スポーツ栄養学とは?学べる資格や仕事先【パーソナルトレーナー】

「スポーツ栄養学ってなに?」
「スポーツ栄養学はどんな職場で活かせるの?」
「スポーツ栄養学を学ぶことのできる資格を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、スポーツ栄養学に関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

スポーツ栄養学について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、スポーツ栄養学の詳細・学べる資格・活かせる職場を短時間で学べることをお約束します。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

スポーツ栄養学について

スポーツ栄養学は、運動やスポーツにより身体活動量が多い人に対して必要な栄養学的理論・知識・スキルを体系化した学問です。アスリートにとって「何を、いつ、どれだけ、どのように摂取するか」はパフォーマンスにおける重要事項。アスリートのパフォーマンスを維持・向上するためには日々の栄養摂取を管理する必要があります。

スポーツ栄養学は、競技アスリートの栄養を管理し、より高いパフォーマンスを引き出すための学問。スポーツ栄養学を学ぶことで、アスリートのサポートに特化した栄養学の知識を身に付けることが出来ます。

スポーツ栄養は、スポーツに特化した特別なものと理解しがちですが、アスリートやスポーツ愛好家だけのものではありません。職業として身体を使う人、働き盛りのサラリーマン、健康長寿を目指す高齢の方、小さな子どもまで、対象はすべての生活者となります。

近年では栄養学の進化とスポーツ業界の発展もあり、スポーツ栄養学の重要性は一昔前より格段に高まっています。スポーツ栄養学を身に付けた管理栄養士やアスレティックトレーナーもプロスポーツチームや実業団で活躍しています。

スポーツ栄養学を学ぶことのメリット

スポーツ栄養学を学ぶことには様々なメリットがあります。スポーツ栄養学は身体の動きを筋肉の働きから科学的に探求する学問。身に付けるのは容易ではありませんが、スポーツ栄養学の知識を習得できれば管理栄養士やスポーツトレーナーにとって大きな武器となるでしょう。スポーツ栄養学を学ぶことのメリットは主に以下の3つです。

  • 栄養学の基礎が身に付く
  • スポーツやフィットネスに関連する仕事に活かせる
  • 自身や家族の健康管理に役立つ

まずスポーツ栄養学は、栄養学の基礎を学ぶことから勉強がスタートします。そのためスポーツ栄養学を学ぶことで、必然的に栄養学の基礎を学ぶことが可能です。これから初めて栄養学を学ぶ人にも、スポーツ栄養学の学問はおすすめ出来ます。

またスポーツ栄養学を学ぶことの最大のメリットは、プロスポーツチームやスポーツジムで働く際にスポーツ栄養学の知識をそのまま指導に活かせることです。スポーツ選手やボディメイクに励む人にとって栄養は欠かせない要素。スポーツ栄養学を学んでおけば、選手やお客様の指導にそのまま活かすことができるでしょう。

スポーツ栄養学を学ぶ方法

スポーツ栄養学を学ぶための方法には主に以下の3つがあります。

  • 機能解剖学を学べる専門学校や大学に進学する
  • 独学で学ぶ
  • 資格取得を通して学ぶ

現在もしくは将来的にスポーツ栄養学に関わる仕事への就職を目指す人は、専門学校や大学に進学することでスポーツ栄養学を一から学ぶことができます。学校側がスポーツ栄養学を学ぶためのカリキュラムを組んでくれているので、正しい順序で正しいスポーツ栄養学の知識を学ぶことが可能です。スポーツ栄養学を学ぶための資格も就業過程で取得できます。

問題となるのがスポーツ栄養学を学ぶための専門学校や大学に通っていない人です。これらの人は「完全独学でスポーツ栄養学を学ぶ」のか、それとも「資格取得を通してスポーツ栄養学を学ぶ」という2つの選択肢があります。完全独学で一からテキストを買って学ぶことも不可能ではありませんが、スポーツ栄養学は非常に専門性が高く、完全独学のみで指導に活かせるスキルや知識を得ることは難しいでしょう。

そこで、アスレティックトレーナーやスポーツトレーナーなどを目指す人は、資格取得を通してスポーツ栄養学を学ぶことをおすすめします。資格取得を通してスポーツ栄養学を学べば、正しい順序で正しいスポーツ栄養学の知識を学べるからです。またスポーツ栄養学に関連のある資格を取得していることで、お客様や選手から高い信頼を得ることもできます。可能な限り、完全独学よりも資格取得を通してスポーツ栄養学を学ぶことをおすすめします。

スポーツ栄養学が学べる資格

スポーツ栄養学を学ぶための方法は様々です。既にスポーツ栄養学を学べる大学に通っている人は、授業を通してスポーツ栄養学を学ぶことができるでしょう。しかし学校に通っていない人にとって独学のみで豊富な知見を必要とするスポーツ栄養学を理解することは非常に困難です。そこで資格を通して、スポーツ栄養学を学ぶことをおすすめします。今回紹介するスポーツ栄養学を学べる資格は以下の3つです。

  • 公認スポーツ栄養士
  • アスリート栄養食インストラクター
  • スポーツフードスペシャリスト

順に深堀して解説していきます。

公認スポーツ栄養士

公認スポーツ栄養士は、2020年に国庫事業として公式に認められた資格です。食事を通してアスリートや学生スポーツ選手をサポートする役割を担っており、スポーツジム・フィットネスクラブ・プロスポーツチーム・学校など、様々な企業や機関で公認スポーツ栄養士が活躍しています。

公認スポーツ栄養士は非常に専門性が高い仕事です。そもそも公認スポーツ栄養士になるためには、国家資格である『管理栄養士』の資格を取得する必要があります。管理栄養士は国家資格であるため、取得までのプロセスや勉強時間も非常に長いことが特徴です。

公認スポーツ栄養士は、管理栄養士の資格から更にスポーツ分野の栄養に特化した職業。専門性が管理栄養士より更に高まっています。スポーツ選手はもちろん、学生アスリートの栄養サポートに特化した人材になれるでしょう。スポーツ栄養学を学ぶなら第一に取得しておきたい資格です。

下記の記事ではさらに詳しく公認スポーツ栄養士について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

公認スポーツ栄養士は稼げない?年収・給料の現実と稼ぐために知るべきこと

アスリート栄養食インストラクター

アスリート栄養食インストラクターは『日本インストラクター技術協会』が運営する民間の栄養学資格です。アスリート栄養食インストラクターを目指すならば、まず本資格の取得が前提となります。実際に現在活動しているほとんどのアスリート栄養食インストラクターが、本資格の取得後に他資格取得に挑んでいるようです。

アスリート栄養食インストラクターの資格目的は、スポーツ選手に必要な栄養素、競技特性に合わせた食事の考え方、持久力アップのための栄養と食事、球技系スポーツのための栄養と食事、疲労回復のための栄養と食事、風邪予防のための栄養と食事、夏バテ予防のための栄養と食事、トレーニング期の食事、メンテナンス期の食事、試合前日の食事と準備、試合当日の食事、試合後の食事などスケジュール別の食事法、減量・増量のコツ、弁当を用意する際のポイント、サプリメントの使い方などを身につけたアスリートに特化した栄養のスペシャリストを目指します。

また本資格は受験資格が特になく、勉強から受験まで一貫して自宅でできることも大きな魅力です。そのため仕事で忙しい社会人や主婦も多く本資格を取得しています。隙間時間を有効に活用すれば忙しい社会人でも取得は十分に可能でしょう。

下記の記事ではさらに詳しくアスリート栄養食インストラクターについて解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

アスリート栄養食インストラクターになるには?役立つ資格/種類・仕事内容と向いてる人

スポーツフードスペシャリスト

スポーツフードスペシャリストは、『一般社団法人 日本能力教育促進協会 』が運営する民間資格です。、部活動に励む子供やアスリートの個人の身体に合わせた、食生活と栄養に関する豊富な知識と実践方法・生体理論の正しい知識を身につけ、競技に活躍できる身体を作る「食事」の指導ができるスペシャリストを目指します。

本資格ではスポーツ選手を支える源である食生活と栄養の基礎知識だけでなく、スポーツの種目や競技のレベル・性別・世代別の食事の取り方を始め、目的・コンディションに合わせたスポーツフードレシピなども学習でき、正しいスポーツフードが実践できる専門家としての知識を修得できます。

また本資格の合格率はほぼ100%と言われており、数ある民間資格の中でも難易度はかなり低めです。試験も自宅で受講可能なので、日中は忙しいサラリーマンや主婦でも十分に取得可能でしょう。「スポーツ栄養学を学びたいけど、資格難易度が低いものからスタートしたい」という人におすすめです。

下記の記事ではさらに詳しくスポーツフードスペシャリストについて解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

スポーツフードスペシャリストになるには?役立つ資格/種類・仕事内容と向いてる人

 

スポーツ栄養学を活かせる仕事先

スポーツ栄養学を活かせる仕事先を紹介します。スポーツ栄養学を活かせる仕事先は以下の3つです。

  • アスレティックトレーナー
  • スポーツ栄養プランナー
  • パーソナルトレーナー

順に深堀して解説していきます。

アスレティックトレーナー

アスレティックトレーナーは、競技者のスポーツ活動中の外傷・障害予防、コンディショニング、安全と健康管理 、医療資格者へ引き継ぐまでの救急対応という4つの役割に関する知識と実践する能力を活用し、 競技者の安全と安心を確保したうえで、パフォーマンスの回復や向上を支援することが目的の仕事です。

アスレティックトレーナーの仕事は、競技者の運動指導だけでなく、リハビリテーションや応急処置など非常に幅広く行います様々な知識と技能が必要な仕事で、アスレティックトレーナーはスポーツジムトレーナーやフィットネストレーナーに比べると、広義の知識とスキルが求められることが特徴です。

アスレティックトレーナーにとってスポーツ栄養学の知識は欠かせないものになります。非常に広義の広い役割を果たすアスレティックトレーナーですが、中でもアスリートの栄養管理は重要な仕事の一つです。スポーツ栄養学の知見を深めておくことで、アスレティックトレーナーとしても高いレベルで活躍できるでしょう。

下記の記事ではさらに詳しくアスレティックトレーナーについて解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

アスレティックトレーナーになるには?役立つ資格/種類・仕事内容と向いてる人

スポーツ栄養プランナー

スポーツ栄養プランナーとは、スポーツをするすべての人の食生活についてのアドバイスや、毎日の献立作りを行う職業(資格)です。プロアスリートのみならず、学生アスリートから社会人アスリートまで幅広い人たちのパフォーマンスを『栄養』という観点からサポートしていきます

スポーツ栄養プランナーは、管理栄養士や栄養士と違ってスポーツ選手の栄養サポートに特化した職業です。「どのような食事がコンディショニング維持に役立つのか」「パフォーマンスを今より高めるための食事方法はどのようなものなのか」を考えながら、献立を作成していきます。

またスポーツ栄養プランナーは特別な資格を必要としないため、基本的に誰でもなることが可能です。『鍼灸師』や『柔道整復師』のような医療に直接的関与がある職業ではないため、スポーツ栄養プランナーは国家資格の取得を必要とされていません。スポーツ栄養学を学ぶと同時に前述した『公認スポーツ栄養士』などの資格を取得しておくことで、スポーツ栄養プランナーとして活動できるチャンスが広がります。

下記の記事ではさらに詳しくスポーツ栄養プランナーについて解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

スポーツ栄養プランナーになるには?役立つ資格/種類・仕事内容と向いてる人

パーソナルトレーナー

パーソナルトレーナーとは、パーソナルジムやフィットネスクラブでマンツーマンのトレーニング指導を行うトレーナーのことです。一般的なフィットネスクラブやスポーツジムのトレーナーとは違い、お客様と一対一のマンツーマンセッションを行うのがパーソナルトレーナーの特徴になります。

近年では、フィットネスブームによる健康意識の高まりとコロナ禍の煽りを受け、パーソナルトレーナーの需要が増している時代です。パーソナルジムの数も年々増え続けており、都心部では同エリアに数十店舗のパーソナルジムが立ち並ぶ地域もあります。パーソナルトレーナーの需要も増えていることもあり、パーソナルトレーナーを目指す人も一昔前より急増しているのが現状です。

また最近ではフリーランスのパーソナルトレーナーとして活動する人も増えてきました。フリーランスのパーソナルトレーナーとはその名の通り「パーソナルジムやフィットネスクラブに雇用されず活動するパーソナルトレーナー」です。企業に雇用されているわけではないので安定した給与を得ることはできませんが、フリーランスとして活躍することができれば年収1,000万円以上も夢ではないでしょう。

パーソナルトレーナーはお客様に理想のボディメイクを提供するのが仕事です。スポーツ栄養学で学んだ知識は、お客様のボディメイクを指導するうえで大きな助けとなります。スポーツ栄養学の知識をパーソナルトレーナーの仕事に活かすことも十分に可能です。

下記の記事ではさらに詳しくスポーツ栄養プランナーについて解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

パーソナルトレーナーになるには?役立つ資格/種類・仕事内容と向いてる人

執筆者:otago
年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード