スポーツリハビリトレーナーになるには?役立つ資格/種類・仕事内容と向いてる人

「スポーツリハビリトレーナーになるにはどうしたらいいの?」
「スポーツリハビリトレーナーになるために必要な資格は?」
「スポーツリハビリトレーナーの仕事内容や働き方を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、スポーツリハビリトレーナーの仕事に関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

スポーツリハビリトレーナーについて知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、スポーツリハビリトレーナーの仕事内容・必要な資格・向いている人の特徴を短時間で学べることをお約束します。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

スポーツリハビリトレーナーの仕事内容

スポーツリハビリトレーナーとは、その名の通り「スポーツ選手に対してリハビリテーションを行う人」のことです。一般的なリハビリトレーナーは病院や治療院で患者に対してリハビリテーションを行う人を指しますが、スポーツリハビリトレーナーは一般的なリハビリトレーナーとは働くフィールドが異なります

スポーツリハビリトレーナーは今非常に需要が高まっている職業です。今、一昔前までの非科学的な治療法ではなく化学的な理論を元にしたリハビリテーションが、現在のスポーツ界では重要視されています。

プロアスリートのみならず、社会人・学生アスリートに対してもスポーツリハビリトレーナーが果たす役割の需要性が増しておる時代です。スポーツリハビリテーションの需要と関心は年々高まってきており、これからさらにスポーツリハビリトレーナーの需要は高まっていくことが予想される職業です。

スポーツリハビリトレーナーになる方法

リハビリトレーナーになるには、フィットネスクラブや病院・治療院で雇用される。もしくはフリーランス又は治療院を開業するという方法があります。いずれにせよスポーツリハビリトレーナーとなるには、リハビリテーションを主とした医療的知見が必要です。

スポーツリハビリトレーナーになるための方法は様々ですが、医療系の専門学校を卒業する人が多いです。専門学校の授業と在学中に取得した専門資格を活かしてフィットネスクラブ・病院・リハビリセンターなどへの就職を果たしています。完全独学でスポーツリハビリトレーナーになることも不可能ではありませんが、多大な労力と時間が必要となるでしょう。

またスポーツリハビリトレーナーになるには、何らかの医療系国家資格の取得が必須です。特に病院やリハビリセンターでスポーツリハビリトレーナーになるには、『理学療法士』や『柔道整復師』などの国家資格を取得しておくことをおすすめします。国家資格がなくてもスポーツリハビリトレーナーになることは可能ですが、病院やリハビリセンターなどで雇用される可能性は低いでしょう。

スポーツリハビリトレーナーの平均年収

スポーツリハビリトレーナーの平均年収は、約300万円と言われています。日本の平均年収は約433万円なので、日本の平均年収と比べると低い額です。アスリートのリハビリテーションをサポートする責任が重い仕事でありながら、平均年収が低いためスポーツリハビリトレーナーの中には、副業として別の仕事をする人もいます。

ただしスポーツリハビリトレーナーの中には、年収800万円〜1,000万円を稼ぐ人もいるのが事実です。自身で治療院を開業したり、プロアスリートと専属契約するなどして、高い年収を得ている人もいます。スポーツリハビリトレーナーだからと言って、全員が高い年収を得ることが出来ない訳ではないです。

スポーツリハビリトレーナーは、年収に差が出やすい職業でもあります。トレーナーとしてのスキルや働く環境によって、稼げる年収も異なるようです。高い年収を得るための具体的な方法については後ほど詳しく解説していきますが、様々な工夫を凝らすことがスポーツリハビリトレーナーとして稼ぐためには必要です。

下記の記事ではさらに詳しくスポーツリハビリトレーナーの年収や稼ぎ方に関して解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

スポーツリハビリトレーナーは稼げない?年収・給料の現実と稼ぐために知るべきこと

スポーツリハビリトレーナーに向いている人

スポーツリハビリトレーナーに向いている人の特徴について解説していきます。スポーツリハビリトレーナーに向いている人の特徴は主に下記の3つです。

  • 健康への興味・関心が強い
  • 人とのコミュニケーションが得意な人
  • スポーツの経験がある人

順に深堀して解説していきます。

健康への興味・関心が強い

スポーツリハビリトレーナーは、健康に対する興味・関心が人並み以上に強い必要があります。当たり前のことですが、単にビジネスとしてスポーツリハビリトレーナーをやっていては、患者から高い信頼を得ることはできません。自分自身が健康に興味・関心を持つことで、患者の指導に活かすことが出来るのです。

特にフィットネスクラブやリハビリセンターには、日々様々な悩みを抱えた患者が通っています。患者一人ひとりによって取るべき治療方法も異なっており、適切な治療を行うためには、豊富な知識と高いスキルが必須です。健康への興味・関心が強ければ、スポーツリハビリトレーナーとしての勉強を励み、常に様々な情報を吸収することで、適切な治療を行うことができるでしょう。

患者からのどんな質問にも的確に答えられ、かつ適切な治療を行えるスポーツリハビリトレーナーが、お客様から信頼を勝ち取ることができます。

人とのコミュニケーションが得意な人

コミュニケーションを取ることが得意な人は、スポーツリハビリトレーナーの仕事が非常に向いています。反対にコミュニケーションが苦手で人と接するのが億劫な人は、いくらスキルが高くてもスポーツリハビリトレーナーとして成功することはできないでしょう。

スポーツリハビリトレーナーの仕事は単にお客様や選手にリハビリテーション施すだけではありません。コミュニケーションを積極的に取り、心身両面の健康をサポートすることもスポーツリハビリトレーナーとしての務めです。普段からコミュニケーションを積極的に取ることができる人は、患者からも信頼を得ることができ、自身の治療院を開業した際にも多くの患者を集客することが出来るでしょう。

また単にお客様と言葉を交わすだけでなく、表情や声のトーンなどからお客様や選手の健康状態を察知する能力も必要です。フィットネスクラブや治療院には老若男女関わらず様々な人が通っていますが、患者一人ひとりの健康状態を察知し適切な指導を行うスキルがスポーツリハビリトレーナーには求められます。

スポーツの経験がある人

自身にスポーツの経験がある人は、スポーツリハビリトレーナーに向いています。自身がスポーツの経験を通して学んだことは、そのままお客様や選手の指導に活かすことができるでしょう。実際にスポーツリハビリトレーナーの多くが、日々スポーツに励んでいる人が多いです。

スポーツリハビリトレーナーにとってスポーツの実践経験は必須です。もちろん教科書で学ぶ知識は必要ですが、そこに自身の経験がなければ患者から本当の信頼を得ることは出来ないでしょう。自分自身がトレーニングを通して学んだ経験が最もお客様から信用される要素となるのです

また必ずしもプロスポーツ選手としての活動歴がなければ、一流のスポーツリハビリトレーナーになれない訳ではありません。大切なことは、自身がスポーツを通して得た経験をいかに治療に活かせるかということです。

スポーツリハビリトレーナーに役立つ資格

スポーツリハビリトレーナーになるために役立つ資格を紹介します。スポーツリハビリトレーナーにおすすめの資格は以下の5つです。

  • 理学療法士
  • 柔道整復師
  • 健康運動実践指導者
  • NSCA-CSCS
  • 日本体育協会公認アスレティックトレーナー

順に深堀して解説していきます。

理学療法士

理学療法士は、日本の医療系の国家資格です。1965年に、『理学療法士および作業療法士法』が施行されたのをきっかけに、翌年1966年に第1回理学療法士国家試験が実施されました。理学療法士は『「Physical Therapist」を略してPTとも呼ばれます。

理学療法士は、けがや病気などで身体に障がいを持つ人に対してリハビリテーションをおこなう医療専門職。理学療法士は医師の指示のもと、運動の指導やマッサージ、電気刺激、温熱などを用いて、座る・立つ・歩くといった日常の基本的動作能力の回復を目的とし、その人が自立した日常生活を送れるようサポートするのが目的です。また対象となるのはすでに身体機能の障がいを抱えた人以外にも、けがや病気の予防、スポーツのトレーニングなどを目的とした健康な人も含まれることから、最近ではフィットネスクラブやスポーツジムでも理学療法士が活躍しています。

国家資格である理学療法士を所有していることで、高い専門性と信頼性を得ることが可能です。実際にスポーツリハビリトレーナーとして第一線で活躍している人の多くが、理学療法士の国家資格を所有しています。スポーツリハビリトレーナーを目指すなら第一に取得したい資格です。

下記の記事ではさらに詳しく理学療法士の資格を解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

理学療法士は取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

柔道整復師

柔道整復師もスポーツリハビリトレーナーにおすすめの資格です。柔道整復師は、厚生労働省が認定する国家資格です。高校卒業後、都道府県知事が指定した専門の養成施設(三年間以上修学)か文部科学省が指定した四年制大学で解剖学、生理学、運動学、病理学、衛生学、公衆衛生学などの基礎系科目と柔道整復理論、柔道整復実技、関係法規、外科学、リハビリテーション学などの臨床系専門科目を履修します。国家試験を受け、合格すると厚生労働大臣免許の柔道整復師となります。昔から『ほねつぎ』『接骨師』として広く知られ、現在でも国家資格に認定されるほど、知名度と信頼度の高い資格です。

柔道整復師は、打撲や捻挫、脱臼、骨折のようなけがの治療をおこなうエキスパートです。医師のように外科や投薬と言った治療はおこなわず、手技やテーピングを施して怪我の治療を行います。一般的な外科治療と違い、薬の処方や手術などは行わないため、柔道整復師になるために医師免許は必要ありません。ただし実際に治療を行う観点では、外科医師などと大きな違いはなく、高い技術と豊富な知識が求められるのも事実です。簡単に取得できる資格ではなく、取得までのプロセスも長く、合格率も他の国家資格に比べて低い傾向にあります。

もちろん国家資格ですので、取得することは決して簡単ではありません。しっかりと時間と労力をかけたうえで、取得を目指しましょう。取得に成功できればお客様から高い信頼を得ることができるはずです。

下記の記事では柔道整復師の資格についてさらに詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

柔道整復師は取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

健康運動実践指導者

健康運動指導士は、平成19年に『財団法人健康・体力づくり事業財団』よって新たに設立された日本の民間資格です。同団代によると本資格の目的は「積極的な健康づくりを目的とした運動を安全かつ効果的に実践指導できる能力を有すると認められる者」とされています。

健康運動実践指導士は、運動を通じて人々の健康をサポートする社会貢献度の高い資格です。フィットネスクラブやスポーツジムはもちろんのこと、本資格の知識・技術を活かして病院や福祉施設で運動指導を行っている人も多くいます。運動機能障害を持った人に対して、運動面からのアプローチを実施し、運動機能の改善をサポートします。高齢化社会により、運動機能障害を抱えている人も多いですが、健康運動指導士はこうした半健常者の悩みを解決する社会貢献度の高い資格です。

健康運動実践指導者の資格では、運動に対する基本的なアプローチを学ぶことが出来ます。スポーツリハビリトレーナーが運動に対する基本的な仕組みを学んでおくことは重要です。リハビリテーションの専門資格ではありませんが、ぜひ取得しておきたい資格の一つになります。

下記の記事では健康運動実践指導者についてさらに詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

健康運動実践指導者は取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

NSCA-CSCS

NSCAとは「National Strength and Conditioning Association」の略で、トレーニングやパフォーマンスアップの分野での研究を実用化させ、「科学者とスポーツ現場指導者との橋渡し」することを使命としている協会です。CSCSとは、Certified Strength and Conditioning Specialist(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)の略称で、「ストレングス&コンディショニング」のプロフェッショナルを認定する資格になります。

NSCA-CSCSが想定する指導対象は主にアスリートです。取得することで、ケガ予防やスポーツのパフォーマンス向上を目的とした 安全に配慮したトレーニングプログラムを計画・実行する知識と技能を得ることができます。そのため一般的な健康維持やフィットネスのための知識よりも、さらに高度で専門的な知識を持っているという証明となります。

またNSCA-CSCSの合格率は 63.4%(2020年)です。本資格は、現在トレーナーとしての経験や養成スクールや専門学校でスキルを取得している人ならば独学でも所得可能なレベルですが、トレーナー経験が全くない人にとっては座学のみでは現場の実技スキルを取得できないため、取得のハードルは高くなってしまいます。しかしスポーツリハビリトレーナーとして第一線で活躍したいならば、ぜひ取得を目指したい資格です。じっくりと勉強を積み重ね取得を目指しましょう。

下記の記事ではNSCA-CSCSについてさらに詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

NSCA-CSCSは取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

日本体育協会公認アスレティックトレーナー

日本体育協会公認アスレティックトレーナー資格は、『JSPO(公益財団法人日本スポーツ協会)』が運営する民間資格です。競技者のスポーツ活動中の外傷・障害予防、コンディショニングやリコンディショニング、安全と健康管理 、医療資格者へ引き継ぐまでの救急対応という4つの役割に関する知識と実践する能力を活用し、 競技者の安全と安心を確保したうえで、パフォーマンスの回復や向上を支援することが目的となります。ボディメイクを中心に指導するスポーツトレーナーと違って、よりメディカル面(コンディショニングや障害予防)での要素が強く、専門性の高い資格だと言えます。

日本体育協会公認アスレティックトレーナー資格は、国内の民間トレーナー資格の中ではトップクラスの人気と信頼性を持つ資格です。パーソナルトレーナー資格や健康指導士の資格を所有しているトレーナーは多いですが、競技者の指導に特化した本資格を所有しているトレーナーは決して多くありません。試験難易度も非常に高く、取得も困難と言われているため、所有していれば、かなりの信頼を得ることができます。

また日本体育協会公認アスレティックトレーナー資格の合格率は10%以下となっており、日本のトレーナー資格の最難関と言われています。そのため綿密な対策と効率的な勉強方法が必須です。取得することは決して簡単ではありませんが、取得に成功すればスポーツリハビリトレーナーとしての仕事を広げ、より高いキャリアを目指す手助けとなるでしょう。

下記の記事ではさらに詳しく日本体育協会公認アスレティックトレーナーの資格について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

日本体育協会公認アスレティックトレーナーは取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

リハビリトレーナーは需要の高い職業

スポーツリハビリトレーナーは非常に需要の高い職業です。スポーツのレベルが日を追う毎に向上している日本では、同時にスポーツリハビリトレーナーが担う役割も大きくなっています。またアメリカなどの海外でもスポーツリハビリトレーナーとして活躍することも可能です。スポーツリハビリトレーナーとして一流を目指すのは険しい道ですが、今回の記事を参考にぜひスポーツリハビリトレーナーを目指してください。

執筆者:otago