メンタルトレーナーになるには?役立つ資格/種類・仕事内容と向いてる人

「メンタルトレーナーになるにはどうしたらいいの?」
「メンタルトレーナーになるために必要な資格は?」
「メンタルトレーナーの仕事内容や働き方を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、メンタルトレーナーの仕事に関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

メンタルトレーナーについて知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、メンタルトレーナーの仕事内容・必要な資格・向いている人の特徴を短時間で学べることをお約束します。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

メンタルトレーナーの仕事内容

メンタルトレーナーとは、「ポジティブシンキングや集中力の向上など、心理的なトレーニングを行う職業」です。メンタルトレーナーはアスリートのみならず、ビジネスや教育の場面でも活躍することができ、心理的なトレーニングを行うことで、パフォーマンスの向上をサポートします。

メンタルトレーナーは近年注目を浴びている職業です。まだまだ認知度は高いとは言えませんが、スポーツ業界を中心にメンタルトレーナーの役割が重要視されています。アスリートのパフォーマンスには心理的部分が与える影響が強いからです。メンタルトレーナーが心理的サポートをすることによって、より高いパフォーマンスを発揮できる精神状態を作りあげます

フィットネストレーナーやアスレティックトレーナーと違って、心理的なサポートをすることがメンタルトレーナーの仕事。これから日本でも関心が高くなっていくことが予想される職業です。

メンタルトレーナーになる方法

メンタルトレーナーには基本的に誰でもなることができます。身体に直接的な治療を行うわけではないので、理学療法士や鍼灸師などのように国家資格の取得は義務付けられていないのがメンタルトレーナーという職業です。

ただし実際にメンタルトレーナーとして働いている人のほとんどが何らかの資格を取得しています。詳しい資格の詳細については後ほど解説しますが、メンタルトレーナーとしてのスキルを獲得するにはもちろん、患者からの信頼を得るためにも資格の取得は必須と言えます。大学や短大などで心理学関連の資格を取得することもできますし、最近では学校に通わずとも資格できる心理学関連資格も発行されています。

またメンタルトレーナーとして活動するためには、「メンタルトレーナーを募集している企業や団体に雇用される」もしくは「メンタルクリニックなどを独立・開業する」という方法が一般的です。いずれにせよ心理学的知見は必要ですので、まずは資格取得などを通じてメンタルトレーナーのスキルを獲得することが必須になります。

メンタルトレーナーの平均年収

メンタルトレーナーの平均年収は約300万円〜500万円となっています。平均年収といっても非常に給与差が大きいことが特徴です。メンタルトレーナーは仕事内容によって得られる報酬が大きく異なるため、給与差も比例して大きくなります。

メンタルトレーナーは近年注目を集めている職業ではありますが、日本ではまだ知名度のあまり高くない職業です。現在メンタルトレーナーとして活動している人自体も少なく、平均年収にもバラつきがあります。

またアメリカのメンタルトレーナーの平均年収は約800万円です。日本に比べると非常に平均年収が高く、既にメンタルトレーナーとの需要が高いことを表しています。これから日本のメンタルトレーナーの年収が高くなっていくことは予想されますが、現在の日本では高い年収を稼ぐことは難しいのが現状です。

また下記の記事ではさらに詳しくメンタルトレーナーの年収・稼ぎ方について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

メンタルトレーナーは稼げない?年収・給料の現実と稼ぐために知るべきこと

メンタルトレーナーに向いている人

メンタルトレーナーに向いている人の特徴について解説していきます。メンタルトレーナーに向いている人の特徴は主に下記の3つです。

  • 人とのコミュニケーションが得意な人
  • 専門性の高い職業に就きたい人
  • 将来的に独立・開業をしたい人

順に深堀して解説していきます。

人とのコミュニケーションが得意な人

コミュニケーションを取ることが得意な人は、メンタルトレーナーの仕事が非常に向いています。反対にコミュニケーションが苦手で人と接するのが億劫な人は、いくら心理学的知識が豊富でもメンタルトレーナーとして成功することはできないでしょう。

メンタルトレーナーの仕事は、一般の人やアスリートとのコミュニケーションを通じて心理的知見を活かし、心理的ケアを行うことです。普段からコミュニケーションを積極的に取ることができる人は、患者からも信頼を得ることができ、今後自身で独立・開業した際にも多くの患者を集客することが出来るでしょう。

また単に患者と言葉を交わすだけでなく、表情や声のトーンなどからお客様の心理的状態を察知する能力も必要です。メンタルトレーナーは様々な人と関わりを持ちますが、お客様一人ひとりの健康状態を察知し適切な治療を行うスキルがメンタルトレーナーには求められます。

専門性の高い職業に就きたい人

専門性の高い職業に従事したい人は、メンタルトレーナーの仕事が向いている人です。心理学的知見を獲得することで、自身に高い専門性を身に付けることができます。メンタルトレーナーは、治療を通してお客様の心をケアする『心理学的スペシャリスト』。メンタルトレーナーになれば、非常に高い専門性を得られることは間違いありません。

特に日本ではアスリートを含め多くの人が、心に何かしらの不安要素をもっている人が多いです。生真面目で謙虚な気質のある日本人は、心理的ストレスを抱える割合が外国人に比べて高いとも言われています。メンタルトレーナーが日本において重宝される存在であることは間違いありません。メンタルトレーナーとしての専門性が身に付けば、様々なフィールドで活躍できる人材になれるでしょう。

また最近では中国やアメリカなどの先進国を中心に、心理的ストレスが拡大しているとも言われています。実際にアメリカで活躍する日本人メンタルトレーナーも多いです。自分自身の専門性を高め、日本のみならず海外での活動を視野に入れている人にもメンタルトレーナーの職業はおすすめできます。

将来的に独立をしたい人

将来的に独立をしたい人もメンタルトレーナーに向いているでしょう。実際にメンタルトレーナーとして高い年収を得ている人のほとんどが、独立しフリーランストレーナーとして活動しています。

残念ながら日本ではメンタルトレーナーの仕事はまだ確立されておらず、企業の一般募集として求人が上がることはほとんどがありません。メンタルトレーナーとして高い年収を稼ぐためだけでなく、仕事を得るためにはフリーランスとして独立することが求められるのです。

独立して働くということは、サラリーマンのように安定して給与を得ることは出来ません。非常に不安定で、全て自己責任の上で活動することになります。しかしメンタルトレーナーとして第一線で活躍することが出来るようになれば、年収1,000万円以上を稼ぐことも夢ではないでしょう。

メンタルトレーナーに役立つ資格

メンタルトレーナーになるために役立つ資格を紹介します。メンタルトレーナーにおすすめの資格は以下の3つです。

  • メンタルトレーニング検定
  • スポーツメンタルトレーナー
  • メンタルトレーニングスペシャリスト

順に深堀して解説していきます。

メンタルトレーニング検定

メンタルトレーニング検定は『一般社団法人 日本メンタルトレーナー協会』が発行する資格です。メンタルトレーニング検定は、パフォーマンス向上、目標達成など、結果を出すための様々な知識やスキル、プログラムについて、どの程度学び、幅の広さを持っているかを知るための検定です。行動科学、脳科学、心理学、生理学、運動、栄養等の分野で実証されてきたことを、日常の習慣の中に具体的に取り入れていくことにより、より豊かな人生を送れたり、困難な状況でも力を発揮する心理的テクニックを手に入れることができます。

メンタルトレーナー検定を運営する日本メンタルトレーナー協会では、トレーナーがまずクライアントや選手の話をしっかり聴くことからメンタルトレーニングが始まるととらえています。すなわち、メンタルトレーナーの大切な要素の1つとして、「話を聴く力」を重視しているのです。2つめの大切な要素は、「実践力」。相手に対して結果を出すサポートを、スーパーバイザーによる指導を受けながらどれだけ行ったかを重視。3つめは守秘義務、相手や周囲に対する敬意、相手と健全な関係性を築くことなど、メンタルトレーナーとしての人間性も含めた「高い倫理観と敬意」を重視しています。

またメンタルトレーニング検定は、『日本メンタルトレーナー協会認定2級カリキュラム』と『日本メンタルトレーナー協会認定1級カリキュラム』の二つで構成されており、1級の方が難易度が高いです。まずは2級カリキュラムの取得を目指しましょう。

スポーツメンタルトレーナー

スポーツメンタルトレーナーは『一般財団法人 日本能力開発推進協会』が発行するメンタルトレーナーに特化した資格です。スポーツメンタルトレーナーを取得すると、スポーツをする子供たち・選手たちに対して、メンタル面で力になることができます。

スポーツの現場においては、肉体的・技術的なトレーニングだけではなく、メンタル面でのトレーニングも行うのが最早当たり前です。特に有名なアスリートや強いクラブチームには専属のメンタルトレーナーをつけて本番で実力を発揮できるよう、日頃からメンタルトレーニングを行っています。スポーツメンタルトレーナーの資格では、心理学に基づいて、選手の精神状態の理解、スポーツをする子供たちへの接し方、正しい声掛けの方法、共感・励ましの仕方、課題の分析などを学ぶことが可能です。

また、本資格を取得する上で必要なスポーツメンタルトレーナー資格取得講座は、オリンピックメダリストのメンタルトレーナーを務めた人物が監修している点も魅力になります。メンタルトレーナーとしての基本的なスキルはもちろん、スポーツの現場でメンタルトレーナーとして活動したい人には尚おすすめです。

メンタルトレーニングスペシャリスト

メンタルトレーニングスペシャリストは『一般財団法人 日本能力教育促進協会(JAFA)』が発行するメンタルトレーナーのための資格です。メンタルトレーニングスペシャリスト資格では、心理的スキルを使い、緊張や不安からくる精神面を自分自身でコントロールできるようにサポートし、目標を達成へと導く「心を鍛える」専門家を目指す資格です。

メンタルトレーニングスペシャリストは緊張・不安などに由来する精神面の課題を自分で乗り越え、目標を達成できるようにクライアントのサポートをする資格です。メンタルトレーニングに必要な『自己分析・目標設定・セルフコントロール・イメージトレーニング・リラックス法の5分野について学び、メンタルトレーニングの専門的知識を習得します。メンタルトレーニングに関する総合的な知識が身に付くため、自分自身のメンタルコントロールが可能となる他、どのような人に対してもメンタルトレーニングのサポートができるようになるでしょう。

またメンタルトレーニングスペシャリスト資格は、通信講座『formie』の資格講座を受講することで取得が可能です。formieは、スマホやパソコンがあればどこでも学習でき、忙しい方でも学びやすいサービス。通学通勤や休憩時間といったスキマ時間に勉強を進めることができるので、無理なく学習が続けられます。これから始めてメンタルトレーナーとしての資格取得を目指す人にもおすすめです。

メンタルトレーナーは夢のある仕事

日本やアメリカなどの先進国を中心に、メンタルトレーナーは近年注目を集めている職業です。日本でもこれからメンタルトレーナーの仕事は益々確立されていくでしょう。現在はメンタルトレーナーの平均年収は格差が大きいですが、第一線で活躍できれば非常に高い年収を得ることが出来る夢のある仕事です。ぜひ今回の内容を参考にメンタルトレーナーを目指してください。

執筆者:otago