栄養検定は取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

「栄養検定の資格は取得すべき?」
「栄養検定はどうやったら取得できる?」
「栄養検定を取ったらどうなるの?」

上記でお悩みの方向けに、栄養検定の取得方法や勉強方法・仕事内容についてまとめさせていただきました。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

栄養検定の特徴とは?

結論、栄養検定は、フィットネスクラブのインストラクターや食品・栄養関連の職場で働きたい(働いている)人におすすめの資格です。

栄養検定の特徴について詳しく解説していきます。

誰でも挑戦できる民間資格

栄養検定は、『一般社団法人 日本栄養検定協会』が実施している栄養学の基本を学ぶための検定です。『栄養士』や『管理栄養士』などの国家資格を取得するためには、国が指定する『養成校』の卒業が必須。一方で栄養検定の資格は、民間資格ということもあり、特別な受験条件が設けられていません。そのため在職中の人でも、栄養検定の資格取得にチャレンジすることが可能です。また出題形式は、『CBT』と『IBT』のいずれもパソコンを使った試験となり、CBT試験なら全国200か所以上の試験会場で、IBT試験なら自宅など都合の良い場所で受検する事になります。完全独学かつ自宅でも試験を受講できることから、多くの人が栄養検定の資格取得に挑戦しており、人気と知名度の高い資格です。

栄養学の基本を学ぶための資格

栄養検定は、栄養学の基本を学ぶための資格です。栄養検定資格を実施している『一般社団法人 日本栄養検定協会』は、本資格の目的を以下の4つとしています。

  • 食べ物がどのように消化・吸収・代謝されるのかを理解できます。
  • 日本人の食事摂取基準に掲載されている栄養素について学びます。
  • バランスの良い食事の考え方を理解できます。
  • 食品の機能性やライフステージごとの栄養摂取について学びます。

食事のメカニズムや食品の機能性まで網羅的に学ぶことを目的としており、基本的な栄養学の知識を一通り学ぶことが可能です。自身の健康管理はもちろん、『家庭での献立作成』や『お客様への食事指導』にまで役立つ知識を得ることができます。

様々なフィールドで役立つ資格

栄養検定は、様々なフィールドで役立つ資格です。フィットネスクラブ・スポーツジム・食品メーカー・給食センターなど、『食』が関連する分野なら、栄養検定で培った知識を活かし活躍することができます。例えば、食品メーカーの営業として働く場合は、食品についての基礎知識を学ぶことができるため、お客様との商談の際に、より専門的でレベルの高いトークができるようになります。他にもフィットネスクラブでのダイエット指導や介護施設での献立提案など、栄養検定で培った知識は幅広い分野で活かすこと可能です。

栄養検定を所有するメリット

栄養学の基礎知識が身に付く

栄養検定を所有する最大のメリットは、栄養学の基礎知識を身に付けられることです。食べ物の消化・吸収のメカニズムや食品の栄養素など、栄養に関わる知識を網羅的に学ぶことができます。『栄養士』や『管理栄養士』などと比べると専門性はやや低いですが、短い期間で栄養学の基礎知識を学びたい人には非常に適した資格です。また栄養素の働きや食材の組み合わせ方などが学べるため、普段の食事作りにも役立ちます。主婦の場合は、子供に作る食事の献立を考える際にも、栄養検定で培った知識が間違いなく活かせるはずです。

健康維持に繋がる

栄養検定の資格を取得することで、自身や他者の健康維持に繋げることもできます。日本では和食中心の文化から、洋食を取り入れた欧米化など、食生活の変化も年々進んでいるのが現状です。そのためメタボリックシンドロームなどの『食』が原因で起こる生活習慣病なども社会問題となっています。栄養学の基礎知識を本資格で身に付けることで、生活習慣病を予防し、健康管理に役立てることが可能です。また管理栄養士のように傷病者に対する専門性の高い知識は身に付けることができませんが、健常者を対象とした献立の作成などには、栄養検定で培った知識が大いに役立つでしょう。栄養検定を取得することで、健康に関する意識も高まるはずです。

食品業界で特に役立つ

栄養検定の資格は、特に食品業界で役立ちます。食品メーカーの営業や商品開発などは、営業力や提案力はもちろんのこと、食品や食事に関する幅広い知識を要していることも大切です。特にお客様へ自社の商品を提案する際は、一定レベルの専門知識を持っていた方が、商談もスムーズに行えるでしょう。職場で働く際に役立つ知識を得られることから、栄養検定の資格は、食品メーカーの営業マンや商品開発担当者が多く取得しています。また栄養検定の資格を所有していることで、食品関連会社への転職の際にも『有資格者』ということで、信頼性を担保することが可能です。転職の際にも栄養検定の資格を所有していることで、大きなメリットを得ることができます。

栄養検定を取った方が良い人・おすすめな人

栄養学の基礎知識を身に付けたい人

栄養学の基礎を身に付けたい人は、栄養検定の資格取得がおすすめです。食べ物の消化・吸収のメカニズムや食品の栄養素など、栄養に関わる知識を網羅的に学ぶことができます。もちろん本資格で学ぶ栄養学の知識は全てエビデンスがあるものとなっており、ビジネスの場や他者を指導する時でも、謝った情報を相手に伝える心配はありません。そのため栄養について説得力のある会話をすることが出来るようになります。正しい知識を元に『会話・指導・調理・献立作成・食材選び』などができるようになるので、これから栄養学の基礎知識を身に付けたい人に、栄養検定の資格取得は非常におすすめです。

フィットネスクラブやパーソナルジムで働くトレーナー

フィットネスクラブやパーソナルジムで働くトレーナーにも、栄養検定の資格取得は非常におすすめです。特に1対1で他者を指導する場面が多いトレーナーは、誤った情報を相手に伝えてしまうと信頼性を失ってしまう危険性があります。栄養検定の資格で学んだ情報を元に食事指導をすることで、誤情報を伝えてしまうリスクをも回避できるでしょう。またトレーナーという職業は、トレーニング指導と併用して食事指導を行っていく場合が多いです。無資格で食事指導をするトレーナーよりも、資格を所有しているトレーナーの方が当然信頼度は高まります。現場での指導力はもちろん、『信頼性の担保』という面でも、トレーナーが栄養検定資格を所有するメリットは大きいです。

食品業界で働く人

食品業界で働く人も栄養検定の資格取得がおすすめです。食品業界で働く場合は、職種によって差はあれど、食品や栄養に関する知識は否が応でも求めれます。資格取得を目指さずに独学のみで勉強することも手段ではありますが、カリキュラムが順序立てされており、エビデンスが明確な栄養検定の取得を目指した方が、効率的で専門性も高まるでしょう。また『栄養士』や『管理栄養士』のような国家資格は養成校の卒業資格が必要であるため、在職中の社会人が取得するには困難を極めます。対して栄養検定は、民間取得であるため、特別な受験資格は必要ありません。専門性は国家資格に比べて落ちますが、『栄養学に精通している人』として取引先企業からも信頼してもらうことができるはずです。現在食品業界で働いており、栄養士などの国家資格を所有していない人は、積極的に栄養検定の資格取得にチャレンジしましょう。

栄養検定資格の受験要項と勉強方法

栄養検定は3級と4級のふたつがあり、合格率は4級が69.8%〜90%、3級は36.1%〜80%です。3級の合格率は比較的高めですが、3級は合格率が36.1%となっていることから、試験内容は難しいものとなっています。誰でも受験できる民間資格であるとはいえ、専門性が高く、一朝一夕で合格できる資格ではないことも確かです。また、出題形式はCBTとIBTのいずれもパソコンを使った試験となり、CBT試験なら全国200か所以上の試験会場で、IBT試験なら自宅など都合の良い場所で受検する事になります。

【受験料】

栄養検定の受験料は以下の通りです。

4級:5,940円(税込)
3級:8,470円(税込)

【受験資格】

栄養検定には、国家資格のように特別な受験資格は存在せず、誰でも受験することが可能です。ただし栄養検定3級を受験するには、4級の合格が必須となります。

【試験科目】

以下は栄養検定4級・3級それぞれの試験科目となります。

■4級
調理師学校などで学ぶ栄養学と概ね同等の内容。公式テキスト4級に記載されている第1章から第7章まで。試験時間は40分、合格に必要な正解率は60%以上です。

■3級
栄養士養成校や管理栄養士養成校で学ぶ栄養学の基礎的な内容。公式テキスト3級に記載されている第1章から第11章まで。試験時間は60分、合格に必要な正解率は65%以上です。

栄養検定資格の勉強方法

栄養検定の問題は、『一般社団法人 日本栄養検定協会』が発行する公式テキストを元に出題されます。テキストを中心に勉強すれば、独学でも合格可能でしょう。また通信講座・WEB講座も実施されており、受講期間は3ヶ月〜6ヶ月です。勉強時間は自由に自分で設定できますので、仕事をしている人でも両立しやすく、短期間で取得を目指せます。最短期間で資格取得をしたい方は、通信・WEB講座の受講がおすすめです。

栄養検定は栄養学の基礎知識が身に付く資格

栄養検定は栄養学の基礎知識を身に付けることができる民間資格です。栄養学を一から学びたい人はもちろん、栄養学の知識を身に付け仕事に活かしたい人にもおすすめできます。食品メーカーで働く人・フィットネスクラブのトレーナー・専業主婦など、『食』や『栄養』に携わる人はぜひ栄養検定の資格取得にチャレンジしてみてください。

執筆者:otago
年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード