にトレーニングを実施させること」が良いトレーナーの前提条件です。コンディションニングの知識を身に付けておけば、間違った指導でユーザーに怪我を負わせるリスクを回避できます。

 

JHCA-FCの独学勉強方法

JHCA-FCの合格率は明記されていませんが、受験資格が『JHCA会員であること』のみで学歴・経歴・実践経験などは判断材料にはならないため、それほど合格するためのハードルは高くないでしょう。

試験内容は以下の科目となっており、『筆記試験』と『実技試験』があります。

『筆記試験(60分)』

・レジスタンストレーニング、ストレッチ、バランスボールエクササイズの基礎理論
・機能解剖学に基づくエクササイズの基礎理論
・総合的な運動指導におけるメニュー作成(エクササイズプログラミング)

『実技試験』

・トレーニングフォームチェック:ベンチプレス・パラレルスクワット・ハイクリーンのフォームをチェック(最大挙上重量を競うものではない)
・パーソナルレッスン(運動指導)ロールプレイングテスト:試験官より与えられた課題に対して、コンディションニング&トレーニングのアプローチを実施。

また本資格には受験条件が存在します(3つの条件全てを満たすことが必須)。

  1. JHCA会員であること
  2. JHCA主催「パーソナルトレーナー基礎講座」全4カリキュラムを受講修了した者
  3. JHCA主催「JHCAパーソナルトレーナー養成コース」全4プログラムを受講修した者

受験条件は指導実績の経験がなくても満たせるため、独学・未経験でも取得しやすい傾向にあります。

JHCA-FCは信頼性の高い資格

JHCA-FC資格を取得することで、トレーナーとしての信頼を担保することができます。「パーソナルトレーナーとして活躍したい」「フィットネスクラブでグループレッスンをやりたい」「高齢者にトレーニングを通じて社会貢献がしたい」など、どの場面でもJHCA-FC資格で得た知識が役立ちます。前述した通りパーソナルジムの中には、JHCA-FCの資格所有が採用条件であるジムもあるほど、信頼性の高い資格です。これからトレーナーの資格取得を目指している方は、ぜひ取得を検討してみてください。

執筆者:otago
年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード