機能解剖学とは?学べる資格や仕事先【パーソナルトレーナー】

「機能解剖学ってなに?」
「機能解剖学はどんな職場で活かせるの?」
「機能解剖学を学ぶことのできる資格を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、機能解剖学に関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

機能解剖学について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、機能解剖学の詳細・学べる資格・活かせる職場を短時間で学べることをお約束します。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

機能解剖学について

機能解剖学とは、身体の動きを筋肉の働きから科学的に探究する学問です。スポーツ系の大学や専門学校では、最初に学ぶのが機能解剖学という学問になります。医師・理学療法士・スポーツトレーナーなど、体に触る、治す、整える分野の仕事に機能解剖学は非常に大切な知識です。

人体を形成する骨格と筋は、人間の意思を反映した運動を可能にします。人体の構造と機能は、医療やスポーツ科学を学習する者にとって必須の知識です。人体にある骨や筋の種類や働き、また関節の仕組みや働きについて理解することで、治療や運動指導に活かすことができるでしょう。また、筋肉がどのような順番で力を発揮しているのか、どのような角度の時最も力が発揮できるのかといった身体を動かすしくみや力発揮について学ぶのも機能解剖学の特徴です。

機能解剖学を学ぶうえでは、人体の構造と仕組みを理解することから始まります。人体は非常に複雑な構造に作られており、構造を理解するだけでも大変な時間を要するでしょう。機能解剖学は医師や理学療法士・スポーツトレーナーなどにとって欠かせない学問ですが、マスターするのは大変な労力を要します。

機能解剖学を学ぶことのメリット

機能解剖学を学ぶことには様々なメリットがあります。機能解剖学は身体の動きを筋肉の働きから科学的に探求する学問。身に付けるのは容易ではありませんが、機能解剖学の知識を習得できれば理学療法士やスポーツトレーナーにとって大きな武器となるでしょう。機能解剖学を学ぶことのメリットは主に以下の3つです。

  • 現場での治療や指導に活かせる
  • スポーツやフィットネスに関連する仕事に活かせる
  • 自身のボディメイクに反映できる

機能解剖学は、医師・理学療法士・スポーツトレーナー・フィットネストレーナーなど体に触る、治す、整える分野の仕事に役立つ学問です。これらの分野で働く人は機能解剖学の知識をそのまま現場での治療や指導に活かすことができるでしょう。

特に近年ではフィットネス業界で働くスポーツジムトレーナーやパーソナルトレーナーが積極的に機能解剖学の知識を身に付けるようになりました。一昔前までの科学的な根拠のない指導ではなく、機能解剖学に基づいた適切なボディメイクを実践することが現代のフィットネス業界で働くトレーナーには求められているからです。トレーナーとして働く人が機能解剖学を身に付けることで、より適切で効果のある指導をすることができるでしょう。

機能解剖学を学ぶ方法

機能解剖学を学ぶための方法には主に以下の3つがあります。

  • 機能解剖学を学べる専門学校や大学に進学する
  • 独学で学ぶ
  • 資格取得を通して学ぶ

現在もしくは将来的に機能解剖学を目指す人は、専門学校や短大に進学することで機能解剖学を一から学ぶことができます。学校側が機能解剖学を学ぶためのカリキュラムを組んでくれているので、正しい順序で正しい機能解剖学の知識を学ぶことが可能です。機能解剖学を学ぶための資格も就業過程で取得できます。

問題となるのが機能解剖学を学ぶための専門学校や短大に通っていない人です。これらの人は「完全独学で機能解剖学を学ぶ」のか、それとも「資格取得を通して機能解剖学を学ぶ」という2つの選択肢があります。完全独学で一からテキストを買って学ぶことも不可能ではありませんが、機能解剖学は非常に専門性が高く、完全独学のみで指導に活かせるスキルや知識を得ることは難しいでしょう。

そこで、メディカルトレーナーやコンディショニングトレーナーなどを目指す人は、資格取得を通して機能解剖学を学ぶことをおすすめします。資格取得を通して機能解剖学を学べば、正しい順序で正しい機能解剖学の知識を学べるからです。また機能解剖学に関連のある資格を取得していることで、お客様や選手から高い信頼を得ることもできます。可能な限り、完全独学よりも資格取得を通して機能解剖学を学ぶことをおすすめします。

機能解剖学が学べる資格

機能解剖学を学ぶための方法は様々です。既に機能解剖学を学べる大学に通っている人は、授業を通して機能解剖学を学ぶことができるでしょう。しかし学校に通っていない人にとって独学のみで豊富な知見を必要とする機能解剖学を理解することは非常に困難です。そこで資格を通して、機能解剖学を学ぶことをおすすめします。今回紹介する機能解剖学を学べる資格は以下の3つです。

  • NSCA-CPT
  • NESTA-PFT
  • 理学療法士

順に深堀して解説していきます。

NSCA-CPT

NSCA-CPTはアスレティックトレーナーを目指す人は積極的に取得すべき資格です。NSCAとは「National Strength and Conditioning Association」の略で、トレーニングやパフォーマンスアップの分野での研究を実用化させ、「科学者とスポーツ現場指導者との橋渡し」することを使命としています。NACA-CPTは、科学的な知識を基に、男女問わず様々な年齢層の人に対して生きていく上でなくてはならない運動や健康に関する知識を提供するといった、トレーニングやフィットネスに関する専門的知識や技術を持っている人であると認定する資格です。

NSCA-CPTでは、身体を動かすために必要な体力のサポートと、人間になくてはならない健康に関する知識をお客様に伝え、トレーニングやフィットネスに関する専門的なスキルや知識を持っている人を認定する資格です。アスレティックトレーナーの専門資格ではありませんが、ぜひ取得しておきたいトレーナー資格になります。

またNSCA-CPTは、民間のトレーナー資格の中でもトップクラスに人気のある資格です。数々の調査でも人気No.1の評価を受けています。もちろん指導に活かせる機能解剖学の知識を学ぶことも可能です。ぜひトレーナーを目指す人は取得にチャレンジしてみてください。

下記の記事ではさらに詳しくNSCA-CPTの資格について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

NSCA-CPTは取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

NESTA-PFT

NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)は1992年から現在までで約6万5千人のメンバーと、約7万人のパーソナルトレーナーを全米で育成しています。現在、世界80ヵ国で本資格を持ったインストラクター、トレーナーが活躍しています。 NESTAは人材育成のプロであり、そのNESTAが認定する本資格は、フィットネス・ウエルネス業界で国際的に認知され、そのクオリティは大手のフィットネスクラブからも高い信頼を得ています。

本資格は、フィットネス・ウエルネス業界では知らない人がいないほど、知名度の高い資格で、トレーナー活動において必須の資格になりつつあります。 パーソナルトレーナーは自身の経験をお客様に落とし込むのではなく、科学的根拠に基づいてプログラムを作成する力が必要になります。運動生理学、機能解剖学、生体力学、栄養学、解剖学等が主に必要な知識になります。研究データや科学論文などから様々な新しい根拠を取りいれることも重要になります。 これらの考え方や使い方、知識を学び、身につけることができる資格です。

トレーナーとして活躍するためには、機能解剖学以外の知識を学ぶことが大切になります。NESTA-PFTでは、機能解剖学の知識はもちろん、トレーナーに欠かせない運動生理学や生体力学などを学ぶことも可能です。ぜひ取得を目指してみてください。

下記の記事ではさらに詳しくNESTA-PFTの資格について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

NESTA-PFTは取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

理学療法士

理学療法士は、日本の医療系の国家資格です。1965年に、『理学療法士および作業療法士法』が施行されたのをきっかけに、翌年1966年に第1回理学療法士国家試験が実施されました。理学療法士は『「Physical Therapist」を略してPTとも呼ばれます。

理学療法士は、けがや病気などで身体に障がいを持つ人に対してリハビリテーションをおこなう医療専門職。理学療法士は医師の指示のもと、運動の指導やマッサージ、電気刺激、温熱などを用いて、座る・立つ・歩くといった日常の基本的動作能力の回復を目的とし、その人が自立した日常生活を送れるようサポートするのが目的です。また対象となるのはすでに身体機能の障がいを抱えた人以外にも、けがや病気の予防、スポーツのトレーニングなどを目的とした健康な人も含まれることから、最近ではフィットネスクラブやスポーツジムでも理学療法士が活躍しています。

国家資格である理学療法士資格を受験することで、機能解剖学に関する知見を得ることも可能です。実際にメディカルトレーナーなど機能解剖学に携わる人の多くが理学療法士の国家資格を所有しています。

下記の記事ではさらに詳しく理学療法士の資格を解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

理学療法士は取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

機能解剖学を活かせる仕事先

機能解剖学を活かせる仕事先を紹介します。機能解剖学を活かせる仕事先は以下の3つです。

  • 理学療法士スポーツトレーナー
  • コンディショニングトレーナー
  • メディカルトレーナー

順に深堀して解説していきます。

理学療法士スポーツトレーナー

理学療法士スポーツトレーナーとは、その名の通り「理学療法士の国家資格を所有しているスポーツトレーナー」のことです。スポーツトレーナーとは、スポーツ選手が各競技で最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、運動能力や身体機能を向上させたり、肉体面・精神面のコンディションを整えたりする仕事。理学療法士スポーツトレーナーとは、理学療法士としてのスキルをスポーツトレーナーの仕事に活かして活動する人を指します。

理学療法士スポーツトレーナーの仕事は様々で、アスリートの運動・コンディショニング指導から、一般の人への健康指導まで多岐に渡ります。理学療法士は国家資格であり、けがや病気などで身体に障がいを持つ人に対してリハビリテーションをおこなう医療専門職です。理学療法士は医師の指示のもと、運動の指導やマッサージ、電気刺激、温熱などを用いて、座る・立つ・歩くといった日常の基本的動作能力の回復を目的とし、その人が自立した日常生活を送れるようサポートするのが目的です。

理学療法士の知見を持ったスポーツトレーナーは、様々な場所や企業で重宝される人材でもあります。特に近年では病院や治療院などの医療系施設でもスポーツ選手が治療やリハビリのために訪れる機会の多い病院や、プロチームに帯同するドクターが開業しているクリニックなどもあります。こうした医療系のフィールドで活躍する理学療法士スポーツトレーナーも多いです。

理学療法士スポーツトレーナーにとって機能解剖学の知識は必須になります。機能解剖学をしっかり学ぶことで、より理学療法士スポーツトレーナーとして高いパフォーマンスを発揮できるようになるはずです。

下記の記事ではさらに詳しく理学療法士スポーツトレーナーの仕事内容を解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

理学療法士スポーツ トレーナーになるには?役立つ資格/種類・仕事内容と向いてる人

コンディショニングトレーナー

コンディショニングトレーナーとは、スポーツ選手の体調管理ケガの予防、一般の人に対しては、日常の体調管理を指導・調整する職業の事です。実際に行うことは、硬くなった関節や筋肉の動かせる範囲を制限している部分を柔軟運動や指圧で柔らかくし、反対に上手く使用されていない筋肉は、鍛えることで本来の機能を取り戻すなどのアドバイスを行います。

トレーナーという職業には様々な分類があり、スポーツジムやフィットネスクラブで指導を行う『ジムトレーナー』やスポーツ選手のパフォーマンス指導を行う『スポーツトレーナー』は昔から知名度の高い部類です。コンディショニングトレーナーもトレーナーの職業に分類されており、スポーツ選手や一般の人の体調管理や怪我の予防を行う「コンディショニング指導のスペシャリスト」として認知されています。

コンディショニングトレーナーは一般的にスポーツジムやフィットネスクラブ、プロスポーツチームや教育機関の部活動でコーチングを行うのが仕事です。どのような団体に属するかによってコンディショニングトレーナーの仕事内容や指導対象も異なります。例えばスポーツジムなら一般のお客様の体調管理を。プロスポーツチームならアスリートの怪我予防や試合後のフィジカルケアも併せて指導する場合も多いです。

コンディショニングトレーナーは機能解剖学の知見を用いてコンディショニング指導を行います。機能解剖学を学ぶことで、コンディショニングトレーナーを目指すことが出来ます。

コンディショニングトレーナーになるには?役立つ資格/種類・仕事内容と向いてる人

メディカルトレーナー

メディカルトレーナーとは、スポーツトレーナーの一種で、「身体の不調やトラブルがある人に、医学的知識やスキルを生かしてサポートする職業」です。別名『リハビリトレーナー』とも言われており、アスリートはもちろん、一般の人に対しても施術を行います。

一昔前まではプロアスリートや学生スポーツ選手を施術対象としているメディカルトレーナーが多かったですが、近年では様々な機能的障害を抱えた一般の半健常者を対象とするメディカルトレーナーも増えてきている状態です。どのような人を施術対象とするかを自由に選べることから、以前よりもメディカルトレーナーの仕事幅は増えてきています。

またメディカルトレーナーは医師の治療を終えた人達をリハビリを通してサポートする立場にあり、責任も大きい職業です。専門的な知識と豊富な経験が必要となるため、誰でもなれる職業ではありません。医学的な知識はもちろん、豊富な経験に基づく施術スキルも必要です。機能解剖学の知識を学んでおくことで、メディカルトレーナーの仕事に活かすことができるでしょう。

執筆者:otago
年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード