スポーツジムトレーナーになるには?役立つ資格/種類・仕事内容と向いてる人

「スポーツジムトレーナーになるにはどうしたらいいの?」
「スポーツジムトレーナーになるために必要な資格は?」
「スポーツジムトレーナーの仕事内容や働き方を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、スポーツジムトレーナーの仕事に関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

スポーツジムトレーナーについて知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、スポーツジムトレーナーの仕事内容・必要な資格・向いている人の特徴を短時間で学べることをお約束します。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

スポーツジムトレーナーの仕事内容

スポーツジムトレーナーとは、フィットネスクラブやスポーツジムでお客様のトレーニング・運動指導を行うトレーナーのことです。スポーツジムトレーナーの仕事は非常に幅広く、レジスタンストレーニング指導やスタジオレッスン、ひいては施設管理までスポーツジムトレーナーが一貫して仕事を受け持ちます。

近年では、フィットネスブームによる人々の健康意識の高まり受け、スポーツジムトレーナーの需要が増している時代です。スポーツジムやフィットネスクラブの数も年々増え続けており、都心部では複数のスポーツジムが立ち並ぶ地域もあります。スポーツジムやフィットネスクラブの数が増えていることもあり、スポーツジムトレーナーを目指す人も一昔前より急増しているのが現状です。

また最近ではスポーツジムトレーナーに求められるスキルが高まりつつあります。単にスポーツジムやフィットネスクラブで管理・監視を行うだけでなく、より専門性の高い指導をするスポーツジムトレーナーが重宝される時代です。中にはスポーツジムやフィットネスクラブ内でパーソナルセッションを行うトレーナーもいます。スポーツジムトレーナーに求められる能力は年々高まっているのです。

スポーツジムトレーナーになる方法

結論から言うと、スポーツジムトレーナーは特別な資格を必要としないため、基本的に誰でもなることが可能です。『鍼灸師』や『柔道整復師』のような医療に直接的関与がある職業ではないため、スポーツジムトレーナーは国家資格の取得を必要とされていません。

しかし実際にスポーツジムトレーナーとして活躍するためには、運動生理学・解剖学・栄養学など身体に関わる豊富な専門知識が必要です。そのため、ほとんどのスポーツジムトレーナーが何らかの資格取得を通して専門的な知識を学んでいます。

また資格取得が義務付けられていないとはいえ、実際にはほとんどのスポーツジムトレーナーが何らかの資格を取得しています。詳しい資格の内容については後ほど解説しますが、スポーツジムトレーナーとして一流を志すのであれば資格の取得は必須と言えるでしょう。

スポーツジムトレーナーの平均年収

スポーツジムトレーナーの平均年収は約350万円と言われています。月給換算で約30万円ほどです。日本の平均年収が約430万円なので、スポーツジムトレーナーの平均年収は決して高い方ではありません。

スポーツジムトレーナーの平均年収が低い傾向にある理由の一つは、非正規雇用で働くトレーナーが多いことが要因です。正社員として働くスポーツジムトレーナーもいますが、一部のトレーナーは学生アルバイトやパートタイマーとしてスポーツジムトレーナーの仕事をしています。そのためスポーツジムトレーナー全体の平均年収が低くなっているようです。

ただしスポーツジムトレーナーだからといって、決して高い年収が稼げない訳ではありません。スポーツジムやフィットネスクラブにて店長やマネージャーなどの管理職につくことで、高い年収を稼ぐことは十分に可能です。またスポーツジムトレーナーの中には、スポーツジムやフィットネスクラブ内でパーソナルセッションを行うトレーナーもいます。セッション料金の一部がインセンティブとして給料に反映されるので、年収を高くすることができるでしょう。

下記の記事ではスポーツジムトレーナーの年収や稼ぎ方についてさらに詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

スポーツジムトレーナーは稼げない?年収・給料の現実と稼ぐために知るべきこと

スポーツジムトレーナーに向いている人

スポーツジムトレーナーに向いている人の特徴について解説していきます。スポーツジムトレーナーに向いている人の特徴は主に下記の3つです。

  • 筋トレや運動が好きな人
  • フィットネス業界で働きたい人
  • 人々の健康をサポートしたい人

順に深堀して解説していきます。

筋トレや運動が好きな人

筋トレや運動が好きな人は、スポーツジムトレーナーに向いている人です。スポーツジムトレーナーはボディメイクや健康関連で悩む人をサポートする仕事。まず大前提として自分自身が筋トレや運動が好きであることが大切です。

実際にスポーツジムトレーナーとして現在活躍している人のほとんどが、ボディメイク選手やアスリートであることが珍しくありません。筋トレや運動が好きで普段から取り組んでいるからこそ、それがそのまま自身の経験値となります。好きなことで得た経験は忘れることもないので、そのままお客様の指導に活かすことができるでしょう。

またスポーツジムトレーナーは運動生理学・解剖学・栄養学・プログラム作成能力など幅広く豊富な知識が必要な仕事です。好きなことだからこそ、地道な勉強にも耐えることが出来ます。好きなことを学ぶので、勉強も苦になりにくいでしょう。

フィットネス業界で働きたい人

フィットネス業界で働くことを志す人にも、スポーツジムトレーナーという仕事は非常に向いています。前述した通り、スポーツジムトレーナーの需要は、フィットネスブームの影響を受けて年々高まっている状態です。これからフィットネス業界で働きたい人には、非常におすすめできる職業となります。

またスポーツジムやフィットネスクラブでスポーツジムトレーナーとして働くことで、様々なスキルを養うことが可能です。トレーナーとしての指導力はもちろんですが、店長やマネージャーなどの経験を積むことで『マネジメント能力』を得ることができるでしょう。様々なスキルを得ることで、フィットネス業界に属するどの企業でも活躍できる人材になることができます。

スポーツジムトレーナーを募集しているスポーツジムやフィットネスクラブは年々増えてきているのが現状です。一昔前に比べてスポーツジムトレーナーが働く環境が整いつつある時代ですので、これからフィットネス業界で働くことを志しているのならば、スポーツジムトレーナーという選択肢を持っておくべきでしょう。

人々の健康をサポートしたい人

人々の健康をサポートしたい人もスポーツジムトレーナーの職業は向いています。スポーツジムトレーナーの最たる役目は「人々の健康をサポートし、より充実した生活を送ってもらうこと」です。お客様の健康をサポートするという志がなければ、スポーツジムトレーナーの仕事は務まりません。

またスポーツジムやフィットネスクラブには、様々な目標や悩みを持つ人が通っています。お客様によって目標や悩みは様々であり、お客様一人ひとりに合った指導をすることが大切です。ボディメイク指導だけでなく、時には『腰痛』や『肩こり』などの悩みを抱えるお客様も指導しなければなりません。

スポーツジムトレーナーとして一流になるためには、どんな目標や悩みも解決できる人材になることが大切。あらゆるタイプの健康指導が可能な人材になることができれば、スポーツジムトレーナーとしてお客様から高い信頼を得ることができるでしょう。

スポーツジムトレーナーに役立つ資格

スポーツジムトレーナーになるために役立つ資格を紹介します。スポーツジムトレーナーにおすすめの資格は以下の5つです。

  • NSCA-CPT
  • スポーツプログラマー
  • ダイエット検定
  • 健康運動指導士
  • 日本体育協会公認アスレティックトレーナー

順に深堀して解説していきます。

NSCA-CPT

NSCA-CPTはスポーツジムトレーナーを含むフィットネス業界でトレーナーとして活躍したい人は取得すべき資格です。NSCAとは「National Strength and Conditioning Association」の略で、トレーニングやパフォーマンスアップの分野での研究を実用化させ、「科学者とスポーツ現場指導者との橋渡し」することを使命としています。NACA-CPTは、科学的な知識を基に、男女問わず様々な年齢層の人に対して生きていく上でなくてはならない運動や健康に関する知識を提供するといった、トレーニングやフィットネスに関する専門的知識や技術を持っている人であると認定する資格です。

NSCA-CPTでは、身体を動かすために必要な体力のサポートと、人間になくてはならない健康に関する知識をお客様に伝え、トレーニングやフィットネスに関する専門的なスキルや知識を持っている人を認定する資格です。スポーツジムトレーナーになるために資格は必須ではありませんが、取得することで確実にキャリアアップにつながるでしょう。

またNSCA-CPTは、民間のトレーナー資格の中でもトップクラスに人気のある資格です。数々の調査でも人気No.1の評価を受けており、これから初めてトレーナー関連の資格取得にチャレンジするなら、NSCA-CPTは非常におすすめできる資格になります。

下記の記事ではさらに詳しくNSCA-CPTの資格について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

NSCA-CPTは取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

スポーツプログラマー

スポーツプログラマーは、『公益財団法人 日本スポーツ協会(JSPO)』が発行する公的資格です。JSPOによるスポーツプログラマーの資格役割は「主として青年期以降の全ての人に対し、地域スポーツクラブなどにおいて、フィットネスの維持や向上のための指導・助言を行う」とされています。地域のフィットネスクラブやスポーツジムにおいて、プログラム(メニュー)作成・マシン器具の使い方・トレーニング指導・施設管理などスポーツクラブで必要とされる仕事について学ぶことが可能です。

またスポーツプログラマーは社会貢献度の高い資格です。現在フィットネスクラブやスポーツジムには、フィットネスブームや健康志向の高まりもあり、様々な人が通っています。特に地方のスポーツクラブには、身体に何らかの機能障害を持っている高齢者も多く通っています。また最近では30代〜50代の社会人も『肩こり』や『腰痛』に悩む人が多いです。スポーツプログラマーはこうしたフィットネスクラブに通う『半健常者』にも指導を行い、身体機能の改善に導くことを目的としています。ダイエットや筋力アップだけでなく、スポーツクラブでの運動を通して、人々の健康をサポートする社会貢献度の高い資格でもあります。

ただしスポーツプログラマーは、数あるトレーナー資格の中でも、取得難易度は高めです。スポーツプログラマーはスポーツ庁後援のもと公益財団法人日本スポーツ協会が認定している公的資格の一つで、本資格を取得するためには、決められた講習会を受講後、資格検定試験に合格する必要があります。取得するためにはある程度の勉強量が必要ですが、取得できればスポーツジムやフィットネスクラブで重宝される人材になれるでしょう。

下記の記事ではさらに詳しくスポーツプログラマーの資格について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

スポーツプログラマー は取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

ダイエット検定

ダイエット検定とは、その名の通り「ダイエットの指導に特化した資格」です。『日本健康ダイエット協会』が発行する民間資格になります。同協会によると本資格の目的は「一つのメソッドに固執する事無く”健康的なダイエット”を最終目標としたダイエット指導を目指すインストラクター」とされています。ダイエットと一言に表しても、食事・運動・メンタル・ストレッチなどアプローチ方法は様々です。ダイエット検定の資格では、ダイエットに必要な知識・技術を網羅的に学び、個々の身体や性格に応じたダイエット指導を行うことを目的としています。

ダイエット検定の資格を所有することで、ダイエットに関する正しい知識を身に付けることが可能です。現在はダイエットブームにより、多くの情報が溢れています。「飲むだけで10gk痩せる」や「簡単〇〇ダイエットで20kg痩せ」など、エビデンスが無い怪しいダイエット情報が溢れているのが現状です。ダイエット検定で学ぶ知識・技術は全て、立証されたデータを用いているので、信憑性があり、他者に指導する場合でも説得力を持ってアドバイスすることができます。またダイエット検定は痩せることだけでなく、生理学・栄養学・スポーツ医学に加えてアロマテラピーや東洋医学の知識も含めることで、健康的な体つくりに役立つ知識を網羅的に学ぶことが可能です。

ダイエット検定の資格を取得することで、スポーツジムやフィットネスクラブに通うお客様に正しいダイエット指導を行うことができます。スポーツジムやフィットネスクラブに通う多くのお客様がダイエット目的で通っているので、ダイエット検定の資格を取得しておくことで、お客様からも高い信頼を得ることができるでしょう。

下記の記事ではさらに詳しくダイエット検定の資格について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

ダイエット検定は取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

健康運動指導士

健康運動指導士は、平成19年に『財団法人健康・体力づくり事業財団』よって新たに設立された日本の民間資格です。同団代によると本資格の目的は「個々人の心身の状態に応じた、安全で効果的な運動を実施するための運動プログラムの作成及び指導を行う者」とされています。正しい運動の知識を身に付け、老若男女問わず、人々の健康づくりをサポートするのが健康運動指導士の役目です。

健康運動指導士は、NSCA資格やNATA資格と違い、日本の団体が運営する民間資格です。パーソナルトレーナー資格やアスレティックトレーナー資格のように専門性の高い資格ではありませんが、老若男女問わず運動指導ができるようになることから、日本ではかなり人気の資格になります。現在延べ15,000人以上が本資格を取得しており、様々な場所で活躍しています。フィットネスクラブから福祉施設まで様々な場所で通用する、日本ではトップクラスに人気のある民間資格です。

また健康運動指導士を取得することで、トレーナーとしての基礎的な知識・技術を身に付けることが可能です。実際に無資格のトレーナーが多く本資格を取得しており、トレーナー資格の『登竜門』的な資格でもあります。筋-神経などの難解な問題も少なく、基本的な動作メカニズムや外傷リスクの回避など、基礎的な技術・知識を学ぶことが可能です。健康運動指導士の資格取得を通じてトレーナーとしての基礎力が身に付けば、その後さらに専門性の高い資格やキャリアにチャレンジすることができます

下記の記事ではさらに詳しく健康運動指導士の資格について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

健康運動指導士は稼げない?年収・給料の現実と稼ぐために知るべきこと

日本体育協会公認アスレティックトレーナー

日本体育協会公認アスレティックトレーナー資格は、『JSPO(公益財団法人日本スポーツ協会)』が運営する民間資格です。競技者のスポーツ活動中の外傷・障害予防、コンディショニングやリコンディショニング、安全と健康管理 、医療資格者へ引き継ぐまでの救急対応という4つの役割に関する知識と実践する能力を活用し、 競技者の安全と安心を確保したうえで、パフォーマンスの回復や向上を支援することが目的となります。ボディメイクを中心に指導するスポーツトレーナーと違って、よりメディカル面(コンディショニングや障害予防)での要素が強く、専門性の高い資格だと言えます。

日本体育協会公認アスレティックトレーナー資格は、国内の民間トレーナー資格の中ではトップクラスの人気と信頼性を持つ資格です。パーソナルトレーナー資格や健康指導士の資格を所有しているトレーナーは多いですが、競技者の指導に特化した本資格を所有しているトレーナーは決して多くありません。試験難易度も非常に高く、取得も困難と言われているため、所有していれば、かなりの信頼を得ることができます。

また日本体育協会公認アスレティックトレーナー資格の合格率は10%以下となっており、日本のトレーナー資格の最難関と言われています。そのため綿密な対策と効率的な勉強方法が必須です。取得することは決して簡単ではありませんが、取得に成功すればスポーツジムトレーナーとしてより高いキャリアを目指す手助けとなるでしょう。

下記の記事ではさらに詳しく日本体育協会公認アスレティックトレーナーの資格について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

日本体育協会公認アスレティックトレーナーは取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

スポーツジムトレーナーは需要の高い職業

パーソナルトレーナーは非常に需要の高い職業です。フィットネスブームの影響もあり、スポーツジムトレーナーが活躍できるフィールドは年々拡がっています。大型のフィットネスクラブはもちろん、24時間ジムなどスポーツジムトレーナーを必要としている企業は非常に多いです。今回の記事を参考にぜひスポーツジムトレーナーを目指してください。

執筆者:otago
読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。
まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む