食生活アドバイザーは取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

「食生活アドバイザーの資格は取得すべき?」
「食生活アドバイザーはどうやったら取得できる?」
「食生活アドバイザーを取ったらどうなるの?」

上記でお悩みの方向けに、食生活アドバイザーの取得方法や勉強方法・仕事内容についてまとめさせていただきました。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

食生活アドバイザーの特徴とは?

結論、食生活アドバイザーは、『食事』に詳しい人材になりたい人におすすめの資格です。

民間資格で誰でも取得できる

食生活アドバイザーは、社団法人FLAネットワーク協会が実施する『食生活アドバイザー検定試験』に合格することで取得できる民間資格です。同協会によると食生活アドバイザーの資格目的は、「広い視野に立って食生活をトータルにとらえ、健康な生活を送るための提案ができる”食生活全般のスペシャリスト”」とされています。その名の通り、“食事”に特化したスペシャリストを養成するのが本資格の目的です。また『栄養士』や『管理栄養士』のように国家資格ではないので、養成校の卒業資格や実務経験がなくても受験することができます。実際に現在社会人として働いている人や主婦も取得している民間資格です。

時代にマッチした資格

食生活アドバイザーは、時代にマッチした資格です。近年では、流通技術、食品加工技術の革新、サービス形態が変化し、食生活においてさまざまな問題が起きています。その代表例が『メタボリックシンドローム』などの生活習慣病です。2005年より国民の健康と、豊かな人間性を育むため、食育の推進を課題とし、現在及び将来にわたる、健康で文化的な国民の生活と、豊かで活力ある社会の実現に寄与することを目的として『食育基本法』という新たな法律が作られました。欧米諸国の影響を強く受け、日本では和食中心とした食文化から洋食文化が次第に広まったことにより、一昔前では見られなかった『食』に関係する問題が多発してきているのが現状です。食生活アドバイザーは今の日本が抱える問題を解決する、時代にマッチした資格でもあります。

プライベートで役立つ資格

食生活アドバイザーの資格を取得することで、仕事領域のみならず、プライベートでも役立つスキルを得ることが可能です。例えば、食材選びによる『食費』は家庭経済に大きな影響を与えます。食生活アドバイザーの資格を取得することで、的確な食材選びが可能になり、余計な食費への出費を防ぐことが可能です。また『食』が子供の成長に与える影響は計り知れません。食生活アドバイザーの資格を取得することで、食事に対する基本的な知識を身に付けることができ、子供の発育に繋がる食事をアプローチすることができます。

食生活アドバイザーを所有するメリット

食についてのスペシャリストになれる

食生活アドバイザーを所有する最大のメリットは、『食についてのスペシャリスト』になれることです。食生活アドバイザーの資格では、食事をすることによって、どのような栄養素を摂取でき、その栄養素は体の中でどのような働きをするのか、病気と食べ物の関係性などを学ぶことができます。食事の原理を学び、その原理に基づいて食事管理をできるようになるのが、食生活アドバイザーです。アスリートや傷病者はもちろん、健常者であっても食生活は健康に欠かせない要素。食事に関しての原理原則を学び、食事のスペシャリストになれることが本資格を所有する最大のメリットです。

様々なフィールドで活躍できるようになる

食生活アドバイザーの資格を取得することで、様々なフィールドで活躍できる人材になれることも、本資格を所有するメリットです。食生活アドバイザーの知識が活きるフィールドは、『フィットネスクラブ・スポーツジム・スーパマーケット・デパート・飲食店・医療施設・介護施設・学校』など多岐に渡ります。食事が関わる要素のある現場でなら、様々なフィールドで活躍できる人材になれるでしょう。また前述したように食生活アドバイザーの資格は、民間資格であり、特別な条件を満たさなくても取得することが可能です。現在フィットネスクラブなどで在職中の方でも、働きながら取得することができます。

自分の健康管理にも活かせる

食生活アドバイザーの資格所有が役立つのは、決して仕事の現場だけではありません。日常の食生活管理にも本資格で学んだスキルを役立てることが可能です。食生活アドバイザーは日常の食生活に繋がる知識を学ぶことができます。そのため学んだ知識を即自宅でも実践することが可能です。学んだ知識を自分自身で実践することで、他者の食生活を指導する際にも役立てることができるでしょう。また主婦の方なら、家族に作る食事でも本資格の知識が役立ちます。子供や旦那の食生活を高いレベルで管理できるようになるのも、食生活アドバイザーの資格を所有する大きなメリットです。

食生活アドバイザーを取った方が良い人・おすすめな人

フィットネスクラブやスポーツジムで働いている人

現在、フィットネスクラブやスポーツジムで働いている人は、食生活アドバイザーの資格取得がおすすめです。フィットネスクラブやスポーツジムでは、ボディメイクなど身体に関する指導を行いますが、この際に食生活アドバイザーの資格取得で学んだ知識が役立ちます。例えば、ダイエット指導をする際は、トレーニングなどでの運動はもちろんですが、食事指導も欠かせない要素です。「ダイエットは8割が食生活に起因する」と言われているほど、ダイエットと食事は切り離せません。トレーナーとしてユーザー(お客様)のボディメイクを成功させるうえで、本資格で学んだ知識を確実に活かすことができるでしょう。

飲食店やスーパーマーケットで働いている人

飲食店やスーパーなど『食』に関わる職場で働いている人も、食生活アドバイザーの資格取得がおすすめです。食生活アドバイザーの資格取得では、こうした食に関連するフィールドで働く際の知識を得ることができます。飲食店では、メニューやレシピ、衛生管理や店舗運営の助言。スーパーマーケットやデパートでは、お客様への食材説明や美味しく食べてもらうための提案、健康アドバイスをします。それぞれのフィールドに合った知識を学ぶことができるので、実際に食生活アドバイザーの資格で学んだことを、そのまま現場で活かすことが可能です。

病院や介護施設で働いている人

病院や介護施設で働いている人も、食生活アドバイザーの資格取得がおすすめです。病院や介護施設での献立作成は、栄養士や管理栄養士が行う場合が多いはず。そのため食生活アドバイザーの資格だけで病院や介護施設での献立作成そのものに関わるのはほぼ不可能です。しかし食生活アドバイザーの資格では、食や栄養に関する基本的な知識を学ぶことができます。そのため栄養士や管理栄養士と円滑なコミュニケーションを取り、仕事の効率や練度を高めていくことに繋がるはずです。

食生活アドバイザー資格の受験要項と勉強方法

食生活アドバイザーの資格は『3級』と『2級』の2つがあります。合格率は3級が65%、2級が40%です。3級の合格率は民間資格の中では平均的ですが、2級になるとかなり合格率は低くなります。ただし国家資格と違い特別な受験条件もないので、不合格となったとしても、再度受験することが可能です。

食生活アドバイザー資格の受験要項

食生活アドバイザー資格の受験要項は以下の通りです。

【受験資格】

食生活アドバイザーの資格を受験するために、特別な資格や条件はありません。食生活に興味がある人ならば、年齢や経験にかかわらず、誰でも受験可能です。

【試験日】

毎年2回(7月の第2日曜日、11月の第4日曜日)

【受験料】

3級:5,000円
2級:7,500円
3級・2級併願:12,500円

【申込方法】

食生活アドバイザー検定事務局のホームページから、願書請求期間内に願書を請求。受験料の振り込み後、受験票が発送されます。

【試験科目】

食生活アドバイザー資格の試験科目は以下の6つです。

・栄養と健康(栄養・病気予防・ダイエット・運動・休養など)
・食文化と食習慣(行事食・旬・マナー・配膳・調理・献立など)
・食品学(生鮮食品・加工食品・食品表示・食品添加物など)
・衛生管理(食中毒・食品衛生・予防・食品化学・安全性など)
・食マーケット(流通・外食・中食・メニューメイキング・食品販売など)
・社会生活(消費経済・生活環境・消費者問題・IT社会・関連法規など)

試験時間は、3級・2級ともに90分になります。

食生活アドバイザーの勉強方法

食生活アドバイザーの資格取得には、特別な受験条件がないので独学で取得することが可能です。テキストや過去問を中心に勉強していくのがおすすめになります。合格に必要な時間は2ヶ月〜3ヶ月と言われており、民間資格の中でも難易度が低いのが特徴です。現在在職中の人でも、平日のプライベート時間や休日を使って勉強すれば、十分独学で取得することができます。

食生活アドバイザーは食のスペシャリストになれる民間資格

食生活アドバイザーは、食のスペシャリストになれる民間資格です。また『栄養士』や『管理栄養士』のように特別な受験資格も必要ないので、社会人として働きながら独学で取得することも十分できます。フィットネスクラブやスポーツジムはもちろん、スーパーマーケット・飲食店など食に関わる職場で働いている人は、ぜひ食生活アドバイザーの資格取得にチャレンジしてみてください。

執筆者:otago
読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。
まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む