健康運動実践指導者は取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

「健康運動指導実践指導士の資格は取得すべき?」
「健康運動指導実践指導士はどうやったら取得できる?」
「健康運動実践指導士を取ったらどうなるの?」

上記でお悩みの方向けに、健康運動指導実践指導士の取得方法や勉強方法・仕事内容についてまとめさせていただきました。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

健康運動実践指導士の特徴とは?

結論、健康運動実践指導士はフィットネスクラブやスポーツジムでトレーナーとして働きたい人におすすめの資格です。

健康運動実践指導士の特徴について詳しく解説していきます。

健康作りを運動観点からサポートする専門家

健康運動指導士は、平成19年に『財団法人健康・体力づくり事業財団』よって新たに設立された日本の民間資格です。同団代によると本資格の目的は「積極的な健康づくりを目的とした運動を安全かつ効果的に実践指導できる能力を有すると認められる者」とされています。同団体が運営する資格で『健康運動指導士』がありますが、『自ら見本を示せる実技能力』と『集団に対する運動指導技術』が求められる点において健康運動指導士とは異なります。現場での実践能力と集団に対する指導能力に特化した資格です。

日本でトップクラスの知名度を誇る人気の資格

健康運動実践指導士は、日本のトレーナー民間資格の中でもトップクラスの知名度を誇る人気の資格です。実際に、現在約19,000人以上が本資格を所有しており、フィットネスクラブや病院、福祉施設など様々な場所で活動しています。知名度も高く保有者数も非常に多いため、取得しておけば、フィットネスクラブやスポーツジムなどでの採用試験の際にも有利になることでしょう。また理学療法士資格など『医療系資格』を同時に取得している人は、医療・介護の現場でも、本資格で培った技術・知識を実際の現場で役立てることができます。

社会問題を解決する社会貢献度の高い資格

健康運動実践指導士は、運動を通じて人々の健康をサポートする社会貢献度の高い資格です。フィットネスクラブやスポーツジムはもちろんのこと、本資格の知識・技術を活かして病院や福祉施設で運動指導を行っている人も多くいます。運動機能障害を持った人に対して、運動面からのアプローチを実施し、運動機能の改善をサポートします。高齢化社会により、運動機能障害を抱えている人も多いですが、健康運動指導士はこうした半健常者の悩みを解決する社会貢献度の高い資格です。

健康運動実践指導士を所有するメリット

トレーニングの基礎が身に付く

健康運動指導士の資格を取得することで、トレーニングの基礎を身に付けることができます。本資格が対象としている人は運動経験がある人だけではありません。今までに運動経験がない人や運動が苦手な人にも指導を行うことを前提にカリキュラムや試験内容が設定されています。そのため、安全に行えて、効果も実感できる、正しい体の動かし方を教える必要があり、それを指導できるのが健康運動実践指導者です。NSCAやNESTAのような専門的な資格ではありませんが、安全に運動(トレーニング)を指導するための基礎力を身に付けることができます。

様々な場所で活躍できるトレーナーになれる

健康運動実践指導士の資格を取得することで、様々な場所で活躍できるトレーナーになることができます。健康運動実践指導士のスキルはフィットネスクラブやスポーツジムはもちろん、病院や福祉施設などの医療・介護の現場でも役立ちます。実際に本資格所有者の内、1900人以上が病院、1,200人以上が老人介護・保健・福祉施設で働いているようです。フィットネスブームの影響もあり、近年トレーナーの過疎化が進んでいます。これからはトレーナーにも様々な働き方が求められており、トレーナーのジョブチェンジも積極的になっていくでしょう。健康運動実践指導士の資格を所有しておくことで、『フィットネスクラブ→福祉施設』などジョブチェンジがいつでも可能なトレーナーになることが可能です。

現場で役立つ実践的な技術が身に付く

健康運動実践指導士の資格目的は、『自ら見本を示せる実技能力』と『集団に対する運動指導技術』を身に付けることです。そのため理論的な知識というよりも、より実践的なスキルを身に付けることに重点を置いています。トレーニングの指導はもちろん、フィットネスクラブでのグループレッスン時にも本資格の取得で得たスキルが存分に役立ちます。そのためフィットネスクラブなどに就職した際にも、即戦力として活躍できる人材になれるでしょう。同協会が運営する資格に『健康運動指導士』がありますが、こちらよりも実践力を身に付けることに重点を置いている資格です。

健康運動実践指導士を取った方が良い人・おすすめな人

フィットネスクラブで働きたい人

健康運動実践指導士は、特にフィットネスクラブで働きたい人におすすめの資格です。実際に、現在フィットネスクラブで働く多くのトレーナーが本資格を所有しており、その数は4000人以上に登ります。本資格の特徴は『現場での実践指導スキル』が身に付くこと。そのため本資格で得た技術は、即フィットネスクラブでのトレーニング指導やグループレッスン担当時に活かすことができます。もしこれからフィットネスクラブにてトレーナーとして働きたい人は、積極的に健康運動指導士の資格取得を目指すのがおすすめです。

医療・介護の現場で運動指導をしたい人

病院や福祉施設などの医療・介護の現場で、運動指導をしたい人も健康運動実践指導士の資格取得がおすすめです。前述した通り、本資格で学ぶ技術・知識は、運動機能障害で悩む半健常者の指導にも役立てることができます。実際に本資格を取得した約3,000人以上が『病院・診療所・福祉施設』などで働いています。理学療法士などの国家資格と合わせて、健康運動実践指導士の資格を取得することで『医学療法+運動』で半健常者の更なるサポートを行うことが可能です。もちろん理学療法士資格などと比べると、本資格の難易度は高くありません。ぜひ介護・医療の現場での運動指導をしたい人は、健康運動実践指導士の資格取得にチャレンジしてみてください。

初めてトレーナー資格の取得にチャレンジする人

健康運動実践指導士は、初めてトレーナー資格の取得にチャレンジする人にもおすすめの資格です。本資格の合格率は70%〜80%となっており、合格取得難易度も決して高くありません。いくつかの受験資格がありますが、受験資格さえクリアできれば、特別な教育を受けずとも独学で取得することが可能です。実際にトレーナーとして働いている人の多くが本資格を所有しており、NSCAやNESTAなどの資格と比べても勉強時間や受験難易度は低い傾向にあります。もちろん十分に勉強しなければ合格することはできませんが、しっかりと勉強と試験対策を行えば、現在無資格の人でも合格することが出来るでしょう。

健康運動実践指導士の受験要項と勉強方法

健康運動実践指導士の試験合格率は70%〜80%となっています。トレーナー資格の合格率としては、比較的高めです。講習会や養成校の講義・演習に積極的に参加し、その内容を理解し、市販の問題集などで試験対策を行っていれば合格は難しくありません。同協会が運営する『健康運動指導士』よりも専門的な内容は少ないので、トレーナー資格に初めてチャレンジする人でも十分に取得を狙うことができます。試験は年2回、1〜3月と7~8月に開催されます。

健康運動実践指導士の受験資格

健康運動実践指導士の資格を受験するには、以下の2つの受験資格を満たす必要があります。

・健康運動実践指導者養成校で学んだ人
・「健康運動実践指導者養成講習会」を受講した人
上記が受験資格となります。

ただし、健康運動実践指導者養成講習会を受講するにも次のいずれかの条件を満たす必要があります。
・体育系短期大学、体育専修学校(2年制)、これと同等以上の学校いずれかを卒業する
・3年以上運動指導の実務経験がある
・何らかの運動指導に関連する資格を持っている
・保健医療に関する資格を持っている
・学校教育に関する資格を持っている

資格取得の流れとしては、体育系の各種学校へ進学・卒業してから講習会を受講、試験を受けて資格取得となります。体育系大学を卒業している人ならば、スムーズに資格取得に向けて動き出すことが可能です。

健康運動実践指導士の受験料

健康運動指導士の資格取得にかかる費用は下記の通りです。

  • 受講料(教科書代含む):137,238円(税込)
  • 受験料:13,619円(税込)
    合計:150,857円(税込)

同協会が運営する『健康運動指導士』の約半分の費用で受講できます。他のトレーナー資格と比べても受験料は平均的な方です。

健康運動実践指導士の受験科目

健康運動指導士の受験・講習内容は以下の通りです。

講習内容:健康づくり施策概論、運動生理学、機能解剖とバイオメカニクス、栄養摂取と運動、体力の測定と評価、健康づくりと運動プログラム、運動指導の心理学的基礎、健康づくり運動の実際、運動障害と予防・救急処置

健康運動実践指導士の勉強方法

健康運動指導士は、『健康運動実践指導者養成校で学んだ人』もしくは『「健康運動実践指導者養成講習会の受講』が必須なので、完全独学での取得は不可能です。ただし体育大学卒業などの条件を満たしていれば、テキストのみで勉強を行い、試験を受講することもできます。勉強方法は「とにかくテキスト問題を繰り返し行う」というシンプルな方法がおすすめです。

健康運動実践指導士は現場でのスキルが身に付く資格

健康運動実践指導士は、フィットネスクラブ・スポーツジムはもちろん、病院や福祉施設などの医療・介護現場での実践的なスキルが身に付く資格です。特にフィットネスクラブでは、本資格で学ぶグループレッスンに対する実践スキルが大いに役立つでしょう。これから様々な現場でトレーナーとして活動したい人は、ぜひ健康運動実践指導士の資格取得にチャレンジしてみてください。

執筆者:otago
年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード