スポーツインストラクターになるには?役立つ資格/種類・仕事内容と向いてる人

「スポーツインストラクターになるにはどうしたらいいの?」
「スポーツインストラクターになるために必要な資格は?」
「スポーツインストラクターの仕事内容や働き方を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、スポーツインストラクターの仕事に関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

スポーツインストラクターについて知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、スポーツインストラクターの仕事内容・必要な資格・向いている人の特徴を短時間で学べることをお約束します。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

スポーツインストラクターの仕事内容

スポーツインストラクターは、スポーツの技術指導をする専門職です。スポーツジムやフィットネスクラブでのトレーニング・水泳・ダンス指導などはもちろん、スポーツチームでの運動指導など仕事内容は多岐に渡ります。

スポーツインストラクターと類似する職業に『スポーツトレーナー』がありますが、この2つの仕事は指導内容に違いがあるのであらかじめ理解が必要です。スポーツインストラクターの指導内容は技術面がメインですが、スポーツトレーナーは技術指導のほかにも日々の体調管理やリハビリなど、より広範囲にサポートします。一般的にプロのスポーツチームや実業団と契約して指導する人は『スポーツトレーナー』と呼ばれることが多いです。

スポーツトレーナーは技術面以外の指導を行うため、パフォーマンス・コンディショニング・リハビリテーションなど様々なスキルを体得する必要があります。様々なスキルが求められる専門職ですが、スポーツインストラクターとして高い実績をあげることができれば、より高いキャリアを築くことができるでしょう。

スポーツインストラクターになる方法

結論から言うと、スポーツインストラクターは特別な資格を必要としないため、基本的に誰でもなることが可能です。『鍼灸師』や『柔道整復師』のような医療に直接的関与がある職業ではないため、スポーツインストラクターは国家資格の取得を必要とされていません。

しかし実際にスポーツインストラクターとして働くためには、運動生理学・解剖学・栄養学・ストレッチなど、人体に関わる豊富な専門知識が必要です。そのため、ほとんどのスポーツインストラクターが独学もしくは何らかの資格取得を通して専門的な知識を学んでいます。

また資格取得が義務付けられていないとはいえ、実際にはほとんどのスポーツインストラクターが何らかの資格を取得しています。詳しい資格の内容については後ほど解説しますが、スポーツインストラクターとして一流を志すのであれば資格の取得は必須と言えるでしょう。

スポーツインストラクターの平均年収

スポーツインストラクターの平均年収は、約336万円です日本の平均年収は約433万円ですので、日本の平均年収よりも低い年収となっています。

ただし上記の金額はあくまで『正社員』として働いた場合の年収です。スポーツジムの中には、契約社員やアルバイト、パートタイマーの雇用形態となる所も多く、その場合の平年年収は200万円〜300万円程になります。スポーツジム内でもパーソナルセッションを行いインセンティブなどで稼ぐことも可能ですが、ボーナスなどがないジムだと家族を養っていくにはやや厳しいでしょう。

しかしスポーツインストクターの中にも年収800万円〜1,000万円を稼ぐ人もいます。スポーツインストラクターだからといって高取得者になれない訳ではありません。開業や独立に成功したり、プロスポーツチームとの専属契約が出来れば、高い年収を得ることは十分に可能です。

スポーツインストラクターに向いている人

スポーツインストラクターに向いている人の特徴について解説していきます。スポーツインストラクターに向いている人の特徴は主に下記の3つです。

  • 運動や健康に興味関心がある人
  • 人とのコミュニケーションが得意な人
  • 将来的に独立・開業を目指している人

順に深堀して解説していきます。

運動や健康に興味関心がある人

運動や健康に興味関心がある人は、スポーツインストラクターに向いている人です。スポーツインストラクターは、フィットネスクラブやスポーツチームでスポーツの技術指導をする職業。何より自分自身が運動や健康に興味関心がなければ、スポーツインストラクターの仕事は務まりません。

またスポーツインストラクターはスポーツジムトレーナーと違って、技術指導だけでなくコンディショニングやメンタルのサポートをする役割を担います。常に多方面から知識を吸収しなければ、スポーツインストラクターとして一流になることはできません。運動や健康に興味を抱き、常に新しい情報を収集する姿勢が必要なのです

お客様や選手からどんな質問を受けたとしても、的確に答えられるスポーツインストラクターがお客様からの信頼を勝ち取ることができます。

コミュニケーションを取ることが得意な人

コミュニケーションを取ることが得意な人は、スポーツインストラクターの仕事が非常に向いています。反対にコミュニケーションが苦手で人と接するのが億劫な人は、いくらスキルが高くてもスポーツインストラクターとして成功することはできないでしょう。

スポーツインストラクターの仕事は単にお客様や選手に運動指導をするだけではありません。コミュニケーションを積極的に取り、心身両面の健康をサポートすることもスポーツインストラクターとしての務めです。普段からコミュニケーションを積極的に取ることができる人は、お客様や選手からも信頼を得ることができ、より多くのユーザーを集客することが出来るでしょう。

また単にお客様と言葉を交わすだけでなく、表情や声のトーンなどからお客様や選手の健康状態を察知する能力も必要です。特にスポーツの現場では健康状態を維持することが、選手のパフォーマンスに直結します。普段からコミュニケーションを取り、常にベストな状態を維持するためにサポートすることがスポーツインストラクターの務めです。

将来的に独立・開業を目指している人

将来的に独立・開業を目指している人もスポーツインストラクターに向いています。スポーツインストラクターは一般の方からアスリートに対しスポーツ指導をする仕事。一流の指導スキルを身に付ければ、将来的に独立・開業を目指すことも十分に可能です

実際にスポーツインストラクターとして独立・開業に成功している人も多くいます。特にフリーランスのスポーツインストラクターとして独立する人が多いです。

『日本プロ野球(NPB)』や『日本プロサッカーリーグ(jリーグ)』で活躍する人の多くは、フリーランスとして活動するスポーツインストラクターです。スポーツジムやフィットネスクラブで働くよりも遥かに高い年収を稼げる夢のある仕事です。将来的にこういった舞台で活躍したい人もスポーツインストラクターを目指すべきでしょう。

スポーツインストラクターに役立つ資格

スポーツインストラクターになるために役立つ資格を紹介します。スポーツインストラクターにおすすめの資格は下記の3つです。

  • 日本体育協会公認アスレティックトレーナー
  • JHCA-HCAD
  • 理学療法士

順に深堀して解説していきます。

日本体育協会公認アスレティックトレーナー

日本体育協会公認アスレティックトレーナー資格は、『JSPO(公益財団法人日本スポーツ協会)』が運営する民間資格です。競技者のスポーツ活動中の外傷・障害予防、コンディショニングやリコンディショニング、安全と健康管理 、医療資格者へ引き継ぐまでの救急対応という4つの役割に関する知識と実践する能力を活用し、 競技者の安全と安心を確保したうえで、パフォーマンスの回復や向上を支援することが目的となります。

日本体育協会公認アスレティックトレーナー資格は、日本の民間トレーナー資格の中でもトップクラスの難易度を誇る資格です。その合格率は10%以下と言われており、実際に本資格を取得しているトレーナーの数は限られています。トレーナーとして豊富な知識と高い実践スキルが求められている資格です。

プロスポーツチームやアスリートの指導を行うスポーツインストラクターの多くが本資格を取得しています。本資格はアスリートの指導に特化した資格だけあって、より競技者のパフォーマンス向上に繋がる知識と技術を身に付けることが可能です。取得難易度こそ高いですが、スポーツインストラクターとして本気で活躍したいのならば取得を目指すべきでしょう。

また下記の記事では『日本体育協会公認アスレティックトレーナー』についてさらに詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

日本体育協会公認アスレティックトレーナーは取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

JHCA-HCAD

HCA-HCAD(上級ホリスティックコンディショナー)資格は、『Japan Holistic Conditioning Association(日本ホリスティックコンディショニング協会』が発行する資格です。JHCAが発行する資格には、他に『JHCA-FC資格』と『JHCA-HC資格』がありますが、中でもJHCA-HCADは最上位のトレーナー資格です。JHCA-HC資格よりもさらに専門性が高く、コンディショニングのプロフェッショナル資格となります。

JHCA-HCADは、コンディショニングのスペシャリストである証です。FJC(機能的関節コンディショニング)の基本テクニックを用いた体軸の確保の向上や、FMC (機能的メンタルコンディション)によるメンタル面のコンディショニング、そして FRC (機能的リカバリーコンディショニング) などのアプローチを実践し、様々な観点から選手をサポートするスキルを身に付けることが可能です。

JHCA-HCADは非常に実践力が高い資格ですので、資格取得後はすぐに現場で学んだことを活かすことができるでしょう。資格難易度は高いですが、プロアスリートを指導するスポーツインストラクターを目指すなら取得しておきたい資格です。

また下記の記事では『JHCA-HCAD』についてさらに詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

JHCA-HCADは取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

理学療法士

理学療法士は、日本の医療系の国家資格です。1965年に、『理学療法士および作業療法士法』が施行されたのをきっかけに、翌年1966年に第1回理学療法士国家試験が実施されました。理学療法士は『「Physical Therapist」を略してPTとも呼ばれます。

理学療法士の資格を取得することで、高い専門性を身に付けることが可能です。理学療法士はけがなどで身体に障がいを持つ人に対してリハビリテーションをおこなう医療専門資格。理学療法士の資格を活かすことで、選手が怪我をした際のリハビリテーションをサポートすることができるでしょう。

国家資格ということもあり、取得難易度も高いですが、取得することができればスポーツインストラクターとして高い信頼を築くことができるでしょう。

また下記の記事では『理学療法士』についてさらに詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

理学療法士は取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

スポーツインストラクターは夢のある仕事

スポーツインストラクターは非常に夢のある仕事です。スポーツインストラクターの中には、アスリートやプロスポーツチームを指導し年収1,000万円以上を稼ぐ人もいます。スポーツインストラクターとして成功することは、決して簡単なことではありませんが非常にやりがいと夢のある仕事です。ぜひ今回の記事を参考に”稼げるスポーツトレーナー”を目指してください。

執筆者:otago
年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード