ヨガインストラクターになるには?役立つ資格/種類・仕事内容と向いてる人

「ヨガインストラクターになるにはどうしたらいいの?」
「ヨガインストラクターになるために必要な資格は?」
「ヨガインストラクターの仕事内容や働き方を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、ヨガインストラクターの仕事に関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

ヨガインストラクターについて知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、ヨガインストラクターの仕事内容・必要な資格・向いている人の特徴を短時間で学べることをお約束します。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

ヨガインストラクターについて

ヨガインストラクターとは、その名の通り『ヨガの指導を行う仕事』です。ヨガの歴史は古く、約4,500年前のインドから起こったと言われています。ヨガは日本だけでなく全世界で人気があり、昔から多くの人に愛されているエクササイズです。

また近年では一昔前からの一般的なヨガから派生して、『マタニティーヨガ・産後ヨガ・キッズヨガ・ホットヨガ』など様々なスタイルのヨガが生まれています。ヨガのスタイルも多様になったことから、ヨガインストラクターの活動の場も増えてきている時代です。

ヨガインストラクターは特に女性に人気の職業で、正社員だけでなく、フリーランスとして独立し活動している女性もいます。自身でヨガ教室を開講したり、複数のジムと契約をしてヨガレッスンを行ったりと、多様な働き方が出来ることもヨガインストラクターという職業の特徴です。

ヨガインストラクターになる方法

ヨガインストラクターには、基本的に誰でもなることができます。ヨガインストラクターには、資格取得が義務付けられていないからです。『鍼灸師』や『柔道整復師』のような国家資格を取得せずとも、ヨガインストラクターとして活動でき、ヨガスタジオの開業も自由にすることができます。

また現在はヨガインストラクターの数も増えてきており、インストラクー同士の競争も激化している状況です。そのため約9割のヨガインストラクターが、何らかの資格を取得していると言われています。

ヨガインストラクターの働き方としては、『フットネスクラブやピラティススタジオに就職する』もしくは『自身で独立・開業する』という2つの手段が一般的です。詳しい働き方や仕事内容はこれから解説していきます。

ヨガインストラクターの働き方と仕事内容

ヨガインストラクターの仕事内容と働き方について詳しく解説していきます。一言に『ヨガインストラクター』と表しても、働く環境によって仕事内容は様々。ヨガインストラクターの働き方は、主に以下の3つです。

  • フィットネスクラブやヨガスタジオで働く
  • フリーランスインストラクターとして活動する
  • ヨガスタジオを経営する

順に深堀して解説していきます。

フィットネスクラブやヨガスタジオで働く

フィットネスクラブやヨガスタジオで働くことが、ヨガインストラクターの最も一般的な働き方です。特に最近ではフィットネスブームの影響もあり、多くのフィットネスクラブやヨガスタジオが、ヨガインストラクターの求人を募集しています。

フィットネスクラブやヨガスタジオでは、ヨガインストラクターはレッスンを指導することが主な仕事内容です。会員に対し自身が持つヨガのスキルを活かしてレッスンを指導します。特にフィットネスクラブやヨガスタジオでは、一度に不特定多数の会員に対しレッスンを行うため、初心者にも分かりやすい指導を行うことが大切です。

また最近ではマタニティーヨガやホットヨガなど、様々なヨガスタイルが確立されてきています。その分、働き口も増えてきているのが現状です。ヨガインストラクターの増加と比例してヨガスタジオの数も増えているので、ヨガインストラクターが就職先を見つけることはそう難しいことではありません。

フリーランスインストラクターとして活動する

フリーランスのヨガインストラクターとして活動する働き方です。特定の企業に属することなく、複数のフィットネスクラブやヨガスタジオ、個人顧客と契約を行いヨガレッスンの指導を担当します。フリーランスインストラクターは企業に雇用されていないため、給料制ではなく『完全歩合制』の仕事です。

フリーランスのヨガインストラクターは、自身でジム・スタジオ・個人と契約を結ぶことが必要になるため、ある程度の実績が必要になります。しかし企業に雇用されているヨガインストラクターに比べてレッスンに対する報酬は高く、フリーランスのヨガインストラクターの中には非常に高い年収を稼いでいる人も多いです。

また近年では『Instagram』や『TikTok』などのSNSを通して活動するピラティスインストラクターも増えてきました。特に『Instagram』のライブ配信は人気を博しており、多くのフリーランスヨガインストラクターが実施しているサービスです。SNS上で有名になれれば、企業から声が掛かり広告CMに抜擢されるチャンスもあります。

ヨガスタジオを経営する

自身でヨガスタジオを開業し運営する働き方です。ヨガスタジオは『鍼灸院』や『接骨院』のような治療院と違って、開業に対して国家資格の取得が義務付けられていないため、基本的に誰でも開業することができます。

ヨガインストラクターとしてレッスンの指導を行うだけでなく、スタジオの経営を行うことが必要です。全てが自己責任であり労力も大きいですが、ヨガスタジオの経営が軌道に乗れば年収1000万円を稼ぐことも夢ではありません。実際にヨガスタジオを全国展開し、非常に高い収入を得ている経営者もいます。

また近年では『マタニティーヨガ・産後ヨガ・ホットヨガ』など様々なスタイルが確立され、同時に様々なコンセプトを持ったヨガスタジオが展開されている時代です。一昔前に比べると、スタジオ毎の特徴を出しやすい市場状態にあるので、ヨガスタジオを開業しやすい時代になりました

ヨガインストラクターに向いている人

ヨガインストラクターに向いている人の特徴について解説していきます。ヨガインストラクターに向いている人の特徴は主に下記の3つです。

  • コミュニケーションを取ることが得意な
  • とにかくヨガが好き
  • 健康と美容に興味・関心が高い

順に深堀して解説していきます。

コミュニケーションを取ることが得意

コミュニケーションを取ることが得意な人は、ヨガインストラクターの仕事が非常に向いています。反対にコミュニケーションが苦手で人と接するのが億劫な人は、いくらスキルが高くてもヨガインストラクターとして成功することはできないでしょう。

ヨガインストラクターの仕事は単にレッスンを行い、お客様を指導するだけではありません。コミュニケーションを積極的に取り、心身両面の健康をサポートすることもヨガインストラクターとして重要な務めです。またヨガ初心者はポーズの習得などに時間がかかるため、ヨガインストラクターが積極的に声を掛けてコミュニケーションを取ることが大切になります。

また単にお客様と言葉を交わすだけでなく、表情や声のトーンなどからお客様の健康状態を察知する能力も必要です。特にフィットネスクラブやヨガスタジオでは、一度に不特定多数の人にレッスンを実施するため、広い視野を持ってお客様の心身両面の健康状態を察知するセンスが求められます。高いコミュニケーション能力は、ヨガインストラクターにとって必須のスキルです

とにかくヨガが好き

とにかくヨガが好きであることは、ヨガインストラクターの絶対条件です。ヨガを心から愛しており、より多くの人にヨガの素晴らしさを伝えることがヨガインストラクターの仕事。人一倍、ヨガのことが好きでなければヨガインストラクターの仕事は務まりません

また趣味でヨガを行うことと、ビジネス(仕事)としてヨガに携わることは、全くと言ってよいほど異なります。趣味でヨガをしていた時とは、違う感覚に陥るヨガインストラクターも多いようです。お客様との関係や自身の売上、職場での人間関係など、ヨガレッスン以外のストレスも必ずかかってきます。

ヨガインストラクターに関わらず、好きなことを仕事にすることは決して簡単ではありません。趣味や遊びの感覚でビジネスをすることがは出来ず、楽しいことばかりで無いことも事実です。しかし、とにかくヨガが好きな人ならビジネスとしても成功できるかもしれません。

健康と美容に興味・関心が高い

ヨガインストラクターは、健康と美容に対する興味・関心が人並み以上に高い必要があります。当たり前のことですが、単にビジネスとしてヨガインストラクターをやっていては、お客様から高い信頼を得ることはできません。自分自身が健康と美容に興味・関心を持つことで、お客様の指導に活かすことが出来るのです。

特にヨガスタジオには健康と美容に対する興味・関心が高いお客様が集まってきます。それらの人達に指導を行う立場であるヨガインストラクターは、当然お客様より健康と美容に関しての知識が豊富である必要があるのです。

お客様からのどんな質問にも的確に答えられるヨガインストラクターが、お客様からの信頼を勝ち取ることができます。

ヨガインストラクターに役立つ資格

ここではヨガインストラクターになるために役立つ資格を紹介します。ヨガインストラクターにおすすめの資格は下記の3つです。

  • ヨガアライアンス
  • アイアンガーヨガ認定指導員
  • フォーミー『ヨガインストラクター資格』

順に深堀して解説していきます。

ヨガアライアンス

ヨガアライアンスは、世界約8万人以上が受講する、世界的に高い信頼と評価を得ているヨガ専門資格です。ヨガインストラクターの採用でもヨガアライアンス資格が重視されることもあり、ヨガインストラクターとして第一線で活躍したいなら持っておくべき資格です。

非常に専門性が高く、日本の通信講座とは一線を画す資格になります。資格難易度もヨガ専門資格の中では圧倒的に高いです。国際的なライセンスになるため、取得できれば一流のヨガインストラクターとして認められるでしょう。

趣味でヨガをやる人よりも、職業としてヨガインストラクターになりたい人におすすめの資格です。

ヨガアライアンス

アイアンガーヨガ認定指導員

アイアンガーヨガは、インド出身の『B.K.S.アイアンガー』氏によって構築されたヨガのスタイルです。アイアンガー氏のヨガスタイルを元に「アーサナ」と呼ばれるポーズの正しい習得を重要視しています。

アイアンガーヨガは、肉体と精神のリラクゼーションと、体の歪みを正していくことを目的としたヨガスタイルです。そのため、正しい呼吸と正確な姿勢を守るポーズをゆっくりと行うことが大切とされ、大きな特徴となっています。

ヨガには様々なスタイルがありますが、アイアンヨーガはヨガ業界の中でも権威と歴史あるヨガスタイルです。自身のヨガスタイルを確立したい人におすすめの資格です

アイアンガーヨガ認定指導員

フォーミー『ヨガインストラクター資格』

通信講座であるフォーミーが発行している『ヨガインストラクター資格』です。日本能力開発促進協会認定(JADP)とタイアップした初心者向けのヨガインストラクター講座を開講しています。

フォーミーのヨガインストラクター講座は、スマホを使ったオンライン教材であるため、場所や時間を選ばず勉強を進められることや、他社と比べても受講期間が1ヶ月と短く、短期間での資格取得が可能であることです。

ヨガ資格の中では、決して専門性の高い資格ではありませんが、初心者の方や初めてヨガインストラクター資格の取得にチャレンジしたい人におすすめです。

フォーミー『ヨガインストラクター資格』

ヨガインストラクターはやりがいのある仕事

ヨガインストラクターは非常にやりがいのある仕事です。ヨガを通じてお客様の健康と美容をサポートすることができます。また近年はフィットネスブームの影響もあり、ヨガインストラクターの需要も高まっている時代です。これから益々ヨガインストラクターの価値も高まっていくでしょう。ぜひ今回の記事を参考にヨガインストラクターを目指してみてください。

執筆者:otago
年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード