栄養士になるには?役立つ資格/種類・仕事内容と向いてる人

「栄養士になるにはどうしたらいいの?」
「栄養士になるために必要な資格は?」
「栄養士の仕事内容や働き方を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、栄養士の仕事に関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

栄養士について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、栄養士の仕事内容・必要な資格・向いている人の特徴を短時間で学べることをお約束します。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

栄養士の仕事内容

栄養士は、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格です。健康な方一人ひとりに合わせて専門的な知識と技術を持って栄養指導や栄養管理を行います。栄養士になるには、高校卒業後、栄養士養成課程もしくは栄養士養成課程のある養成校(大学、短期大学、専門学校)に入学し、所定の単位を取得して卒業することが必須です。

また栄養士と類似した国家資格に『管理栄養士』がありますが、2つの国家資格には業務範囲や取得方法に違いがあるので注意が必要です。栄養士は主に健康な人へ栄養指導や給食管理をおこなうのに対し、管理栄養士は入院患者や特定保健指導で食生活の改善が必要と判断された人向けの栄養指導病院・介護施設などで特別な配慮が必要な人向けの給食管理もおこないます。

加えて栄養士と管理栄養士では免許の取得方法も異なるのが特徴です。栄養士が養成施設を修了し都道府県知事から免許を受けるのに対し、管理栄養士は栄養士免許を取得したうえで国家試験に合格し、厚生労働大臣から免許を受けます

栄養士の年収について

栄養士の平均年収は約340万円で、月給に換算すると23万円程度になります。日本の平均年収が460万円ほどであることを考えると、栄養士の平均年収は決して高くありません。ただし栄養士の平均年収は、経験年数に比例して少しずつ上がる傾向が見られます。経験年数が1年に満たない新人の場合は年収250年未満ですが、15年以上の経験があると年収は400万円に届きます。

栄養士の年収が比較的低い傾向にある理由は、栄養士の9割が女性であることが一つの要因です。男女差別がある訳ではなく、男性に比べて女性労働者の非正規雇用率が高いことが原因となっています。正社員でない女性栄養士が多いため、比例して栄養士の平均年収も低くなっているようです

ただし近年では栄養士が活躍するフィールドは拡がってきています。SNSやオウンドメディアの発達により、フリーランスとして働く栄養士も多いようです。中には正社員のサラリーマン以上の年収を稼ぐ栄養士もいます。栄養士だからといって高い年収が稼げない訳では決してありません。

栄養士に向いている人

栄養士に向いている人の特徴について解説していきます。栄養士に向いている人の特徴は主に下記の3つです。

  • 将来的に食に関連する仕事をしたい人
  • 食に関する興味・関心が高い人
  • 食に関連する職業に従事している人

順に深堀して解説していきます。

将来的に食に関連する仕事をしたい人

将来的に食に関連する仕事をしたい人は栄養士に向いています。栄養士は主に健康な人へ栄養指導や給食管理をおこなう仕事です食に関する基礎知識はもちろん、健康な人へ提供する献立作成の実践的なスキルも身に付けることが出来ます。

将来的に食に関連する仕事をしたい人は、栄養士の資格を取得しておくことで、様々な企業や団体から重宝される人材になることができるでしょう。国家資格という高い信頼性を得られるため、食品関連企業や給食センターへの就職にもより優位になることは間違いありません。

また栄養士は国家資格であるため、高校卒業後、栄養士養成課程もしくは栄養士養成課程のある養成校(大学、短期大学、専門学校)に入学し、所定の単位を取得して卒業することが必須です。企業へ就職した後に栄養士の資格を取得することは非常に難易度が高いため、就職前に栄養士を目指しておくことが得策になります。

食に関する興味・関心が強い人

食に関する興味・関心が高い人は、栄養士の資格取得に向いている人です。栄養士は国家資格という食に関するスペシャリスト。食や栄養に関する基礎的な知識はもちろんのこと、健常者に対する適切な献立作成をすることも出来ます。

食に関する興味が強い人が、栄養士の資格取得を通して正しい『食』に関する知識を学ぶことで、他社はもちろんのこと、自身や家族にとって適切な献立を作成することができます。インターネットなどで収集する情報より信憑性があり、かつ実践的な知識ですので、今までより食に関する知識も一層深まるでしょう。

また資格取得を通して今まで自分が興味の無かった食に関する知識を吸収することも可能です。食に関する知識のボキャブラリーが増えることも栄養士という国家資格を取得する大きなメリットでしょう。

食に関連する職業に従事している人

食に関連する職業に従事している人も、栄養士に向いている人です。栄養士の資格を取得することで、食に関わる正しい知識を身に付けることが出来ます。食に関連する職業に就いている人なら、覚えておいて損のない知識ばかりです。

また栄養士プランナーの資格を取得しておくことで、自身の信頼性を担保することにも繋がります。例えば食品関連企業の営業マンとして働いているならば、取引先から「食に関する正しい知識を身に付けている人」として信頼を得ることができるでしょう。

ただし栄養士は国家資格であるため、取得難易度も非常に高いのが事実です。高校卒業後、栄養士養成課程もしくは栄養士養成課程のある養成校(大学、短期大学、専門学校)に入学し、所定の単位を取得して卒業することが必須となります。現在企業で働いている人は、一旦求職するか通信制学校に通う必要があるため、取得のハードルはどうしても高くなってしまうのがデメリットです。

栄養士に役立つ資格

栄養士になるために役立つ資格を紹介します。栄養士におすすめの資格は以下の5つです。

  • 栄養士
  • 管理栄養士
  • 公認スポーツ栄養士
  • 栄養実践プランナー
  • 食生活アドバイザー

順に深堀して解説していきます。

栄養士

栄養士とは、個人または集団に対して、栄養バランスの取れた献立の作成や調理方法の助言などを行う専門職です。都道府県が認定する国家資格であり、資格を取得しないと栄養士を名乗ることはできません。栄養士(管理栄養士含む)の就業者数は2015年時点で11.4万人です。また、厚生労働省よると栄養士の免許交付数は毎年約2万ずつ増加しており、2019年には累計約111.5万となりました。

栄養士が担う仕事の一つは保育園〜小中学校の給食にて、子どもたちの成長が促進されるような献立の作成です。栄養士は栄養学に関する知識をもとに、子どもの発育につながるメニューを提案します。また、給食センターや給食設備を整備している教育施設では、調理師と一緒に調理を行うことも多いです。

さらに近年では、保育園・幼稚園、小学校などで、子どもたちに「食」に対して正しい知識を持ってもらうために「食育」の授業が導入されるようになっています。その際、授業内容の企画や実施、現場の先生のサポートを行うのは、栄養士の仕事です。

国家資格ということもあり決して取得が容易い訳ではありませんが、取得することができれば食に関連した様々な企業・団体で働くことが可能です。

管理栄養士

管理栄養士の資格は、『栄養士』の資格よりもさらに専門性の高い資格です。『栄養士』は主に健康な人に対してアドバイスを行うのに対し、管理栄養士は健康な人に加えて、傷病者に対する療養のための栄養指導も行います。『肝臓などの臓器能力が低下した人』や『糖尿病患者』に対する栄養指導など、栄養士に比べ、管理栄養士にはより専門的な知識が必要です。

病院や介護施設などの現場でも、栄養士は全体の献立や調理を行うのに対し、管理栄養士は患者一人ひとり病状に合わせた栄養管理や栄養指導給に加え、給食施設全体の運営管理も含めて対応するのが特徴です。管理栄養士は栄養士に比べて、より専門的な知識が求められる国家資格になります。

栄養士よりもさらに専門性が高く、取得難易度が高いのが管理栄養士の資格です。管理栄養士は国が定める国家資格の中でも『食のエキスパート』を示す資格であり、取得できれば栄養士よりもさらに広いフィールドで活躍することができるでしょう。

下記の記事ではさらに詳しく管理栄養士の資格について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

管理栄養士は取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

公認スポーツ栄養士

公認スポーツ栄養士とは、一流アスリートだけでなく、スポーツに打ち込むジュニア層から生涯スポーツを楽しむシニア層まで、幅広い年代の人々が、ケガを予防しながら健康的にスポーツを続けられるよう、食事面のサポートをするスポーツ栄養学のスペシャリストです。(公社)日本栄養士会と(公財)日本体育協会が共同で運営しています。

公認スポーツ栄養士は、2020年に国庫事業として公式に認められた資格です。食事を通してアスリートや学生スポーツ選手をサポートする役割を担っており、スポーツジム・フィットネスクラブ・プロスポーツチーム・学校など、様々な企業や機関で公認スポーツ栄養士が活躍しています。

栄養士の資格と合わせて取得することで、スポーツ選手の栄養サポートに役立つスキルを身に付けることが可能です。食品関連の企業で働く人はもちろん、栄養学の知見を活かしスポーツ関連の職場で働きたい人にも取得をおすすめしたい資格になります。

下記の記事ではさらに詳しく公認スポーツ栄養士の資格について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

公認スポーツ栄養士は稼げない?年収・給料の現実と稼ぐために知るべきこと

食育実践プランナー

食育実践プランナーとは、幅広いシーンで健全な食生活を実践し、食育の大切さを伝えるスペシャリストです。『一般社団法人日本味育協会』が発行している民間資格で、食育に関する知識と調理の実践力、指導力を証明するものになります。本資格では、子どもや年配者にとって食べやすい調理の工夫や食事・配膳のマナー、野菜・魚・肉の旬素材やおいしい食材の選び方などを学ぶことが可能です。

また食育実践プランナーの仕事内容や活躍できる職場は多岐に渡ります。『食品メーカーの商品開発部門・飲食店でのメニュー作成・料理教室での指導』など食育実践プランナーの資格が活かせるフィールドは様々です。食の知識が求められる業界はたくさんあるため、就職・転職活動の際にはこの資格がアピールポイントの1つになります。

栄養士の国家資格に比べると資格取得の難易度事態も低いため、栄養士資格取得前に取得するのがおすすめです。通信講座での取得ができるので、完全独学かつ自宅で取得可能なので日中は忙しいサラリーマンや主婦でも気軽に資格取得にチャレンジできるでしょう。

食生活アドバイザー

食生活アドバイザーは、社団法人FLAネットワーク協会が実施する『食生活アドバイザー検定試験』に合格することで取得できる民間資格です。同協会によると食生活アドバイザーの資格目的は、「広い視野に立って食生活をトータルにとらえ、健康な生活を送るための提案ができる”食生活全般のスペシャリスト”」とされています。その名の通り、“食事”に特化したスペシャリストを養成するのが本資格の目的です。

食生活アドバイザーの資格を取得することで、仕事領域のみならず、プライベートでも役立つスキルを得ることが可能です。例えば、食材選びによる『食費』は家庭経済に大きな影響を与えます。食生活アドバイザーの資格を取得することで、的確な食材選びが可能になり、余計な食費への出費を防ぐことが可能です。また『食』が子供の成長に与える影響は計り知れません。食生活アドバイザーの資格を取得することで、食事に対する基本的な知識を身に付けることができ、子供の発育に繋がる食事をアプローチすることができます。

食生活アドバイザーの資格では栄養士の取得時では学べないスキルを高めることができます。下記の記事でさらに詳しく食生活アドバイザーの資格について解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

食生活アドバイザーは取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

栄養士は専門性の高い職業

栄養士は非常に専門性の高い職業です。栄養士は国が認める国家資格であり、『食のスペシャリスト』であることを証明します。栄養士の数も年々増えてきており、これから益々栄養士の需要も高まっていくでしょう。栄養士の資格取得は決して簡単ではありませんが、取得できれば様々な企業や団体で活躍できる人材になることが出来ます。ぜひ今回の記事を参考に栄養士を目指してください。

執筆者:otago
年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード