スポーツ科学とは?学べる資格や仕事先【パーソナルトレーナー】

「スポーツ科学ってなに?」
「スポーツ科学はどんな職場で活かせるの?」
「スポーツ科学を学ぶことのできる資格を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、スポーツ科学に関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

スポーツ科学について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、スポーツ科学の詳細・学べる資格・活かせる職場を短時間で学べることをお約束します。

ぜひ皆さんのスポーツキャリア・フィットネスキャリアの役に立てれば幸いです。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

スポーツ科学について

スポーツ科学とは、スポーツに関する心理学をはじめ、栄養学・生理学・社会学やマネジメントスキルなど多角的な知識を用いて、スポーツを研究する学問です。スポーツを科学的に研究することの目的は「身体がどうなっているのか」「なぜそうなるのか」を明確にする事にあります。トレーニング効果を向上させたり、ケガのリスクを減らしたりと、アスリートのパフォーマンス向上のための科学的なサポートを実現することが可能です。

スポーツ科学で学ぶ内容としては、スポーツ哲学・スポーツ社会学・スポーツ心理学・スポーツ生理学などの『基礎的スポーツ科学』をはじめ、体力学やスポーツ医学・スポーツ経営学などの『実践的基礎スポーツ科学』やトレーニング学やコーチング論などの『実践的スポーツ科学』などのように体系化されています。

スポーツ科学でスポーツに関する総合的な知識を得る事で、プロアスリートやトレーニングを必要としている人へのサポート力はもちろん、大会開催やイベントなど「お客様に満足してもらえる企画運営」をおこなえるマネジメントスキルまで、身につける事が可能です。

スポーツ科学を学ぶことのメリット

スポーツ科学を学ぶことには様々なメリットがあります。スポーツ科学は心理学・栄養学・生理学・社会学やマネジメントスキルなど多角的な知識を用いて、スポーツを研究する学問。身に付けるのは容易ではありませんが、スポーツ科学の知識を習得できればアスレティックトレーナーやフィットネストレーナーにとって大きな武器となるでしょう。スポーツ科学を学ぶことのメリットは主に以下の3つです。

  • スポーツに対する専門性が身に付く
  • スポーツやフィットネスに関連する仕事に活かせる
  • 自身のボディメイクやスポーツパフォーマンスに役立つ

スポーツ科学は、スポーツに関連するあらゆる分野を体系的に学ぶための学問です。スポーツに関する知識を網羅的に学ぶことができるので、スポーツに対する高い専門性が身に付くでしょう。同時に、スポーツに対する高い専門性が身に付けば、スポーツやフィットネスに関連する仕事に活かすことも可能です。これからスポーツやフィットネス関連の職業に従事したい人は、積極的にスポーツ科学を学ぶべきでしょう。

またスポーツ科学は、自分自身のボディメイクやスポーツパフォーマンスに役立てることも出来ます。ボディメイクやスポーツパフォーマンスを向上させるためには、スポーツ科学の知識が欠かせません。スポーツ科学を学ぶことで、今までよりも効率的にボディメイクやスポーツパフォーマンスの向上に繋げることが出来ます。

スポーツ科学を学ぶ方法

スポーツ科学を学ぶための方法には主に以下の3つがあります。

  • スポーツ科学を学べる専門学校や大学に進学する
  • 独学で学ぶ
  • 資格取得を通して学ぶ

現在もしくは将来的にスポーツ科学に関わる仕事への就職を目指す人は、専門学校や大学に進学することでスポーツ科学を一から学ぶことができます。学校側がスポーツ科学を学ぶためのカリキュラムを組んでくれているので、正しい順序で正しいスポーツ科学の知識を学ぶことが可能です。スポーツ科学を学ぶための資格も就業過程で取得できます。

問題となるのがスポーツ科学を学ぶための専門学校や大学に通っていない人です。これらの人は「完全独学でスポーツ科学を学ぶ」のか、それとも「資格取得を通してスポーツ科学を学ぶ」という2つの選択肢があります。完全独学で一からテキストを買って学ぶことも不可能ではありませんが、スポーツ科学は非常に専門性が高く、完全独学のみで指導に活かせるスキルや知識を得ることは難しいでしょう。

そこで、アスレティックトレーナーやスポーツトレーナーなどを目指す人は、資格取得を通してスポーツ科学を学ぶことをおすすめします。資格取得を通してスポーツ科学を学べば、正しい順序で正しいスポーツ科学の知識を学べるからです。またスポーツ科学に関連のある資格を取得していることで、お客様や選手から高い信頼を得ることもできます。可能な限り、完全独学よりも資格取得を通してスポーツ科学を学ぶことをおすすめします。

スポーツ科学が学べる資格

スポーツ科学を学ぶための方法は様々です。既にスポーツ科学を学べる専門学校や大学に通っている人は、授業を通してスポーツ科学を学ぶことができるでしょう。しかし学校に通っていない人にとって独学のみで豊富な知見を必要とするスポーツ科学を理解することは非常に困難です。そこで資格を通して、スポーツ科学を学ぶことをおすすめします。今回紹介するスポーツ科学を学べる資格は以下の3つです。

  • NSCA-CPT
  • 公認障がい者スポーツ指導者
  • 日本体育協会公認アスレティックトレーナー

順に深堀して解説していきます。

NSCA-CPT

NSCA-CPTはスポーツジムトレーナーを含むフィットネス業界でトレーナーとして活躍したい人は取得すべき資格です。NSCAとは「National Strength and Conditioning Association」の略で、トレーニングやパフォーマンスアップの分野での研究を実用化させ、「科学者とスポーツ現場指導者との橋渡し」することを使命としています。NACA-CPTは、科学的な知識を基に、男女問わず様々な年齢層の人に対して生きていく上でなくてはならない運動や健康に関する知識を提供するといった、トレーニングやフィットネスに関する専門的知識や技術を持っている人であると認定する資格です。

NSCA-CPTでは、身体を動かすために必要な体力のサポートと、人間になくてはならない健康に関する知識をお客様に伝え、トレーニングやフィットネスに関する専門的なスキルや知識を持っている人を認定する資格です。スポーツジムトレーナーになるために資格は必須ではありませんが、取得することで確実にキャリアアップにつながるでしょう。

NSCA-CPTは、スポーツ科学の知見を元にトレーナーとして必要な知識を網羅的に学んでいく資格です。トレーナーとして必要な知識・技能を学ぶことができるため、今後スポーツ科学の知識を活かしてトレーナー活動をしたい人におすすめの資格です。

下記の記事ではさらに詳しくNSCA-CPTの資格について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

NSCA-CPTは取得すべき?資格情報と合格難易度・費用と独学情報まで解説!

公認障がい者スポーツ指導

公認障がい者スポーツ指導者は、『公益財団法人日本障がい者スポーツ協会』が運営する資格です。公認障がい者スポーツ指導者とは、障がいを持つ人が安心してスポーツを楽しめる環境作りやサポートをおこなう指導員の事を指しています

公認障がい者スポーツ指導の資格所有者は、障がい者スポーツの振興を支え発展させる事を目的としており、地域のスポーツ大会に参加したり、トップレベルのアスリートを目指す人を支えたりと、活躍の場はさまざまです。公認障がい者スポーツ指導者には、障がい者一人ひとりの背景をしっかりと意識した指導が求められます。スポーツ科学を学び、スポーツに関する総合的な知識を高められれば、資格取得にもつながるでしょう

大学や専門学校などによっては、公認障がい者スポーツ指導者の資格取得認定校に指定されているところもあり、カリキュラムを履修する事で『初級スポーツ指導員』または『中級スポーツ指導員』の資格を取得できます。将来的に障がい者スポーツに携わる仕事がしたい人におすすめです。

日本体育協会公認アスレティックトレーナー

日本体育協会公認アスレティックトレーナー資格は、『JSPO(公益財団法人日本スポーツ協会)』が運営する民間資格です。競技者のスポーツ活動中の外傷・障害予防、コンディショニングやリコンディショニング、安全と健康管理 、医療資格者へ引き継ぐまでの救急対応という4つの役割に関する知識と実践する能力を活用し、 競技者の安全と安心を確保したうえで、パフォーマンスの回復や向上を支援することが目的となります。ボディメイクを中心に指導するスポーツトレーナーと違って、よりメディカル面(コンディショニングや障害予防)での要素が強く、専門性の高い資格だと言えます。

日本体育協会公認アスレティックトレーナー資格は、国内の民間トレーナー資格の中ではトップクラスの人気と信頼性を持つ資格です。パーソナルトレーナー資格や健康指導士の資格を所有しているトレーナーは多いですが、競技者の指導に特化した本資格を所有しているトレーナーは決して多くありません。試験難易度も非常に高く、取得も困難と言われているため、所有していれば、かなりの信頼を得ることができます。

アスレティックトレーナーにとってスポーツ科学の知見は必須です。日本体育協会公認アスレティックトレーナー資格では、スポーツ科学に対する知識と実践的なスキルを同時に身に付けることが出来ます。今後アスレティックトレーナーを目指す人はもちろん、フィットネスクラブやスポーツジムで働くフィットネストレーナーにもおすすめの資格です。

スポーツ科学を活かせる仕事先

スポーツ栄養学を活かせる仕事先を紹介します。スポーツ栄養学を活かせる仕事先は以下の3つです。

  • アスレティックトレーナー
  • パーソナルトレーナー
  • 理学療法士スポーツトレーナー

順に深堀して解説していきます。

アスレティックトレーナー

アスレティックトレーナーは、競技者のスポーツ活動中の外傷・障害予防、コンディショニング、安全と健康管理 、医療資格者へ引き継ぐまでの救急対応という4つの役割に関する知識と実践する能力を活用し、 競技者の安全と安心を確保したうえで、パフォーマンスの回復や向上を支援することが目的の仕事です。

アスレティックトレーナーの仕事は、競技者の運動指導だけでなく、リハビリテーションや応急処置など非常に幅広く行います様々な知識と技能が必要な仕事で、アスレティックトレーナーはスポーツジムトレーナーやフィットネストレーナーに比べると、広義の知識とスキルが求められることが特徴です。

アスレティックトレーナーにとってスポーツ科学の知識は欠かせないものになります。非常に広義の役割を果たすアスレティックトレーナーはスポーツ科学の知識を徹底的に身に付けることが大切です。スポーツ科学の知見を深めておくことで、アスレティックトレーナーとしてもよりレベルの高い指導ができるでしょう。

下記の記事ではさらに詳しくアスレティックトレーナーについて解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

アスレティックトレーナーになるには?役立つ資格/種類・仕事内容と向いてる人

パーソナルトレーナー

パーソナルトレーナーとは、パーソナルジムやフィットネスクラブでマンツーマンのトレーニング指導を行うトレーナーのことです。一般的なフィットネスクラブやスポーツジムのトレーナーとは違い、お客様と一対一のマンツーマンセッションを行うのがパーソナルトレーナーの特徴になります。

近年では、フィットネスブームによる健康意識の高まりとコロナ禍の煽りを受け、パーソナルトレーナーの需要が増している時代です。パーソナルジムの数も年々増え続けており、都心部では同エリアに数十店舗のパーソナルジムが立ち並ぶ地域もあります。パーソナルトレーナーの需要も増えていることもあり、パーソナルトレーナーを目指す人も一昔前より急増しているのが現状です。

また最近ではフリーランスのパーソナルトレーナーとして活動する人も増えてきました。フリーランスのパーソナルトレーナーとはその名の通り「パーソナルジムやフィットネスクラブに雇用されず活動するパーソナルトレーナー」です。企業に雇用されているわけではないので安定した給与を得ることはできませんが、フリーランスとして活躍することができれば年収1,000万円以上も夢ではないでしょう。

スポーツ科学の知識を有しておくことで、お客様の指導にそのまま活かすことが可能です。スポーツ科学は人体の構造と仕組みを理解し、より効率の良い動きをすることが基本になります。パーソナルトレーナーがスポーツ科学の知識を身に付けることで、より質の高い指導を行うことができるでしょう。

下記の記事ではさらに詳しくパーソナルトレーナーについて解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

パーソナルトレーナーになるには?役立つ資格/種類・仕事内容と向いてる人

理学療法士スポーツトレーナー

理学療法士スポーツトレーナーとは、その名の通り「理学療法士の国家資格を所有しているスポーツトレーナー」のことです。スポーツトレーナーとは、スポーツ選手が各競技で最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、運動能力や身体機能を向上させたり、肉体面・精神面のコンディションを整えたりする仕事。理学療法士スポーツトレーナーとは、理学療法士としてのスキルをスポーツトレーナーの仕事に活かして活動する人を指します。

理学療法士スポーツトレーナーの仕事は様々で、アスリートの運動・コンディショニング指導から、一般の人への健康指導まで多岐に渡ります。理学療法士は国家資格であり、けがや病気などで身体に障がいを持つ人に対してリハビリテーションをおこなう医療専門職です。理学療法士は医師の指示のもと、運動の指導やマッサージ、電気刺激、温熱などを用いて、座る・立つ・歩くといった日常の基本的動作能力の回復を目的とし、その人が自立した日常生活を送れるようサポートするのが目的です。

理学療法士スポーツトレーナーにとってもスポーツ科学の知識は必須になります。理学療法士スポーツトレーナーがスポーツ科学の知見を持つことで、選手のパフォーマンス向上や怪我の予防を適切に指導することが可能です。

下記の記事ではさらに詳しく理学療法士スポーツトレーナーについて解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

理学療法士スポーツ トレーナーになるには?役立つ資格/種類・仕事内容と向いてる人

執筆者:otago
年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード