マタニティーヨガインストラクターになるには?役立つ資格/種類・仕事内容と向いてる人

「マタニティーヨガインストラクターになるにはどうしたらいいの?」
「マタニティーヨガインストラクターになるために必要な資格は?」
「マタニティーヨガインストラクターの仕事内容や働き方を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、マタニティーヨガインストラクターの仕事に関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

マタニティーヨガインストラクターについて知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、マタニティーヨガインストラクターの仕事内容・必要な資格・向いている人の特徴を短時間で学べることをお約束します。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

マタニティーヨガインストラクターの仕事内容

マタニティーヨガインストラクターとは、その名の通り「妊婦を対象としたヨガレッスンを行うインストラクター」です。そもそもマタニティヨガとは、妊婦のために作られたヨガスタイル。ヨガの呼吸法やリラックス法を通して、出産に必要な深い呼吸のし方や柔軟性、さらに脱力のし方を身につける内容になっています。

マタニティーヨガインストラクターは、妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期と各時期にあった生理学・解剖学をしっかり学んだうえで、身体の変化に合わせたヨガクラスを作っていくのが仕事です。妊婦に適したヨガレッスンを行うことで、妊婦の健康をサポートするのがマタニティヨガインストラクターの役目でもあります。

また、お母さんになるための心の変化や、身体の変化に対する不安をヨガ哲学や、呼吸・瞑想を取り入れながら、妊娠期の過ごし方をアドバイスするのもマタニティヨガインストラクターの仕事です。ヨガのスキルはもちろん、妊娠に関する知識も求められます。

マタニティヨガインストラクターになる方法

結論から言うとマタニティヨガインストラクターには、誰でもなることが出来ます。ただ妊娠という経験を通じて指導を行っていくことから、必然的に女性のマタニティヨガインストラクターが多いです。自身が持つ妊娠の経験とヨガの知見を活かして妊婦の健康をサポートする役割を担っています。

マタニティヨガインストラクターになるには、何らかの資格を取得することが優先事項です。無資格のままマタニティヨガインストラクターになることも可能ですが、お客様からの信頼を担保するためにもヨガや健康関連の資格取得は必須と言えるでしょう。実際にほとんどのマタニティヨガインストラクターが何らかの資格を取得しています。

マタニティヨガインストラクターが取得すべき資格の詳細については後ほど解説しますが、『ヨガ資格』や『医療・健康関連資格』を取得するのがおすすめです。ヨガ資格でヨガのスキルを高めると同時に他の医療・健康関連の資格を併せて取得することで、お客様に対して適切な指導ができるようになります。

ヨガインストラクターに向いている人

ヨガインストラクターに向いている人の特徴について解説していきます。ヨガインストラクターに向いている人の特徴は主に下記の3つです。

  • コミュニケーションを取ることが得意な人
  • とにかくヨガが好きで妊娠の経験がある
  • 健康と美容に興味・関心が高い

順に深堀して解説していきます。

コミュニケーションを取ることが得意

コミュニケーションを取ることが得意な人は、マタニティヨガインストラクターの仕事が非常に向いています。反対にコミュニケーションが苦手で人と接するのが億劫な人は、いくらス指導スキルが高くてもマタニティヨガインストラクターとして成功することはできないでしょう。

マタニティヨガインストラクターの仕事は単にレッスンを行い、お客様を指導するだけではありません。妊婦とコミュニケーションを積極的に取り、心身両面の健康をサポートすることもマタニティヨガインストラクターとして重要な務めです。また妊娠の段階によって妊婦は精神的にも不安定になることがあるため、マタニティヨガインストラクターが積極的に声を掛けてコミュニケーションを取ることが大切になります。

また単にお客様と言葉を交わすだけでなく、表情や声のトーンなどからお客様の健康状態を察知する能力も必要です。特にマタニティヨガインストラクターは精神的にも不安定な妊婦の指導を行うため、お客様の心身両面の健康状態を察知するセンスが求められます。高いコミュニケーション能力は、マタニティヨガインストラクターにとって必須のスキルです

とにかくヨガが好きで妊娠の経験がある

とにかくヨガが好きであることは、マタニティヨガインストラクターの絶対条件です。。人一倍、ヨガのことが好きでなければマタニティヨガインストラクターの仕事は務まりません

趣味でヨガを行うことと、ビジネス(仕事)としてヨガに携わることは、全くと言ってよいほど異なります。趣味でヨガをしていた時とは、違う感覚に陥るヨガインストラクターも多いようです。お客様との関係や自身の売上、職場での人間関係など、ヨガレッスン以外のストレスも必ずかかってきます。

また妊娠の経験があることは、マタニティヨガインストラクターにとって絶対的な強みです。自身が持つ妊娠経験を活かして指導ができるため、自然と説得力の高いレッスンを行うことが出来ます。妊婦が抱える不安や苦痛を察知することができるため、お客様の信頼を得ることができるでしょう。

健康と美容に興味・関心が高い

ヨガインストラクターは、健康と美容に対する興味・関心が人並み以上に高い必要があります。当たり前のことですが、単にビジネスとしてヨガインストラクターをやっていては、お客様から高い信頼を得ることはできません。自分自身が健康と美容に興味・関心を持つことで、お客様の指導に活かすことが出来るのです。

特にヨガスタジオには健康と美容に対する興味・関心が高いお客様が集まってきます。それらの人達に指導を行う立場であるヨガインストラクターは、当然お客様より健康と美容に関しての知識が豊富である必要があるのです。

またマタニティヨガに通う人の中には、妊娠期の健康維持だけでなく、美容効果を期待しているお客様も多くいます。妊婦であっても女性としての美しさを高めるためヨガスタジオに通っているので、中途半端なスキルだと信用を損ねてしまうでしょう。日頃から自分自身が健康と美容に精通しておくこともマタニティヨガインストラクターの務めです。

マタニティヨガインストラクターに役立つ資格

ここではマタニティヨガインストラクターに役立つ資格を紹介します。マタニティヨガインストラクターにおすすめの資格は下記の5つです。

  • RPYT85
  • JMFA認定インストラクター
  • ヨガアライアンス
  • 健康運動指導士
  • 管理栄養士

順に深堀して解説していきます。

RPYT85

RPYT(Registered Prenatal Yoga Teacher)は、世界最大のヨガ資格認定団体『全米ヨガアライアンス』のマタニティヨガインストラクターの資格です。RPYTの特徴は妊娠中だけでなく、産前・産後と妊娠〜出産〜産後回復と全てのフェーズの対応を学ぶ必要があります。

妊婦の方に必要な、ヨガに関する細かい知識はもちろん、産前・出産のさまざまな体のケア方法、産後の心身の回復ケアまで細かにカリキュラムがあり、豊富な知識・スキルが得られる資格です。マタニティヨガ資格の中でも高い知名度を誇り、ヨガスキルに加えて、妊婦への心理的サポートをするためのスキルを得られるのも本資格の魅力になります。

ただしRPYT85を取得するためには、同じ『全米ヨガアライアンス』が認定するRYT200を取得していることが必須です。まずはRYT200の取得を目指すことからスタートしましょう。

JMFA認定インストラクター

JMFA認定インストラクターは、『一般社団法人日本マタニティフィットネス協会(JMFA)』が認定するマタニティヨガインストラクター資格です。JMFAは30年以上の歴史をもち、産婦人科医監修の下、妊娠中の健康づくりや産後の育児環境の改善、少子化対策に貢献することを目的とした協会。マタニティフィットネスに関する研究や指導者の育成などを行い、妊娠中の運動が、その後の育児や子どもの成長に関係することを伝えています。

妊娠・出産という女性の体が大きく変化する「マタニティ」を中心とした医師・運動指導専門家が監修した協会独自の運動プログラムを展開しているのが特徴です。本資格では、マタニティフィットネス理論、産科学、フィットネス基礎理論、レッスンビデオ学習等、妊婦の運動指導に必須の知識を学びます。

またJMFAでは、マタニティヨガ以外にも『マタニティビクス』や『マタニティアクア』など妊婦を対象としたフィットネススキルを得ることが可能です。マタニティインストラクターとしてのスキルアップにも繋がる資格になります。

ヨガアライアンス

ヨガアライアンスは、世界約8万人以上が受講する、世界的に高い信頼と評価を得ているヨガ専門資格です。ヨガインストラクターの採用でもヨガアライアンス資格が重視されることもあり、ヨガインストラクターとして第一線で活躍したいなら持っておくべき資格です。

非常に専門性が高く、日本の通信講座とは一線を画す資格になります。資格難易度もヨガ専門資格の中では圧倒的に高いです。国際的なライセンスになるため、取得できれば一流のヨガインストラクターとして認められるでしょう。

趣味でヨガをやる人よりも、職業としてヨガインストラクターになりたい人におすすめの資格です。マタニティヨガに特化した資格ではありませんが、ヨガを基本から忠実に学ぶことが出来ます。初めてヨガ関連資格を取得したい人におすすめの資格です。

健康運動指導士

健康運動指導士は、平成19年に『財団法人健康・体力づくり事業財団』よって新たに設立された日本の民間資格です。同団代によると本資格の目的は「個々人の心身の状態に応じた、安全で効果的な運動を実施するための運動プログラムの作成及び指導を行う者」とされています。正しい運動の知識を身に付け、老若男女問わず、人々の健康づくりをサポートするのが健康運動指導士の役目です。

健康運動指導士は、日本の団体が運営する民間資格です。パーソナルトレーナー資格やアスレティックトレーナー資格のように専門性の高い資格ではありませんが、老若男女問わず運動指導ができるようになることから、日本ではかなり人気の資格になります。現在延べ15,000人以上が本資格を取得しており、様々な場所で活躍しています。フィットネスクラブから福祉施設まで様々な場所で通用する、日本ではトップクラスに人気のある民間資格です。

マタニティヨガインストラクターが健康運動指導士の資格を併せて取得しておくことで、健康管理に関する正しい知識を得ることはできるため、マタニティヨガインストラクターとして心と体の両面から妊婦をサポートすることができるため、信頼関係の構築やコミュニケーションが取りやすくなるでしょう。マタニティヨガインストラクターとしてスキルアップを目指したい人におすすめの資格です。

下記の記事ではさらに詳しく健康運動指導士の資格について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

健康運動指導士は稼げない?年収・給料の現実と稼ぐために知るべきこと

管理栄養士

管理栄養士は、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格です。病気を患っている方や高齢で食事がとりづらくなっている方、健康な方一人ひとりに合わせて専門的な知識と技術を持って栄養指導や栄養管理を行います。管理栄養士の国家資格は、給食センター・病院・スポーツチーム・行政など、様々な現場で活躍できる国家資格です。

また近年では、管理栄養士の資格を活かしてフィットネス業界で働く人も増えています。食事は人にとって健康に直結する重要な要素です。妊婦にとっても食事は重要な要素であり、管理栄養士の資格を所有していれば、妊婦のお客様に対して適切な栄養指導を行うことも出来ます。

管理栄養士は言わずと知れた日本の国家資格。マタニティヨガインストラクターとして活動する際にも管理栄養士の資格を取得しておくことで、大きな信頼を担保することができるでしょう。他マタニティヨガ資格と併せての取得を目指しましょう。

下記の記事ではさらに詳しく管理栄養士の資格を解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

健康運動指導士は稼げない?年収・給料の現実と稼ぐために知るべきこと

マタニティヨガインストラクターはやりがいのある職業

マタニティヨガインストラクターは非常にやりがいのある職業です。マタニティヨガインストラクターはヨガを通じて妊婦の健康を心身両面からサポートする資格。マタニティヨガインストラクターが果たす役割は非常に大きいと言えます。今回の記事を参考にぜひマタニティヨガインストラクターを目指してください。

執筆者:otago
年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード