JHCA-HCADは取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

「JHCA-HCADの資格は取得すべき?」
「JHCA-HCADはどうやったら取得できる?」
「JHCA-HCADを取ったらどうなるの?」

上記でお悩みの方向けに、JHCA-HCAD資格の取得方法や勉強方法・仕事内容についてまとめさせていただきました。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

JHCA-HCAD資格の特徴とは?

結論、JHCA-HCAD資格はフィットネス業界に携わるなら積極的に取得しておきたい資格です。

JHCA-HCADの特徴について詳しく解説していきます。

専門性の高い資格

JHCA-HCAD(上級ホリスティックコンディショナー)資格は、『Japan Holistic Conditioning Association(日本ホリスティックコンディショニング協会』が発行する資格です。JHCAが発行する資格には、他に『JHCA-FC資格』と『JHCA-HC資格』がありますが、中でもJHCA-HCADは最上位のトレーナー資格です。JHCA-HC資格よりもさらに専門性が高く、コンディショニングのプロフェッショナル資格となります。取得難易度が高い反面、現場での信頼性も非常に高いことが特徴です。パーソナルジムの中には、JHCA資格所有が採用条件になっている所もありますが、JHCA-HCADを所有していれば全く問題なく条件をクリアできます。

コンディショニングのスペシャリスト資格

JHCA-HCAD資格は、JHCAが発行する資格の中でも最上位の資格であり、受験者に求められるレベルも非常に高いです。JHCA-FC資格とJHCA-HC資格はパーソナルジムやフィットネスクラブでの指導を前提としているのに対して、JHCA-HCAD資格ではプロアスリートやオン・ザ・ベッドでの半健常者への指導を想定したプログラムとなっています。神経-筋や関節アプローチで腰痛から頚椎・頭蓋まで関節機能障害への適確な対処ができるレベルです。上級パーソナルトレーナーやスポーツコンディショニングのスペシャリストあるいは専門的なスポーツケアー(改善)を目指す方が取得する資格となります。

取得までのプロセスが長く険しい資格

JHCA-HCAD資格は取得までのプロセス(過程)が非常に長く険しいことも特徴です。JHCA-HCAD資格を取得するためには、同じJHCAが発行する『JHCA-FC資格』と『JHCA-HC』の両方を取得する必要があります。JHCA資格は特別な実務経験がなくても取得可能で、JHCA-FC資格の取得難易度は高くないと言われています。しかしJHCA-HCAD資格は別格で、JHCAが認める『最高水準のトレーナー』のみが獲得できる資格です。実務経験年数が資格取得条件にない反面、試験の専門性と難易度が高いのがJHCA-HCAD資格の特徴になります。

JHCA-HCAD資格を所有するメリット

コンディショニングのスペシャリストになれる

JHCA-HC資格は、コンディショニングのスペシャリストである証です。ダイエットやバルクアップなどのボディメイクはもちろん、『肩こり』『腰痛』などを抱える半健常者をコンディショニング面からアプローチし、改善に導くことができます。またFJC(機能的関節コンディショニング)の基本テクニックを用いた体軸の確保の向上や、FMC (機能的メンタルコンディション)によるメンタル面のコンディショニング、そして FRC (機能的リカバリーコンディショニング) などのアプローチを実践し、様々な観点からユーザーをサポートするスキルを身に付けることが可能です。

様々な現場で重宝される

JHCA-HCAD資格は、JHCA協会の中でも最上位に位置する資格です。取得難易度が非常に高いだけあって、資格所有しているトレーナーも他資格に比べて多くありません。JHCA-HCAD資格を所有しているだけで、知識と技術力が担保されます。パーソナルジムやフィットネスクラブはもちろん、医療系スポーツ施設・プロスポーツチームなど様々な場所で重宝される資格です。ボディメイクだけでなく、コンディショニングの観点からユーザーをサポートできるので、どんな現場でも活躍することができるでしょう。

社会貢献度が高いトレーナーになれる

JHCA-HCAD資格は、パーソナルジムやフィットネスクラブだけでなく、オン・ザ・ベッドでの半健常者へのコンディショニングアプローチも想定した資格です。腰椎から頸椎までの関節機能障害へのアプローチが可能で、様々な症状を抱えたユーザーの悩みを解決することができます。こうした機能障害を克服することは、非常に社会的な貢献度も高く、ボディメイクだけを指導するより遥かにやりがいを感じるはずです。あくまでトレーナーとしての施術ではありますが、医師に近い役割を担うことができます。トレーニングを通して社会貢献ができる人材になるために、JHCA-HCAD資格が役立つはずです。

 

JHCA-HCADを取った方が良い人・おすすめな人

パーソナルトレーナーになりたい人

JHCA-HCAD資格ではパーソナルトレーナーには必須の『コンディショニング知識』を徹底的に学ぶことができます。ユーザー(お客様)のコンディションに応じた指導ができるため、ボディメイクだけでなく、機能改善を目指した指導も可能です。『骨盤の歪み』や『肩こり』などはレジスタンストレーニングや食事管理では克服することができません。こうした身体機能の改善に特化した指導ができる能力を身に付けたパーソナルトレーナーになれます。またパーソナルジムの中には『JHCAの資格を所有していること』が採用条件というジムもあるので、取得しておいて決して損はないでしょう。採用の際に、JHCA-FC資格やJHCA-HC資格のみを所有しているトレーナーと比べても有利になります。

プロアスリートへの指導やプロスポーツチームで活躍したい人

JHCA-HCAD資格は、コンディショニングのスペシャリストであることを証明する資格です。近年、アスリートに対するコンディショニングが特に注目されており、スポーツチームもコンディショニングにアプローチができるトレーナーを求めています。JHCA-HCAD資格を取得できるレベルになれば、アスリートに対するコンディショニングアプローチも十分可能です。将来プロアスリートへの指導やスポーツチームでの指導を目指している方は、JHCA-HCAD資格の取得がオススメです。

トレーナーとしての専門性を高めたい人

JHCA-HCAD資格は、JHCA協会の中でも最上位の資格です。コンディショニングに特化したJHCA資格の中で、最も専門性の高い資格と言えます。言わば『コンディショニングのスペシャリスト』であり、パーソナルジムやフィットネスクラブなど、あらゆる場所で重宝されるトレーナーになれるでしょう。またコンディショニングという専門性を高めることで、他トレーナーとの差別化にも繋がります。近年ではトレーナーが過疎化している状態ですが、高い専門性を身に付けた人材は多くありません。JHCA-HCAD資格を取得することで高い専門性が身に付き、あらゆる場所で必要とされる人材になれるはずです。

JHCA-HCAD資格の独学勉強方法

JHCA-HCAD資格の合格率は明記されていません。しかし学歴・経歴・実践経験などは判断材料にはならないため、特別な条件が必須というわけではありません。しかしJHCA−HC(ホリスティックコンディショナー)の認定を受けている必要があるため、当然全くの初学者が受けられる資格ではないことも事実です。

試験内容は以下の2科目となっています。

①筆記試験
・セミナーベーシックコースおよびアカデミーベーシックコースに基づく基礎理論
・総合的なメニュー作成・プログラミング

②指導ロールプレイング
セミナーおよびアカデミーコースにのっとったFNC(機能的神経-筋コンディショニング)とFJC(機能的関節コンディショニング)およびFRC(機能的リカバリーコンディショニング)に基づくテクニックでケア・エクササイズも含めたアプローチをおこなう

また本資格には受験条件が存在します(3つの条件全てを満たすことが必須)。

・JHCA会員であること
・JHCA公認資格『JHCA-HC(ホリスティックコンディショナー)』の認定者であること
・JHCA協会セミナーアドバンスコース以上、またはアカデミーアドバンスコース以上の修了者

大前提としてJHCA公認資格である『JHCA-HC資格』に合格することが必須です。またJHCA-HC資格を取得するには、『JHCA-FC資格』の認定が必須になります。しっかりとプロセスを踏まなければ、受験ができない資格となっているのが特徴です。

JHCA-HCAD資格はJHCA協会で最高峰の資格

JHCA-HCAD資格はJHCA協会が認定する中でも、最高峰の資格です。同協会が認定する『JHCA-FC資格』と『JHVA-HC資格』の両方を前提条件として、取得する必要があります。資格取得までの道のりが険しいだけに、取得できればトレーナーとして高い信頼を担保できるでしょう。資格所有者も多くなく、パーソナルジムやフィットネスクラブ、体育施設など様々な場所で重宝される資格です。ぜひコンディショニングの高い専門性を身に付けて、トレーナーとしての価値を高めたい方は、JHCA-HCAD資格の取得にチャレンジしてみてください。

執筆者:otago
年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード